Honeywrapで美しい地球のためにもっと貢献しよう

再利用可能なミツロウラップを使うたびに、変化をもたらすことができることをご存知でしたか?

プラスチックのラップを使う代わりに、Honeywrapの美しいオーガニック蜜蝋のラップでサンドイッチを包んでみてはいかがでしょうか。また、食べ残したものを、使い捨てのプラスチックラップではなく、美しく印刷された蜜蝋のラップで封をすることもできます。

Honeywrapに変えるだけで、環境に大きな変化をもたらすことができます。それでは、この素晴らしいHoneywrapの詳細と、なぜあなたがHoneywrapをチェックすべきなのかをご紹介しましょう。

今回は、Honeywrap社のCEOであるWendy Oliver(ウェンディ・オリバー)氏にインタビューする機会を得ました。

Honeywrapはさらに一歩進んで、サステイナブルな製品を提供することは正しいことであり、より多くのブランドが彼らの足跡をたどるべきであることを、より多くの企業に示したいと考えています。

Honeywrapが地球のために行っていることについて、詳しくご紹介します。

Honeywrap – オーガニックミツロウラップ

Honeywrapのミツロウラップセット
Honeywrap(ハニーラップ)は、オーガニックコットン、蜜蝋、木の樹脂、ホホバオイルで作られた、環境にやさしい再利用可能なラップです。このミツロウラップの何がそんなに特別なのかと思われるでしょうが、もちろん品質は素晴らしいものです。

ミツロウラップは、蜜蝋と通気性のあるオーガニックコットンの生地により、食品の鮮度をより長く保つことが可能。

Honeywrapのミツロウラップはすべて、オーガニック認証を受けたコットン生地と、天然の有機無害な染料のみを使用して、ニュージーランドで手作りされています。

また、すべてのデザインやパターンは、地元ニュージーランドのアーティストとのコラボレーションによるものです。

Honeywrapのミツロウラップは、果物や野菜、サンドイッチなどの食品やスナックを保存する際に、プラスチックのラップやプラスチックのジップロックバッグに取って代わることができます。

単品での使用はもちろん、ボウルやプレートと組み合わせて使用することも可能。

ミツロウラップは長持ちするように作られているので、12ヶ月などの長期間にわたって繰り返し使用することができますよ。ミツロウラップを使い終わったら、コンポストにしたり、蜜蝋を塗り直したり、ファイヤースターターとして使ったりすることができます。

ミツロウラップ1個あたり、毎年埋め立て地や海に流れていくプラスチックを75メートルも節約することができます。 さらに、プラスチック製のラップやジップロックバッグを買わなくて済むので、お金の節約にもなります。

ミツロウラップのお手入れ方法

Honeywrapのミツロウラップのモアナデザイン
Wendyさんによると、ミツロウラップをきちんとお手入れすれば、1年以上ととても長持ちするそうです。ここでは、ミツロウラップのお手入れ方法についていくつかのルールをご紹介します。

ミツロウラップは、手のひらで温めてから優しく形を整えるようにするのがポイント。

サンドイッチやパンの場合は、パン粉を払い落とすだけで十分です。洗うときには、冷水と中性洗剤を使うのが望ましいです。洗った後は、自然乾燥させるか、叩いて乾かすのが良いでしょう。

電子レンジやオーブン、食器洗浄機や時には直射日光、熱湯などの高温になる場所に置くことは避けた方が無難です。

P.S. ワックスが溶けてしまいますので、ミツロウラップは生肉を包んだり、覆ったりするのには使用しないことをおすすめします。

Honeywrapはどのように始まったのですか?

Honeywrapは、2人の素晴らしい女性によって始められました。

彼女たちは、子供たちのお弁当に入っているプラスチックの量に気づき、それを何とかしなければならないと考えたのです。

彼女たちは自然を愛し、美しい海を守りたいという思いから、Honeywrapを開発しました。

彼らの目標は、家庭から使い捨てのプラスチックを減らし、取り除くこと。それ以来、Honeywrapはどんどん拡大していきました。

製品が環境にやさしいものであることを確認するだけでなく、Honeywrapはさまざまな団体と協力し、利益の一定割合を慈善団体に寄付することで、地域社会に貢献しています。

WendyさんとHoneywrapのパーフェクトマッチ

Wendy (HoneywrapのCEO)
Honeywrapの現在のCEO兼オーナーであるWendyさんは、7代目の農家であり、ビジネスウーマンであり、プライベートでは母親でもあります。

Honeywrapを引き継いだのは2020年。

Wendyさんは、Honeywrapのコアバリューと哲学に完璧にマッチしており、自身も自然を愛する者として、地球のために最善を尽くしたいと考えています。彼女のハニービジネス経営の経験を生かし、Honeywrapに参加することは正しい選択だと感じました。

Honeywrapの購入を決めたのは、私が考えていた「あるべき姿」に合致していたからです。使い捨てプラスチックは問題ですが、ミツロウラップは使い捨てプラスチックをなくすための方法でした。Honeywrapは、持続可能で環境に優しいという私の価値観に合致していました。

Wendyさんは7代目の農家で、何日もかけてハイキングをすることが多いので、環境を守り、土地を大切にすることは当然の選択です。

Honeywrapに参加することで、Wendyさんは環境保護を続け、大好きなハチミツを使って仕事をし、地球を守るために持続可能な選択をするように多くの人を教育し、刺激することができました。

Wendyさんは、Honeywrapが世界中の人々に持続可能な選択肢を提供し続け、より多くの人々を教育し、より多くの個人や企業に地球を大切にする気持ちを起こさせてくれることを願っています。

蜂蜜との特別な関係

ミツロウ
インタビュー中、Wendyさんが蜂蜜と特別な関係にあることに気づきました。彼女は30年間蜂蜜ビジネスに携わり、ワイカト大学のMBAに入学し、MBAの途中で新しい蜂蜜ビジネスを始めました。

彼女になぜ蜂蜜なのか?そして、なぜHoneywrapなのか?を尋ねました。

ハチミツ業界に身を置く以上のことは思いつきませんでした。つまり、ハチミツは素晴らしい製品だと思います。

健康にも良いですし、肌や湿疹に局所的に使用したり、喉の痛みに効いたりと、様々な用途があります。局所的には肌や湿疹に、喉の痛みや潰瘍、胃腸にも効果があるんです。

ミツバチは環境にも優しいです。ミツバチがいなければ、私たちは新鮮な果物や野菜を手に入れることができず、食料の90%を手に入れることができません。

そして、ミツロウラップは蜂蜜の延長線上にあり、さらに環境にも良いのです。ミツロウラップはプラスチックを減らすことができます。Win-Winの状況であり、持続可能で、再利用可能で、リサイクル可能で、堆肥化可能なのです。メリットを挙げ始めるとキリがありません


プラスチックの使用に終止符を

Honeywrapのミツロウラップにsandwichがある
サステイナブルな製品を作るだけではなく、Honeywrapの哲学もWendyさんにとって非常に重要です。

Honeywrapは、持続可能性の理想を掲げ、持続可能性を実現することは可能であり、より多くのブランドや企業が参加すべきことであることを、より多くの企業に示すことを目指しています。

Honeywrapは、持続可能性、環境に優しい選択についての教育、包括性、そしてもちろん社会や人々への還元を大切にしています。Honeywrapは実際に、Project JonahやForest & Birdsなど、多くの団体と協力しています。

慈善団体への寄付だけでなく、HoneywrapはSustainable Business Networkのメンバーでもあります。

HoneywrapとWendyさんのサステナビリティ

では、あなたとHoneywrapにとって「サステナビリティ」とは何でしょうか?

持続可能性とは、地球上に足跡を残さず、分解できたり、再利用できるような環境にやさしい製品を持つことだと思います。

Honeywrapのミツロウラップはそのすべての条件を満たしています。ミツロウラップを使い終わったら、堆肥化して蜜蝋を塗り直せば新品同様になります。幸運なことに、蜜蝋やそれを可能にするDIYキットが販売されています。ミツロウラップを燃やしても、成分に毒素や刺激的な化学物質は含まれていないので、ハチミツのいい香りがするでしょう。

“サステナビリティとは、廃棄物を出さないことでもあります。ですから、私たちは廃棄物をほとんど出さないようにしています。

サプライヤーには、プラスチック製の製品を提供しないように、むしろ段ボール製の製品を提供するようにお願いしています。Honeywrapは廃棄物ゼロを目指しています。

また、サステナビリティとはチームのことだと思います。[持続可能な企業は)良い職場環境でなければなりません。お金儲けのためではなく、私たちのように教育などで恩返しをすることが大切です。

例えば、教育、環境への配慮、良好な職場環境の提供、持続可能な製品の提供など、さまざまな方法でビジネスを持続可能なものにすることができます。”

Honeywrap社は、持続可能で環境にやさしい企業として、常に向上を目指しています。廃棄物ゼロになるために、Honeywrapは会社に来るすべての可能な廃棄物を削減しています。

例えば、プラスチック廃棄物についてサプライヤーと連絡を取り、それらを含めないようにすること。蜜蝋のラップをカットすることで、廃棄物を極力出さないようにすること。ラップから出る少量の廃棄物は、リサイクル可能な素材をパッケージに使用して、火起こし器にすること。

他のラップメーカーの多くは、漂白剤を含む白い蜜蝋を使用していたことを考えると、Honeywrapのミツロウラップは、漂白されていない100%天然のニュージーランド産蜜蝋のみを使用している点も大きな違いを生んでいます。

このような特別なステップを踏むことは、持続可能であるだけでなく、Honeywrapを他のブランドとは違うものにしています。

Honeywrapは、ビジネスでも個人でも、プラスチックを使わない方法や、より持続可能な方法を他の人に教える声になると思います。

一緒に地球を守りましょう

クッキーとHoneywrap
HoneywrapについてのWendyさんのインタビューが、サステイナブルな製品を探したり、サステイナブルなブランドをサポートするきっかけになれば幸いです。

WendyさんとHoneywrapのように、あなたも地球のためにもっと何かできるはず。

それは、通常のジップロックやラップの代わりにミツロウラップを使用するといった簡単なステップかもしれません。

ミツロウラップを手に入れたい方は、Honeywrapの日本公式ウェブサイトをご覧ください。Honeywrapには、環境にやさしい素晴らしい商品がたくさんありますよ。

               
ライター:Monica Chang
Director of Ethical Choice
I am passionate about finding amazing sustainable and eco-friendly products and sharing them with more people. Interesting in plastic-free, reduce waste, and DIY.
クリップボードにコピーしました。