【8割が知らない】手軽なのに最も効果が高い環境保護アクションとは?

気候変動

マイバッグの利用やマイボトルの持参など、環境に優しいアクションを実践されている方も多いかと思います。
  
このようなアクションは、環境保護に貢献すると共に、お財布にも優しいのも特徴の1つ。
  
環境保護に興味があるみなさんなら、他にどんなアクションがあるのか、気になるところではないでしょうか。実は、CO2排出量を劇的に減らせるアクションがあるのです。
  
それは、電力を切り替えること。
  
自宅の電力を切り替えることで、年間1800キロ以上のCO2を削減できる(1)とされており、これは電気自動車への切替や菜食への転換など、どのアクションよりもCO2を減らすことに寄与すると言われています。
  
前提として、電気はCO2を発生させるもの・させないものがあります。火力発電はCO2を発生させますが、再生可能エネルギーの場合はCO2を排出しましせん。
  
現在、日本の電力構成は8割が火力(2)で、再生可能エネルギーはわずか2割。
  
つまり、地球温暖化を止めるためには、CO2を排出しない再生可能エネルギーの比率を上げることが重要なのです。
  
そして、私たちにできることは、家庭での使用エネルギーを再生可能エネルギーに切り替えることでしょう。
  
しかし、ここで1つ注意が。
  
再生可能エネルギー電力に切り替えることは、5分でできる最強の環境保護アクションですが、実はどの電力会社でもいいわけではありません。
  
なぜなら、山を切り崩してソーラーパネルを設置している場合もあれば、そもそも再生可能エネルギーの比率が低いけど、非化石証書を利用して実質的にCO2排出量ゼロとしている場合もあります。
  
環境保護を目的に電力会社を切り替えるには、環境破壊をしておらず、さらに再生可能エネルギー比率が高い、本当に信頼できる電力会社に切り替えることが重要なのです。
  
では、おすすめの電力会社はどこなのか。
  
私たち編集部はUPDATER社が提供する「みんな電力」を自信を持っておすすめします。
  
同社は2020年に、SDGs達成に向けて優れた取り組みを行う企業を表彰するジャパンSDGsアワードにて、最優秀賞の内閣総理大臣賞を受賞した注目の会社。
 

出典:首相官邸HPより

 
そして、発電所オーナーの「顔が見えること」を大事にしています。
  
「電力で地球に優しいアクションができるなら気になる」
「電力会社をどこに切り替えようか迷っていた」
  
そんな方向けに、みんな電力が提供する電力の特徴は何か、そしてなぜ「顔が見えること」を大事にしているのかお伝えします。
  

みんな電力が提供する「顔の見える電力」

 

 
みんな電力が提供するのは、再生可能エネルギー100%の「みんなのプラン」。
  
ただ、機械的に再生可能エネルギーを提供するのではなく、発電者の顔が見えることを大事にしており、「顔の見える電力」として提供していることが特徴です。
  

代表の大石が電車に乗っていた時、ソーラー発電のキーホルダーを持っていた方を発見したことがサービスが生まれたきっかけでした。所有していた携帯電話の充電がなくなっていたこともあり、その方から電気が買えたらいいのに!と感じたそうです

  
その経験から、大きな気づきがあったとのこと。
  

電力って、今までただ使うことしか考えていなかったけど、電気を買う人を選べたらすごく面白いですよね。

  
そのアイディアから誕生したのが「顔の見える電力」。よく考えると、これまでの電力供給の在り方、さらには格差解消にも繋がることだと気付きます。
  

例えば、子どもが発電してそれを親が買ったら、それは子どものお小遣いになりますし、おばあちゃんが発電している電気を孫が買ったら、おばあちゃんの収入にも繋がりますよね。そのように大手電力会社がだけが販売できていたものを、誰でも電気が作れて売れるように分散化できれば、貧困の解消にも繋がると考えたんです

  
マイクロファイナンス(小規模金融)で貧困解消を実現しているグラミン銀行に、昔から憧れがあった代表大石らしい発想で、電力事業は始まりました。
  
みんな電力では、法人需要家向けにはブロックチェーンの技術を使って、電力取引のトレーサビリティを証明することで、電力生産者の顔が見えることを実現しています。
  

一人でも多くの人に切り替えてもらうための「みんなのプラン」

 

 
2016年の電力自由化から新電力会社として電力を提供してきた同社は、2021年10月に「みんなのプラン」という新プランの提供に踏み切ります。
  
「みんなのプラン」は、大手電力会社の従来プランよりも安く、再生可能エネルギー100%の電力が利用できるのが特徴。
  
プランの表を挿入
  

今後再生可能エネルギーをさらにたくさんの方に選んでもらいたいという想いがあって、わかりやすく大手電力会社の従来プランよりも少しだけ安くなる仕様にしたんです。

  
と中村さんは語ります。
  
また、2020年~2021年冬に起こった電力市場の高騰を受け、「みんなのプラン」では、電力市場の価格変動に、電気料金が左右されないのも特徴の1つ。
  

どうしたら安心して電力を切り替えていただけるか考えた結果、みんなのプランの提供に至りました。

  
今後、より再生可能エネルギーを選ぶ人が増えるように、大手電力会社の従来プランよりも安く、かつ電力高騰による影響の心配がないプランに刷新したのでした。
  

自由に選び、みんなが豊かに

 
再生可能エネルギーによる電力を販売している会社は他にもあります。みんな電力と他の会社の最大の違いはどこにあるのかと聞いたところ、
  

再生可能エネルギーという言葉だけではなく、ぜひ電源構成をみて欲しいんです。

  
再生可能エネルギーの電力プランには本当に再生可能エネルギーで発電した電力を販売するプランと、火力発電や卸市場から調達した電気に「非化石証書」を購入して実質的にCO2排出量ゼロとしているプランがあります。
  
みんな電力は前者。
  

出典:電源構成実績2020

  
実際には数%しか再生可能エネルギーを使用していない電力会社もある一方で、同社では約83%(3)の電気をFIT電気と再生可能エネルギーから調達しています。(2020年度実績)
  
また、再生可能エネルギーだったら、どの電力でも同じではないと中村さんは強調します。
  

山を切り崩して、メガソーラーを建てたり、地域住民の反対がありながらも発電所を作っている実態があります。

  
同社が厳しい調達基準を設けているからこそ、安心して消費者に選択をして欲しいと言います。
  

やっぱり、顔が見えていたら後ろめたいことはできないじゃないですか。顔が見えることで、正々堂々と『私が作ってます。』と言えますし、買い手からすれば、選択することに繋がります。逆に顔が見えないと、電気には色も匂いもない商材なので安さで選ぶしかないですよね。

  
中村さんが口にしたのは、いい取り組みを応援することで、その取り組みがさらに広がりを見せる、まさに「買い物は投票」の考え方でした。
  

100円で応援できる顔の見える発電所

 

出典:あいがも発電所(千葉県袖ケ浦市)

 
みんなのプランの特徴は、大手電力会社の従来プランよりも必ず安いこと、再生可能エネルギー100%であることに加えて、電気料金に含まれている100円で発電事業者を応援できることが挙げられます。
  

マイページでは、自分が応援したい発電所を選んで支援することができるんです。例えば、こちらの発電と農業を両立している発電所だったら、応援を継続すると無農薬の小麦を使った食パンが贈られるんですよ。

  
電気を誰でも作って売れるのもコンセプトの1つですが、このような選び抜かれた再エネ発電所は600にのぼります。
 

出典:みさき太陽光発電所V(福島県南相馬市)

 

私たちは、みんなで “楽しく” 電気をつくり、それを感じたみんなが “自由” に電気を選ぶことを通じて持続可能な世界を目指しています。自由に選んで、みんなが豊かにという世界観を体現できているのではないかと思います。

  

出典:おひるねみかんODAWARA発電所(神奈川県)

 

選べる自由を求めて

 

サービスを選ぶ上で、気になる要素の1つが他の利用者の口コミや評判。どんな方がみんなのプランに切り替えているのかを尋ねたところ、
  

電気料金で再エネを応援できるから、再エネ比率(FIT電気比率)が高いから、などの回答が約8割を占めます。

  
と、同社の取り組みに共感する人からの指示が多いことがわかります。
  
さらに中には、
  
​​「離れていても故郷を応援できるところがよい」
「オンラインイベントなどで、電気の生産者さんの声をお聞きして身近に感じられるようになりました」
「一度発電ツアーに参加して、対応が凄く良かったのと、生産者の方とお会いして安心できた」
「”ちゃんと価値のあるものを適正な価格で買っている”という満足感を感じている」
  
のように、顔が見えることに対して満足している方や、
  
「毎日必ず使う電気を通して、環境問題にコミットできるという手軽さに価値を感じている」
  
自分のアクションが、環境問題解決の一部になれることに喜びを感じる方もいらっしゃるようです。
  

5分で切り替えよう。

 

 
最後に、中村さんはよくある再生可能エネルギーに対する誤解に関して話してくれました。
  
多くの方が気になるのは、やはり停電時のリスク。
  

よく停電のリスクに関しての質問をいただきますが、結論として、停電のリスクが高まったり、災害時の復旧作業が後回しになることはありません。

  
電力事業は大きく、発電、送配電、小売りで事業者が分かれており、同社が行っているのは小売の部分。停電した際や、万が一同社が倒産したとしても、通常通り電線を使って電気が供給される仕組みになっています。
  
また、電力会社を切り替えるのは大変そうな作業にも見えますが、実は非常にシンプルとのこと。
  

電力会社の切り替えは、WEB上でにお申し込みいただくだけで完結します。現在契約中の電力会社への連絡や立ち会いや工事も必要ないんです。

  
だから5分でできる最大の環境貢献というわけですね。
  
最後に、将来の展望を伺ったところ、返ってきたのは意外な答え。
  

私たちは電力事業以外にも、土や空気など様々な事業を行っています。根底にあるのは、継続できるソーシャルビジネスへのリスペクトなんです。自分たちを電力会社だとは考えていません。ムハマド・ユヌスさんがマイクロファイナンスで貧困の解消に貢献したように、私たちもみんなが売って、自由に選べる電気という手段を通じて、持続可能な社会に貢献していけたらと考えています。

  
とあくまで、存在目的ありきの事業であることを強調してくれました。
  

みんな電力の詳細を見る

  
編集後記
  
当記事では、再生可能エネルギー100%の電力プランを提供するみんな電力を紹介してきました。
  
選び抜かれた発電者から、本当に信頼できる電気を買えることが魅力です。
  
また、電力高騰リスクも、みんなのプランでは払拭されており、非常に心強いのではないでしょうか。
  
電力を切り替えることは、5分でできて、CO2排出量の削減を可能にし、地球温暖化のSTOPに貢献できる手軽なアクションです。
  
にもかかわらず、現状では新電力に切り替えている人は全世帯の約2割。再生可能エネルギーを利用しているのはわずか1%です。
  
「品質が信頼できるなら再生可能エネルギーを選んでもいいかも」
「発電者さんを応援できるのは嬉しい」
「5分でできるならやってみようかな」
  
そのようにお思いの方は、ぜひこの機会に切り替えてみてはいかがでしょうか。
  
それでは、最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。
みんな電力の詳細を見る

  
出典
(1)家庭からの二酸化炭素排出量(2019年度)
(2)令和2年度エネルギーに関する年次報告 (エネルギー白書2021)
(3)17%はインバランスと言って、電力需要が供給量を上回る際に必要なバックアップ分

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。