オーガニックにこだわるメンズコスメIYVO。男性化粧品市場に参入した理由と、目指す世界とは?

突然ですが、皆さんはどのような基準でスキンケアコスメを選んでいますか?
 
パッケージや成分、ブランド、いろんな基準があると思いますが、今回紹介したいのは、体にも環境にも優しいを軸にもつメンズコスメブランドのIYVO。
 
IYVO代表の小掠さんにインタビューし、ブランドを立ち上げたきっかけや、コスメブランドを作る上でのこだわりをお伺いしました。
 
メンズコスメはまだまだ市場が小さいのが現状ですが、そのメンズコスメ業界にあえて挑戦した理由はなんなのでしょうか。
 

小掠 康浩
91年生まれ、首都大学卒。メーカーで人事を勤めたのち、2018年に起業。
webサービスのチーム開発からピボットし、メンズコスメ事業の立ち上げに着手。
1年の歳月を経て2020年2月にブランドをリリース。衛生的な肌でつくる清潔感ある男性を世に増やすべくブランドを展開中。

 

メンズコスメブランドIYVOとは?

吉高
ではまず、IYVOがどのようなブランドか教えていただけますでしょうか?
 
小掠さん
IYVOとは、オーガニック原料にこだわるメンズコスメブランドです。
 
男性に清潔感のある身だしなみを手に入れてもらい、毎日に少しの満足感や幸福感を付け加えられる商品を作っています。
 
吉高
確かに朝の洗顔後に、こだわりを持ったスキンケアをつけると、幸せな気持ちで1日のスタートがきれそうですね。
 
オーガニックというと、体に良さそうなイメージですが、なぜオーガニックにこだわっているのでしょうか。
 
小掠さん
オーガニックは体にいいという面はもちろんあるのですが、それだけではなく、農薬を使っておらず、土壌を傷つけないため、環境にもいいという側面があります。
 
吉高
なるほど、体にも環境にもいいメンズコスメブランドということですね。
 

ブランドを立ち上げたのは、ある女性との出会いから

IYVO小掠さんの写真
吉高
しかしメンズコスメというと、まだまだ市場が大きくない印象ですが、その中でオーガニックのメンズコスメブランドを立ち上げようと考えたきっかけは何だったのでしょうか?
 
小掠さん
きっかけは、化粧品業界でも働いていた、ある女性経営者との出会いです。
 
彼女自身、化粧品がすごく好きで、様々な化粧品を試していたといいますが、化粧品会社が発信する情報を鵜呑みにして、体に合わない成分が入ったコスメを使ったことで、皮膚疾患を患ったと言います。
 
それを聞いた時に、「そんなことが本当にあるんだ」とすごく心を打たれた自分がいまして。だったら自分が誰も傷つかないコスメを作ろうと思ったんです。
 
吉高
それ、すごくわかります。正直成分は良くわからないけど、いい効果がありそうだし、使ってみようってなるのがコスメですよね(汗)
 
小掠さん
そうですね。彼女は、元々アレルギー体質なのもあったらしいのですが、問題なのはメーカーと消費者の間の知識ギャップだと思ったんです。
 
要は、消費者が体に良くない成分だと知らずに、パッケージなどの情報を鵜呑みにして使用することが多いことが問題だと思いました。
 
しかも、コスメに対するリテラシーが相対的に高い女性がそういった状況にあるのなら、これから市場が拡大していくメンズ市場でも同じようなことが起こると思いました。
 
せっかくコスメを作るなら、これから拡大してゆくメンズ市場で、化粧品でそんな悲しい思いをする人がいないようなブランドを作りたい
 
それで始まったのが、オーガニックにこだわるIYVOだったんです。
 

原料の調達には並々ならぬこだわりが。

IYVOに使う原料の調達にはこだわりが
吉高
話を聞いてて、先ほどから良くオーガニックという単語を口にされていると思うのですが、オーガニックにも他ブランドとは違うこだわりがあるのでしょうか?
 
小掠さん
そうですね、元々コスメを使って、悲しい想いをする人がいない商品を作りたいと考えていたので、健康のことを考えて、絶対にオーガニックのコスメを作ろうと考えていました。
 
ただ、オーガニックと言ってもいろんな種類のものがあります。
 
オーガニックと謳っていても、実はオーガニック成分は少なかったり、残りの成分の副作用によって、肌にトラブルを抱えるケースも多いです。
 
だから、本当に信頼できる工場と契約して、妥協のない商品を作ろうと思いました。
 
吉高
なるほど、原料の調達からこだわってらっしゃるんですね。工場探しは苦労されたんじゃないでしょうか。
 
小掠さん
おっしゃる通りで、すごく苦労しました。と言いますのも、そのような工場はいい製品を作っていても、それを届けることには長けていないことが多いんです。
 
工場探しに関しましては、Googleの検索結果の10ページ目まで探したり、いろんなところに電話をかけたり、さらに多くの展示会にも足を運びました。
 
そこで偶然見つけたのが、今提携している工場です。
 
表向きには、あまり名前を出していない工場ですが、品質にはとことんこだわる工場でして。自社で農園を抱えていて、そこで無農薬で原料を育てています。
 
他のOEMブランドの場合だと、原料は他社から仕入れて、それを調合して作る企業様が多い中、そこの工場では、原料の調達から加工まで一気通貫で作っているんです。
 
吉高
そこまでこだわりを持たれてるのは、すごいですね(汗)
 
小掠さん
そうですね。なので、これは信頼できると思い、提携させていただいてます。
 
重要な原料に関しては、その工場で栽培しているのですが、他の農園から原料を買うこともあります。ただ、その場合でも、無農薬で栽培されているものだけを使っていたりと、本当に厳選した原料だけを使っているんです。
 
例えば、ドクダミを使っている化粧品は多いかと思うんですけど、どこの誰がどうやって育てたかわからないドクダミよりも、どこどこの農園の誰々さんが無農薬で育てたドクダミというのは、信用度が高いと思います。
 
吉高
無農薬の原料で、体に優しそうなのはわかりました。冒頭で話していた環境に優しいというのは、どういうことでしょうか?
 
小掠さん
はい。主に2つありまして。
 
1つは、環境によくないと言われている成分を使っていないことです。
 
例えば、紫外線吸収剤はサンゴ礁の白化の原因になっていることがわかっているのですが、そういった成分を使用しないで、環境に負荷を与えないことを重点に原料も調達しています。
 
また、自然由来の原料であっても、農薬を使って育てられている場合は、残存農薬と言って土壌に負荷を与えます。
 
IYVOで使用している原料は、オーガニック栽培で作られた自然由来のもの。土壌へ負荷も少ないので、環境にもいいというわけです。
 

毎日使うものだからラインナップもシンプルに

IYVOの商品ラインナップ
吉高
なるほど。徹底的に選び抜いた原料を使用していて、環境に対しても十分に配慮した調達をされているブランドだということがわかりました。
 
では実際に、どのような商品があるのか、教えていただけますでしょうか?
 
小掠さん
商品ラインナップは全部で6つです。下記のベーシックなラインに2製品ずつあります。

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 乳液

どれもオーガニック成分の比率がすごく高いのが特徴なのですが、この中でも特にこだわっているものを2つ紹介させていただければと思います。
 
吉高
ワクワクします。どちらでしょうか?
 
小掠さん
まずは乳液です。
 
乳液に関しては、原料はほぼ100%天然由来のものでして、その中でもオーガニック成分の比率は97%を超えています。なので、本当に安心してお使いいただける商品だと自信を持って言えます。
 
また、商品に関しては、さっぱりとした使用感が特徴のライトと、しっとりとするモイストの2つを展開しているので、肌の特徴によって、使い分けていただければと考えています。
 
吉高
天然成分ほぼ100%で、その中でもオーガニック成分が97%もあるんですね(汗)
 
小掠さん
そうなんです。また、ノーマルタイプの化粧水に関しても、特に力を入れていまして。
 
肌が敏感な方、弱い方に使っていただきたくて、作ったのですが、先ほども言ったドクダミを原料として使っています。ドクダミと言うと、強力な殺菌作用があって、化膿を防ぐ外用薬としても使われているくらいなんです。
 
なので、ニキビに悩んでいたり、肌の弱い方や敏感な方に使っていただいて、身嗜みを整えて、日々の生活に少しの自信を与えたいですね。
 
吉高
ドクダミってそんな効果があるんですね(汗) 恥ずかしながら知らなかったので、勉強になりました。
 
先ほどから肌の弱い方や敏感な方というキーワードが出てきていると思うのですが、そういった方々を特に意識されているのはなんでなのでしょうか?
 
小掠さん
元々、誰も傷つかないコスメを作ろうと考えていたのもあるのですが、実は、学生時代の自分にあったらいいなと思うコスメであることを考えています。
 
当時の私は、肌質がオイリーで、すごく悩んでいました。時には、友人にからかわれたりもしました。
 
どれだけ服装が決まっていても、髪型をセットしても、やはり肌が荒れていると目立つんです。顔は真っ先にみられるものですので、そうすると、やはり自信もなくなっていきます。
 
IYVOは男性に身だしなみを整えて、自信を持って毎日を過ごして欲しいと言う想いがありますので、学生時代の自分のことも考えると、肌が敏感な方、弱い方を本当に救いたいんです。
 

初めて使うからこそ、成功体験を提供したい

IYVO代表の小掠 康浩さん
吉高
そう言うパーソナルなストーリーもあったのですね。私自身、学生時代は肌に悩むことがあったので、すごく共感できます。
 
このように、いろんなこだわりが詰まったメンズコスメのIYVOですが、どんな方に使っていただきたいでしょうか?
 
小掠さん
これからコスメを使い始める初心者の方に、特に使っていただきたいです。
 
と言いますのも、私が出会った女性のように、情報を鵜呑みにして、肌の健康を害することって誰にでも起こり得ることだと思っています。特に、あまり知識がない初心者なら尚更です。
 
そんな初心者がコスメで失敗して、その人の健康を害することだけは避けたいと思っています。それはコスメ業界としても損失ですし、そんな失敗をする人をこれ以上出したくないです。
 
IYVOは厳選された天然由来の成分を使っているので、自信を持っておすすめできます。
 
初めて使うからこそ、コスメでの成功体験を提供したいです。
 

コスメ全体で、サスティナビリティも品質も向上させたい

IYVO(イーヴォ)
吉高
最後に、将来の展望をお聞かせ願えますでしょうか。
 
小掠さん
はい。大きく2つあります。
 
1つは、メンズコスメの中のオーガニックという市場を確立させることです。
 
メンズコスメ自体も市場は小さいですが、オーガニックとなると、もっと小さいのが現状です。だからもっと多くの人にオーガニックの魅力を伝えていって、市場を広げたいと思っています。
 
市場が広がれば、より多くのブランドがオーガニックコスメに力を入れると思いますので、より体に優しいコスメを業界全体で作っていけると思います。
 
もう1つは、消費者のリテラシーを上げて、その中で企業ももっと努力するエコシステムを作ることです。
 
企業がより良い商品を提供するには、消費者の需要が必要ですし、その需要を作るためには消費者のリテラシーが向上する必要があります。市場を大きくすることで、消費者のリテラシーをあげることができると思いますので、取り組んでいきたいです。
 
また、そうなれば、サスティナブルで質の高いコスメも増えると思うんです。
 
私たちも、現状プラスチックのボトルを利用していますが、業界全体でプラスチックフリーに移行して、リユースできるガラス瓶を使用できるようになればとも考えています。
 
環境に負担をかけていたら、どれだけ売れても、素直に喜べないと思いますので。
 
吉高
オーガニック市場の拡大と、消費者と企業が共に高めあうエコシステムということですね。応援しています。
 
今日は、お忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。
 
編集後記
華やかなイメージが強いコスメ業界ですが、その影で苦しんでいる人もいるのも事実です。
 
自分が作ったコスメでは、絶対にそんな悲しい思いをする消費者を出したくない。そんな気持ちがひしひしと伝わるインタビューでしたし、その思いは原料の調達から販売まで、商品のあらゆる過程に、こだわりとして見えるブランドだと感じました。
 
これから本格的にコスメを始めようと考えている男性の方は、IYVOをぜひ試してみてはいかがでしょうか?
 
それでは、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。
 
また、IYVOの公式ホームページは、下記からご覧くださいませ。
 

IYVOを詳しく見たい

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。