洗濯用エコ洗剤|環境と手肌に優しいおすすめ7選を紹介

エシカル

生活に必需品の洗剤だから、環境にも配慮したいもの。
 
今回は、洗濯がもたらす環境負荷を説明した後に、環境負荷を抑えるための洗濯用エコ洗剤の選び方を解説。
 
最後に、洗濯用エコ洗剤を7つご紹介します。
 
国内外から選りすぐりの商品を集めましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。
 

洗濯と環境負荷について

 
普段の生活で使う洗濯洗剤ですが、その多くは合成化学物質を用いて製造されています。
 
洗濯をするたびに、洗濯洗剤に配合されている化学物質が海や河川に流れ、環境に負荷を掛けるリスクがあるのです。
 
特に注意すべきは以下の2つ。

  • 合成界面活性剤
  • 蛍光増白材

界面活性剤が持つ「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」によって汚れを落とすのですが、合成界面活性剤には、一部危険性がある(1)とも言われています。
 
そのため、天然成分でできている植物性の界面活性剤などがエコ洗剤には使われているケースが多いのです。
 
また、蛍光増白剤は目に見えない太陽光線などの近紫外線を吸収し、青の光に変えて発することで、白さを際立たせる染料です。
 
蛍光増白剤に関しては、その危険性は諸説ありますが、カナダ政府は「潜在的な生態学的影響に基づいて、高い危険性を有する」としている(2)ため、環境のためには避けた方が良いと考えられています。
 
また、ここよりエコ洗剤を紹介しますが、一番エコなのは水の使用、電力の使用も考えれば、洗濯する回数を減らすこと。
 
洗濯をする際には、まとめて洗えないか、そもそも洗う必要があるのかもぜひ自問自答してみていただければと思います。
 
(1)横浜市_Q&A_界面活性剤には毒性がありますか?
(2)Fluorescent brightener 367 – information sheet
 

Frosch

 
エシカル洗剤のフロッシュ

  • 合成界面活性剤不使用
  • 蛍光増白剤不使用
  • 生分解性97%以上
  • パッケージに100%再生PET使用
  • 0.75リットル 1,650円

フロッシュは環境先進国ドイツ生まれのエコ洗剤。
 
原料の調達から使用後の生分解性まで、すべての工程で環境を考えた取組みを行っています。
 
植物由来の界面活性剤を使用し、洗剤成分は1週間でほぼ100%分解可能。
 
また、容器にも100%再生PETを使用するなど、環境に優しい洗剤だと言えるでしょう。また、お肌に優しいノンアルコール処方なのも見逃せないポイントです。
 
購入はこちら
 

Ecover

 
サステナブル洗剤のエコベル

  • 合成界面活性剤不使用
  • 蛍光増白剤不使用
  • サトウキビから作られた、100%リサイクル可能で再利用可能なボトルを使用
  • 詰め替え販売あり
  • 1.5リットル 988円

エコベールの洗剤は酵素、蛍光増白剤、着色料が無配合で肌にやさしい洗剤です。植物由来の洗浄成分で、しつこい汚れまでしっかり落とします。
 
プラスチック削減に貢献するため、キャップもポリプロピレンを使うことでリサイクルが可能を実現しているブランドです。
 
購入はこちら
 

Eco Store

 
地球にやさしい洗濯用洗剤、エコストア

  • 合成界面活性剤不使用
  • 蛍光増白剤不使用
  • 着色料無添加
  • 動物実験なし
  • 100%リサイクル可能のサトウキビを使用したボトル使用
  • 量り売りシステムあり
  • 1リットル 1,298円

エコストアはモノトーンでおしゃれなニュージーランド産の環境に優しい洗剤です。
 
植物由来の界面活性剤使用し、蛍光増白剤無添加、着色料無添加でアルコール無添加だけではなく、動物実験をしないなど、多方面で環境に考慮しているうブランドです。
 
また、100%リサイクル可能のサトウキビを使用したボトル使用し、ボトルを再利用でいるよう、必要な分だけ買える量り売りシステムも店舗で導入しています。
 
購入はこちら
 

HAPPI EARTH

 
エシカルで長持ちのハッピーアース引用:https://happi.co.jp/ 

  • 100%オーガニック成分配合
  • 1年間使用できる量の洗剤を1袋に
  • 1袋ご購入に付き1本のマングローブを植樹
  • 1リットル 9,570円(洗濯1回あたり21.75円)

ハッピーアースは生分解性がある100%オーガニック製品。配合されているのは以下の成分のみ。
 

有機濃縮ソープベリーナッツ、有機ソイビーン(豆)グリセリン、有機ココナッツビネガー、有機ユーカリ&オレンジエッセンシャルオイル

また、1袋で洗濯約400回分の洗濯が可能なため、お財布にも優しいのが特徴。
 
公式サイトによると、大手メーカーの商品と比べて平均 61%も洗浄力が上回るという結果もあり、洗浄力にも自信がある洗剤と言えるでしょう。また、60度以上のお湯でさらに洗浄力がアップするとのことです。
 
購入はこちら
 

Happy Elephant

 
サスティナブルな洗剤のハッピーエレファント引用:https://www.happyelephant.jp/index.html 

  • 100%天然由来原料
  • 蛍光増白剤無配号
  • 売上の1%がマレーシア・ボルネオ島の環境保全活動に
  • 容器にバイオマスプラスチックを採用
  • 0.6リットル 880円

SARAYAの「Happy Elephant」は天然洗浄成分ソホロと、非石油系の植物性洗浄成分で作られたナチュラル洗剤。排水は微生物によって分解され、すばやく地球に還るのが特徴です。
 
また、石油系界面活性剤をはじめ、蛍光増白剤、漂白剤、合成香料、着色料は無配合。従来品に比べ2/3の使用量の濃縮タイプなので、少ない量で汚れをしっかり落としてくれます。
 
購入はこちら
 

自然洗剤「Birds(バード)」

 
自然洗剤のバード引用:https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4510
 

  • 天然成分のみを使用
  • 生分解性99,9%以上
  • 果物・野菜も洗える
  • 1リットル 2,640円

自然洗剤バードは、衣・食・住全てのシーンで使える洗剤。合成化学物質を使用せず、天然由来で安全な原料のみを使用しています。
 
その証拠に、Birdsは哺乳瓶をはじめ、果物や野菜の洗浄にも使用可能。
 
99,9%の生分解性を誇り、川や海の生態系にも優しいのが特徴です。
 
購入はこちら
 

【番外編】洗濯マグちゃん

 
洗濯MAGチャン
 
最後に番外編として、「洗濯マグちゃん」を紹介します。
 
「洗濯マグちゃん」は洗剤ではなく、マグネシウムの力で汚れを落とす製品。洗剤を使う必要がないことから、多くの方に支持されています。
 
もちろん、合成界面活性剤や蛍光増白剤含まれていません。
 
ただ、その効果については、議論が交わされているところでもあり、断定はできませんが、愛用者が多い製品として紹介いたします。
 
購入はこちら
 

おわりに。

 
当記事では、エコ洗剤を選ぶ基準を紹介し、編集部おすすめの洗剤を6つと、番外編として洗剤ではないけど、洗濯に使えるグッズを紹介しました。
 
日々の生活に関わるからこそ、環境や川・海の生き物に配慮したエコ洗剤を利用したいものです。
 
お気に入りの洗剤を見つけるための参考になっていれば嬉しく思います。
 
また、Instagramでも「地球一個分の暮らし」をテーマに毎日、情報発信しております。こちらもフォローしていただけますと幸いです。
 
それでは、最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。
 

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。