海面上昇の解決策はあるのか?原因と現状、未来の予測推移をお伝えします。

気候変動

近年の気候変動の深刻さを語る上で、避けて通れないのが海面上昇。
 
海面の水位があげることや、地球温暖化と関連性があることはなんとなく知っていても、実際に何が原因なのか、今後どれくらい海面が上昇するのかを理解している方は少ないのではないでしょうか。
 
そこで、当ページでは、海面上昇の現状と、引き起こしている原因を解説した上で、未来の海面上昇を予想したシミュレーションを見ていきます。
 
事態は、私たちが考えている以上に深刻ですが、最悪のケースを少しでも回避するための取り組みも紹介しますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。
 

海面上昇とは?意味を解説

海面上昇とは、文字通り、海面の水位が上昇することを言います。
 
このままのペースで海面上昇が続くと、都市が海に沈んだりと、深刻な被害をもたらすため、重要な環境問題の1つとされています。
 

海面上昇の原因は地球温暖化

なぜ海面上昇は起こるのでしょうか。
 
海面上昇の原因は、主に2つが挙げられます。
 

  • 地球温暖化によって引き起こされる海水の体積が熱で膨張するため
  • グリーンランドや南極などの氷河や氷床が溶け、海水の量が増えるため

 
これらはいずれも地球温暖化によって、引き起こされるもの。
 
他の環境問題にも言えますが、それぞれが独立した問題ではなく、関与しあって問題となっているため、包括的な対策が必要だと考えられています。
 

海面上昇の現状~100年で19cm上昇~

気候難民のイメージ
では、海面上昇は現在、どのような状況なのでしょうか。
 
IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次評価報告書によれば、1901-2010年の約100年の間に上昇した海面は19cm。
 
19cmというと小さいように思うかも知れませんが、既にフィジー諸島共和国、ツバル、マーシャル諸島共和国などの海抜が低い国々では、高潮による被害が深刻化しています。
 
ここでは、現在もっとも海抜上昇の影響を受けているツバルの現状を見ていければと思います。
 

もっとも影響を受けている国、ツバルの現状

今、海面上昇によって沈みゆく国として、取り上げられることが多いのが、ツバル 。
 
ツバルはオセアニアに浮かぶ島国で、その美しさから地上の楽園とも呼ばれます。
 
そんなツバルでは、海面上昇の影響による、高潮や度重なる洪水などの被害によって、住めなくなりつつあるのが現状。その結果、オーストラリアやニュージーランドといった国に移住せざるを得なくなっている人が発生しています。
 
このように、海面上昇をはじめとする気候変動によって、自国が住みづらくなり、移住する人のことを環境難民と呼びます。
 
国連大学の研究によれば、2050年までに水や気候問題、そして紛争などによって、発生する環境難民の数は10億人です。
 

日本における海面上昇

ツバルが深刻な被害を受けている一方で、日本はどうなのかと気になる方も多いかと思いますが、気象庁によると、過去約100年間で日本沿岸の 海面水位の明確な上昇傾向は見られないとのことです。
 
だからといって、日本は海面上昇と無関係かと言えばそうではありません。
 
逆に、海に囲まれた島国だからこそ、海面上昇が起きた際の影響は大きく、予測によれば、1メートルの海面上昇で、日本の砂浜の約9割が失われると言います。
 
現在、まだ海面上昇の影響が少ないだけであって、世界的な海面の上昇傾向から見れば、日本にも必ず影響が現れるはずです。
 
では、これから世界の海面はどうなっていくのでしょうか。次に、最新の予想を見ていきます。

 

このままいくとどうなる?未来のシミュレーションを紹介

IPCCでは、毎回気候変動のシミュレーションを出しますが、以下が2013年に出されたIPCC第5次評価報告書でのシミュレーションです。
 

海面上昇予測

 
このシミュレーションによれば、2100年までに最悪の場合、82cmの海面上昇が起こると言われています。
 
仮に、地球温暖化を目標値の2℃以内に抑えられても、26cmの上昇が起こるとのこと。
 
また、最新の研究では、上記の数字は読みが甘く、実際には1.1メートルの海面上昇が起こるとも言われています。
 
ここで、どの研究が正しくて、どの研究は計算が間違っている、などの議論をするつもりはありませんが、少なくとも、このままでは深刻な事態が起こることは間違いないようです。
 
正直、82cmとか、1.1メートルとか言われてもどれくらい深刻なことかはわかりづらいかともいますので、実際にどんなことが起こるのか、並べてみましたので、ご覧ください。
 

  • モルディブ共和国とマーシャル諸島共和国の全部が海に沈む
  • アメリカのホワイトハウス、ロサンゼルスのベニスビーチとサンタモニカ、ベネチアのサンマルコ寺院も海に沈む
  • 1000万人が住むインドネシアの首都ジャカルタは2050年に完全に水没
  • 数千万単位で気候難民が発生
  • アメリカでは、31万1000戸が慢性的な浸水の危険に晒される

 
上記で挙げたのは、海面上昇によって起こりうる事態のほんの一部です。
 
実際には、もっと多くの被害が出ますし、気候変動によって、世界は人類が住む場所として適さなくなるでしょう。
 
話が壮大になってきたため、現実味を感じない方もいるかも知れません。
 
しかし、これは私たちが直面する未来で、何か行動を起こさなければ、現実としてやってきます。なので次に、この状況に対して、私たちができることを紹介いたします。
 

海面上昇に対する対策とは?取り組みを紹介

私たちにできること
海面上昇は地球温暖化によって引き起こされる環境問題であることは、既知かと思いますので、ここでは地球温暖化を止めるために私たちが簡単にできる5つのアクションをご紹介いたします。
 

クリーンエネルギーを選ぶこと

地球温暖化の原因となるCO2の排出において、最大の約40%を占めているのが、電気を含む、エネルギー転換部門。
 
理由は、私たちが利用する電気の8割が、火力発電で生成されたものだからです。
 
火力発電の割合を減らし、自然エネルギー(クリーンエネルギー)の利用率を増やすことで、CO2の削減が可能。
 
なので、自然エネルギー100%の電気を扱っている電力会社に切り替えることは大きな意義を持ちます。
 
自然エネルギー100%のハチドリ電力の詳細はこちら
 

プラスチックフリー生活

プラスチックは海洋ゴミなどの問題もはらんでいますが、石油が原料のため、生成と廃棄時に大量の温室効果ガスを排出します。
 
現代の私たちの生活に根付いているプラスチックですが、最近は代替できる商品が出てきたり、ちょっとした工夫で脱プラスチックができたりします。
 
プラスチックを使わない生活のことをプラスチックフリー生活と呼んだりもしますが、まずはマイバッグやマイボトルを持つ、と言った簡単なアクションから始めてみてはいかがでしょうか。
 

植物由来の食事を減らす

あまり知られていない事実ですが、肉を食べることは環境に大きな負担をかけています。
 
牛肉1キロを生産するには2万リットルの水が使われていたり、牛がゲップ時に出す大量メタンガスはCO2の約20倍もの温室効果があるとも言われています。
 
そのため、最近では環境保護を目的としたベジタリアンや、肉を食べる回数を意識的に少なくするフレキシタリアンといった食生活をとる方が増えているのです。
 
肉を一切避ける必要はありませんが、環境負荷の面から考えると、回数を減らす、量を減らすことは取れる対策だと言えるでしょう。
 

オーガニックプランツを選ぶ

植物由来の食事を増やすのは良いですが、その植物の生産方法(農薬や殺虫剤の使用など)によっては、環境負荷が大きいものもあります。
 
土壌には、大気の2倍、植生の3倍にあたる、1兆5000億トンの炭素を閉じ込める力があるのですが、現行の農法では、その能力を活かしきれていないどころか、破壊しています。
 
土壌の力を最大限に活かすことが、地球温暖化の抑止に関係があることを考えれば、どのような農法で作られた作物かは選んだ方が良いでしょう。
 
おすすめなのは、オーガニックの作物を選ぶこと。
 
少し高いため、全てとはいかずとも、選択肢がある時は、オーガニックの植物や食べ物を積極的に選ぶことをおすすめいたします。
 

環境負荷が少ない製品を選ぶ

カーボンフットプリントや、ウォーターフットプリントという言葉がありますが、要はその製品が生産されてから廃棄されるまで、どれだけの温室効果ガスや、水を消費するのかという指標です。
 
この値は少なければ少ないほど、環境負荷が低いと言えますが、出来るだけ環境負荷が低い製品を日頃から選ぶことも私たちができるアクションだと言えます。

 

さいごに。

当記事では、海面上昇の問題に関して、その現状と、未来のシミュレーションを見た上で、改善のためのアクションプランを見てきましたが、いかがでしたか。
 
問題が大きく、1人の力ではどうしようもできないと思いがちですが、1人ひとりの選択が未来を作るのは確かです。
 
なので、
 

  • クリーンエネルギーを選ぶこと
  • プラスチックフリーを生活に取り入れること
  • 植物由来の食事を増やすこと
  • オーガニックの作物を選ぶこと
  • 環境負担が少ない製品を選ぶこと

 
このようなアクションを、少しずつ取り入れて見てください。
 
また、アクションを取るには、問題を知ることが何よりも重要です
 
もし、当記事が良かった、役に立ったと思われた方は、地球のためにも、SNS上でシェアしていただけると大変嬉しく思います。
 
それでは、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。