カリフォルニア発「アーシング」健康法とは?電磁波デトックスの実践方法と効果

エシカル

素肌を大地や海に触れさせることで、体内に滞留した電気を放電させるという『アーシング』健康法。リモートワークでパソコン漬け、四六時中スマホが手放せない現代人の不調解消の解決策として注目が高まっています。
 
果たして、自然との接触を意識することで体や心は軽くなり、デトックスができるのでしょうか。
 
今回は、アーシングの基礎知識や実践方法、その効果を紹介します。
 

アーシングとは?基礎知識と仕組み

 

土の柔らかさ、砂の心地よい刺激、葉の湿度。誰もが子どもの頃に感じた経験のある足裏の感触は、大人になると忘れてしまいがち。素足は言うまでもなく、靴さえも汚れないようにと歩く方も多いのではないでしょうか。
 
そんなことは気にせず、足裏や素肌で自然を感じよう!というのが『アーシング』。 青い海と太陽、海に囲まれたアメリカ・カリフォルニア発祥の健康法です。
 
アーシングは大地とつながることから、別名『グラウンディング(Grounding)』とも呼ばれています。
 
地球に触れるアーシング(Earthing)を継続的に行うことで、疲労を回復させたり、ポジティブな思考をもたらす効果があったとの研究結果が報告されています。
 
一部では、地面から受け取るエネルギーを『ビタミンG(GroundのG)』と、親しみを込めて称しているとか。
 

アーシングの仕組み

 
雨の日でも、ゴム底のスニーカーやパンプスによって現代人はどこまでも行けるようになりましたが、一方で電気を通さないゴム底の靴でアスファルトの上を歩く生活では、体内に蓄積した電気を放出することができません。
 
靴を脱ぎ素手で大地や自然と接点を作る、また導線を介することで電気を地面に移すというのがアーシングのやり方です。
 
仕組みは、電子レンジなどの家電についているアース線と同様。電気の回路を地球につなぐことで、万が一電流が漏れてしまった際に電気を逃がす役目をしているアース線に基づいています。
 
人体も地面につなぐことで電気を逃してあげようという発想で、アーシング健康法は考案されています。
 

その不調は電磁波から?

 

その昔、我々の祖先は草鞋を履いて土の上を歩き、畑仕事をこなし、自然と触れ合いながら生活をしていました。
 
ところが、世の中の動きは次第に効率化優先になり、便利な物を次々と開発した現代人の暮らしには電気製品が増えるばかり。パソコン、スマホ、テレビ、調理機器、これら電気を発する電子機器は便利な反面、電磁波による人体への影響が議論の的になっています。
 
今も昔も変わらず人体には電気を通す性質がありますが、先人たちは自然と触れ合うことで放電しバランスを保ってきたのではないか。肩こりや頭痛に代表される慢性的な不調など、現代人の健康を脅かす原因の多くが、電磁波によるものではないかとの見解がアーシングの背景にあります。
 

体内の電気が血行不良を引き起こす?

 
一説には、帯電が及ぼす影響として交感神経を過剰に刺激することが挙げられます。
 
血管や筋肉の収縮で血流が悪化、体の冷えを伴う巡りの悪さが、肩こりや頭痛、慢性的な疲労を生み健康を脅かしているのだろうと指摘する医師もいるとのこと。
 
また、『Earthing』の著者であり、アーシングムーブメントの立役者であるクリントン・オバー氏は「体は地球の電位を利用してセルフコントロールし、体内の電気を安定的に保つことで体の回復システムを正常に機能させる」と主張しています。
 

シンプルなアーシングの方法

 

それでは、具体的なアーシングの方法を紹介します。
 
アーシングに難しい知識は何も要りません。
 
大地や海、川に触れて素肌で地球を感じること。アーシングの実践に必要なのはこれだけです。
 

素足で歩く

 
大人になっても、暖かな日に原っぱを裸足で駆け回ったり、砂浜を素足で踏みしめたいと思ったことはありませんか?
 
地球と接地するアーシングで最もシンプルな方法は、裸足で地面を歩くことです。
 
コンクリートのアスファルトではなく、芝生、砂、泥など有機物に触れることで体に溜まった電気を放出、そして大地のエネルギーを受け取ることができます。
 

大地に寝そべる

 
裸足で地面を感じることだけでは物足りない場合は、大地に寝そべってみましょう。
 
寝そべることで、肌と地球の接地面を多くすることができます。
 
公園の芝生や土、砂浜の上にシートを敷かずに寝転んでみること。これが、アーシングの第2ステップです。
 
このようにアーシングする際には、素肌を怪我しないようにくれぐれもご注意ください。
 

水にもぐる/触れる

 
海水や川で泳ぐ行為も、大地を感じることと同じようにアーシングの方法として定義されています。
 
遊泳には季節が限られ危険も伴うため、単に肌を水に触れさせるだけでも十分。湖も含め、澄んだ水であると良いでしょう。
 

アーシンググッズを利用する

 
上記のように屋外の自然に触れる機会がない場合には、アーシンググッズを使って自宅にいながらアーシングをする方法があります。
 
やり方は、屋外の地面に金属棒を立て、そこにワイヤーを取り付けて自分につなぐというもの。まるで自らを家電と見立てるかのように、アース線の仕組みを取り入れるこの方法も実践されているとのこと。
 
自宅でできるアーシンググッズには、マットやブランケット、靴下、バンドやパッチなど様々な種類が開発されているようです。
 

体と心へのポジティブな効果

 

さて、このようなアーシングを行なった結果、どのような効果が現れるのでしょうか。
 
疲労回復など体への効果にとどまらず、心を整える効果も報告されています。
 

疲労の回復

 
米国のマッサージセラピストによると、アーシングマットを使って4週間の施術を行なった結果、倦怠感の低下が報告されています。
 

痛みの軽減

 
筋肉を損傷した人がアーシングを行なったことで、痛みの程度が軽減されたという研究が報告されています。
 

精神の安定

 
一時間のアーシングを行うだけで、大幅に気分が改善されたという研究が示されています。
 

睡眠の質の改善

 
マッサージセラピストによるとアーシングによって睡眠時間を短縮、睡眠の質を向上させ、睡眠障害を減らすことに成功したとのこと。
 

高血圧症の改善

 
ある治療研究によると、高血圧の参加者がアーシングを長期間行なった結果、血圧を下げる効果が認められました。
 
 
これらの研究結果は小規模で行われたため、さらなる研究によって健康効果が立証されるかもしれません。
 
一部の専門家には、自然と触れ合うアーシングで感じる開放感や心地よさが、シンプルに身体にとって良い影響をもたらしているのではないかと考えられています。
 

⑴ 参考:The Effects of Grounding (Earthing) on Bodyworkers’ Pain and Overall Quality of Life: A Randomized Controlled Trial

⑵ 参考:Grounding after moderate eccentric contractions reduces muscle damage

⑶ 参考:The effect of grounding the human body on mood

⑷ 参考:Grounding Patients With Hypertension Improves Blood Pressure: A Case History Series Study

 

自然の力がもたらす恩恵は計り知れない

 

アーシングによる直接的な心身への治癒効果は未だ解明されていないため、怪しさを感じる方も少なくないでしょう。
 
しかし、素足で芝生を歩いた時の爽快感や砂浜を裸足で歩いた時の開放感を想像すると、誰もが癒しを感じるはず。それこそが自然の恵みであり、アーシングの醍醐味です。
 
長い間素足で大地を感じていないなら、ぜひこの週末は電子機器に囲まれた部屋を飛び出し、自然の中で靴と靴下を脱いでみてください。
 
アーシングによって不思議と肩の力が抜け、リラックスした感覚をもたらしてくれるはずです。
 
それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

               
ライター:Hirokawa Karin
エシカル 、環境、SDGs、地域創生などサステナブルなテーマでWebメディアの制作に従事。フォトグラファーに始まり、ライター、コンテンツディレクター、SNSマーケと幅を広げてパラレルキャリアを邁進。週末は黒帯を締めております。
クリップボードにコピーしました。