こだわりのエシカルブランド25選。世界で広がりを見せるエシカルな選択肢

エシカル

最近、消費活動でもエシカルな選択肢が広がりを見せていますが、どのようなエシカルなブランドがあるのか気になる方が多いのではないでしょうか?
 
エシカルブランドと一言でいっても、幅広いジャンルのブランドがあるため、今回はジャンル別に魅力的なエシカルなブランドを集めました。
 
エシカルジュエリー、ファッション、日用品、スイーツ、コスメ、コーヒー、食品の順番でご紹介しますので、ぜひ気になるブランドを見つけていただければ幸いです。
 

エシカルジュエリーブランド

エシカルジュエリーとは、児童労働の背景がなかったり、環境へ負担をかける製造方法に関与しなかったりするジュエリーのこと。美しい輝きを見せながら、人や社会、環境を幸せにするエシカルジュエリーのブランドをご紹介します。
 

GYPPHY/ジプフィー

エシカルジュエリーのジプフィー

  • 合成モアサナイト使用
  • 児童労働の背景がない鉱石を使用
  • フェアマインドゴールド

 
児童労働によって採掘されたり、製造の際に環境へ負担をかけたりという要素のない、合成モアサナイトを使用したエシカルジュエリー。
 
環境をいたわった宝石であること以外に、製造の背景に誰の搾取もないかたちでジュエリーを提供しているのがGYPHHYです。
 
普段付けのアクセサリーから、婚約指輪まで、幅広いジャンルのジュエリーを扱ってい流ので、ぜひチェックしてみてください。
 

PRML/プライマル

プライマルのジュエリー3種類

  • ラボグロウンダイヤモンド使用(人工ダイヤモンド)
  • 倫理的な調達
  • 環境に優しいジュエリー

プライマルがジュエリーの素材として使う、ラボグロウンダイヤモンドは、採掘する必要がない合成ダイヤモンドです。そのため、土壌の利用や炭素排出や水の使用量も少なく、従業員が安全に働ける環境が整っています。
 
搾取も環境への影響もなく、製造されたジュエリーです。カジュアルなシーンにもピッタリなジュエリーが豊富にあるため、普段使いのジュエリーを探している方におすすめです。
 

HASUNA/ハスナ

ハスナのネックレスとピアス

  • パーペチュアル(永続的な)ジュエリー
  • 透明なサプライチェーン
  • 人権、社会、環境に配慮したジュエリー

永続的に続いていく、パーペチュアルジュエリーを提供するHASUNA。倫理的な過程で製造されていることはもちろん、生産地の女性や子ども支援の活動に利益の一部が使われています。
 
環境や社会に配慮したジュエリーであり、さらに購入が社会貢献につながる、そんなジュエリーです。想いが込められたジュエリーで、毎日の気分をあげてみませんか?
 

エシカルファッションブランド

エシカルなアイテムは、服やシューズなど普段使いできるアイテムもあります。おしゃれでシンプルな魅力と一緒に、エシカルな背景まで持っているエシカルなファッションブランドをいくつか集めました。
 

ALL BIRDS/オールバーズ

オールバーズのサスティナブルスニーカー

  • サスティナブルシューズ
  • 地球に優しい素材を使用
  • 環境に配慮した製造方法

オールバーズは、エシカルに生産されたメリノウールや、ユーカリ、リサイクルペットボトルや段ボールを使用した、サスティナブルスニーカーのブランドです。
 
地球に配慮しながら、履き心地も抜群であると評判の、オールバーズのスニーカー。ラインナップも豊富なので、ぜひ見てみてください。
 

womsh/ウォムシュ

ウォムシュのエシカルスニーカー※https://www.womsh.com/it_it/scarpe_vegane/を参照

  • ヴィーガンシューズ
  • りんごからできた代替レザー使用
  • PETA認証(動物へのエシカルを認めるもの)

りんごの繊維からできた生地を、代替レザーとして使用したヴィーガンシューズ、womshのVEGAN LINE。
 
アップルレザーだけでなく、リサイクルされたコットンなど無駄がないように材料を使用しているシューズは、デザインも可愛く人気が高いラインナップです。
 
ウィメンズの種類が豊富にあるので、女性用のシューズを探している方に特におすすめです。
 

PATAGONIA/パタゴニア

CSRの権化であるパタゴニア

  • 環境保護
  • サスティナビリティ
  • オーガニックコットン
  • フェアトレード
  • アップサイクル

コットンが有害であることを発見したパタゴニアは、オーガニックのコットン使用にシフトしました。そして環境保護と、地球が持続可能な場所であり続けられるような、働きかけを行うブランドです。
 
また、「つかう責任」を重要視するパタゴニアは、Worn Wearというプログラムを通して、服の修繕を積極的に行なっています。ホームページには、ジャケットやウェアの修繕方法を掲載していて、破れたから捨てる、ではなく直して再び使うことを促すサービスです。
 
かっこよくて、環境にも優しい。デザインにも、社会貢献にもこだわりたい方は、ぜひパタゴニアの服を購入してみてはいかがでしょうか?
 

UNDERSON UNDERSON/アンダーソンアンダーソン

アンダーソンアンダーソンの肌着

  • 伝統素材の和紙を使用
  • 和紙の原料はサスティナブルな方法で栽培された木材
  • 合成化学染料は不使用

日本伝統の和紙を活用し、肌と環境に優しい肌着のブランド、UNDERSON UNDERSON。
 
日本古来の和紙という技術を活かして、最新の生地を開発しています。和紙の原料である木材もサスティナブルな方法で栽培されたものなので、地球に優しいファッションです。
 
伝統の素材を作りながら、最先端のノウハウでつくられたブランドに興味を持った方は、ぜひチェックしてみてください。
 

DELTA/デルタ

デルタが運営する未来の売店

  • エシカルファッションのセレクトショップ
  • シンプルでおしゃれなエシカルを広げる

DELTAは、多様なエシカルファッションを扱うセレクトショップです。シックで落ち着いているイメージのエシカルファッションを広げたい、という想いでFUTURE KIOSKなども開催しています。
 
環境に優しいという側面だけでなく、社会課題解決に貢献しているブランドなど、様々なエシカルファッションブランドに出会えます。
 
FUTURE KIOSK#2は2021年3月11日まで、代々木上原駅周辺のポップアップストアで開催中です。ぜひ、足を運んでみてください。
 

JW PEI/ジェーダブリューペイ

ヴィーガンハンドバック※https://jp.jwpei.com/collections/shop-all/products/gabbi-bag-ivoryを参照

  • ヴィーガンレザー
  • リサイクルプラスチック
  • サスティナブル

持続可能性とシンプルなデザインを掛け合わせ、すべての女性に似合うバッグブランド、
JW PEI。
 
素材には、ヴィーガンレザーやリサイクルプラスチックなど、環境に優しいものを使用しています。
 
クールなデザインのものが多いので、シンプルなファッションが好みの方に特におすすめです。
 

エシカル日用品ブランド

ジュエリーやファッションなどだけではなく、毎日の生活で何気なく使える日用品にもエシカルな選択肢は広がっています。普段使っている製品を、エシカルなものに変えるだけなので、とても気軽な社会貢献です。
 

DAVIDs/デイヴィッズ

ヴィーガンでオーガニックな歯磨き粉

  • リサイクル可能な金属製チューブ使用
  • パッケージはFSC認証済みの紙を使用
  • 動物実験の背景なし
  • Vegan(動物性原料不使用)

Davidsは100%天然原料だけを使用し、リサイクル可能な金属製のチューブに入ったエシカルな歯磨き粉です。
 
Davidsの創業者は、天然と記載があるにも関わらず、化学物質を多く含んだ歯磨き粉に出会った経験から、真のナチュラルな歯磨き粉をつくりました。
 
カラダにも地球にも優しい歯磨き粉を探している方に、ぜひおすすめいたします。
 

Etique/エティーク

エティークのソープバー(石鹸)

  • サスティナブルに生産され、生分解性
  • 動物実験を行っていない
  • パーム油不使用
  • フェアトレード

原料から始まり、パッケージまで、その全てが持続可能である固形バー製品のEtique。
 
石鹸などに含まれがちな、パーム油という環境破壊の原因である成分を使用していない、環境に優しい石鹸です。
 
従来だと、シャンプーからボディーソープまでポンプ型のプラスチック容器に入っているのを想像しがちですが、Ertiqueは容器を使用しない固形のかたちで販売しています。
 
日々の生活からゴミの量を減らしたいと考える人におすすめです。
 

SARAYA/サラヤ

RSPO認証マークがついたSARAYAの持続的な洗剤※https://www.saraya.com/csr/env/rspo.htmlを参照

  • サスティナブルなパーム油
  • RSPO認証

SARAYAは日本の大手洗剤ブランド。持続可能な方法でのみ栽培されたパーム油を使用し環境に配慮した商品をつくっています。
 
日常で使うもので、知らず知らずのうちに環境へ負担をかけてしまうことがない商品です。ドラッグストアやスーパー、コンビニなどで販売されているので、ぜひ探してみてください。
 

エシカルスイーツブランド

ちょっとしたプレゼントから、バレンタインにホワイトデーまで。大切なあの人に贈るスイーツでも、自分へのご褒美のチョコレートでも、エシカルなスイーツの種類が豊富に増えてきています。
 

People Tree/ピープルツリー

people treeチョコレート※https://www.peopletree.co.jp/choco/index.htmlを参照

  • フェアトレード
  • 乳化剤・着色料・保存剤不使用
  • オーガニックチョコレート

ピープルツリーは、フェアトレードでカカオバター100%使用のチョコレートバーを提供するブランドです。
 
植物性油を一切使わずに、純粋なココアバターを100%使用しているため、気温が高くチョコが溶けやすい春夏には出回らない、秋冬の季節限定チョコレートです。
 
また、カカオ豆を輸入している農園では、アグロフォレストリーという持続可能な方法でカカオ豆の栽培が行われています。パッケージのデザイン性も高いため、プレゼントにもぴったりです。
 

祇園イリゼ茶寮

祇園イリゼ茶寮のマカロン※https://gioniriser.thebase.in/items/39433625を参照

  • 本格ヴィーガンスイーツ
  • 動物性原料不使用

本格ヴィーガンスイーツのブランド、祇園イリゼ茶寮。動物性の原料を一切使用しないかたちで、高品質のスイーツを生産しています。
 
ヴィーガンマカロンやヴィーガンバターサンド、ボタニカルアイスクリームなどを販売。ヴィーガンの方だけでなく、卵や乳製品が苦手だったり、アレルギーがある方でも楽しんでもらえるスイーツを提供しています。
 

エシカルアルコールブランド

余剰として発生する酒粕や、パンの耳などをアップサイクルしてつくられたエシカルなアルコールをご紹介します。フードロスを削減する画期的なアイディアです。

エシカルスピリッツ

エシカルスピリッツ※https://shop.ethicalspirits.jp/products/cacao-ethiqueを参照

  • 余った材料をアップサイクル
  • 酒粕をリユース
  • お酒のアップサイクル

お酒のアップサイクルブランド、エシカルスピリッツは余ってしまうビールや日本酒の生産過程で発生する酒粕などを活用し、ジンをつくっています。
 
循環経済を可能にする蒸留プラットフォームをテーマに、フードロスを削減するアイディアで新たな価値を提供するアルコールブランドです。
 

bread/ブレッド

パンの耳をアップサイクルしたビール

  • パンの耳をアップサイクルしたビール
  • ゼロウェイスト
  • 社会貢献活動に寄付

bread beerは、bricolage bread & co.とアップサイクル団体530weekの共同で開発された、パンの耳をアップサイクル(捨てられるはずのものに新しい価値を生み出すこと)したビール。
 
ベーカリーカフェで毎日出てしまうパンの耳を、廃棄するのではなく、何か新たな価値として人に届けるために開発されたビールです。
 

エシカルコスメブランド

気分が上がるコスメで、自分を美しくするだけでなく、社会の幸せにまで繋がるエシカルコスメ。オーガニックな特徴だけでなく、ヴィーガン対応のコスメなどさまざまなラインナップをご紹介いたします。

LUSH/ラッシュ

Fairly Traded Honey: Fair trade Honey

  • オーガニック
  • ハンドメイドでの製造
  • ベジタリアン対応
  • クルエルティーフリー
  • プラスチック容器の100%リサイクル

LUSHは100%自然由来の原料にこだわり、製造もハンドメイドで行うエシカルコスメブランドです。すでに全ての商品がベジタリアン対応で、一部の商品はさらにヴィーガンにも対応しています。
 
また、クルエルティフリーも徹底しており、動物実験反対活動を行っているブランドです。
 
その他にも、チャリティ活動を行ったり、プラスチックの包装を避けた「ネイキッド」というラインナップを登場させたり、プラスチック容器の100%リサイクルなど、エシカルでサステナブルな活動に注力しています。
 

Lalitpur/ラリトプール

エシカルな石鹸、らりとぷーる※https://www.lalitpur.jp/を参照

  • 女性支援
  • オーガニック
  • 資源ロス削減

Lalitpurがエシカルなコスメブランドである最大の特徴は、ネパールの人身売買被害者の女性雇用創出と自尊心回復に取り組んでいるという点です。
 
また、ネパール初のオーガニック石鹸ブランドであることも、特徴の1つ。ネパールの女性が、1つ1つ丁寧に製造する石鹸には、さまざまな想いとストーリーが込められています。
 
ロスをなくすために、注文された分だけ製造することも、エシカルである側面です。
 

Ace of Air/エースオブエアー

容器を貸し出すサスティナブルブランド※https://aceofair.com/を参照

  • ゼロウェイスト
  • ヴィーガンコスメ
  • フェアトレード成分使用

Ace of Airは、容器のゴミを発生させない、ゼロウェイストなコスメブランドです。化粧品を購入する際に、容器を借りるというシステムを導入することで、毎回廃棄されるゴミを減らしました。
 
それだけではなく、ヴィーガン、フェアトレード、カーボンニュートラルの輸送、クルエルティーフリーなど、様々なエシカルな特徴を持つコスメブランドです。
 

エシカルコーヒーブランド

フェアトレードで人や社会に優しく、環境にまで配慮した栽培方法を行うエシカルなコーヒーブランドをいくつかご紹介します。
 

BIKAS COFFEE/ビカスコーヒー

ネパールのハルパン村で撮影したbikascoffeeとビカスコーヒーステッカー

  • フェアトレード
  • ネパールのコミュニティ支援
  • ソーシャルアクション

BIKAS COFFEEは、ネパールのある村からフェアトレードで仕入れたコーヒー豆を販売するブランドです。
 
ネパールの村から、出稼ぎに行くための人口流出を抑え、適切な価格を農家に支払う、エシカルなコーヒーです。また、一杯のフェアトレードコーヒーを買うことが、社会貢献になるという気軽なソーシャルアクションであるという側面もあります。
 

imperfect/インパーフェクト

エシカルコーヒーとエシカルチョコストア

  • フェアトレード
  • 生産地支援の取り組み

imperfectは、フェアトレードのコーヒー豆や、カカオ豆などを仕入れ、カフェドリンクやチョコレートを提供しているブランドです。
 
生産地の生物多様性を守る活動であったり、女性支援、そして農家支援のための活動など、フェアトレードを超えて社会を豊かにするアクションを行うimperfect。
 
店頭で、コーヒーやチョコを買うと、支援したいプロジェクトに投票ができ、最も支持の多かったプロジェクトに支援金が渡る仕組みになっています。
 

sure.coffee/シュアコーヒー

インドネシアの環境問題と貧困を解決するフェアトレードコーヒー

  • フェアトレード
  • インドネシアの農家支援
  • 気候変動への取り組み

インドネシアのフェアトレードコーヒーを日本で販売することで、農家の貧困問題解決に取り組むのが、sure.coffeeです。
 
対等な価格でコーヒーを仕入れるだけでなく、気候変動に強い農作物の栽培を勧めるなど、社会と環境の両方に良い活動を行っています。
 

エシカル食品ブランド

ヴィーガンの食品や、代替肉など、日々の食事からエシカルな社会貢献をできる選択肢が増えてきています。エシカルという魅力だけでなく、美味しいと評判の食品ブランドを厳選して集めました。
 

T’sたんたん

ヴィーガンラーメンショップ※http://ts-restaurant.jp/tantan/を参照

  • ヴィーガンラーメン
  • 植物性食材不使用

植物性の食材を一切使わないラーメンを提供するT’sたんたん。まるでお肉のような食感と味の大豆ミートと一緒に、環境に優しいラーメンを体験できます。
 
店頭で食べられるラーメンだけでなく、vegan noodlesというヴィーガンのカップ麺も人気のブランドです。
 

NEXT MEATS/ネクストミーツ

NEXT MEATSのアクセラレータープログラム

  • 代替肉
  • 環境問題解決

NEXT MEATSは、代替肉を日本社会に広める食品ブランド。動物性の食材を一切使わずに、お肉を再現した代替肉を主に販売するブランドです。
 
環境問題を解決する可能性を秘めた、代替肉に期待が高まっています。
 

Ain Soph/アインソフ

アインソフのパンケーキ※ain-soph.jp/product-page/冷凍-天上のヴィーガンパンケーキ-heavenly-vegan-pancakes-frozenを参照

  • ヴィーガンレストラン
  • ヴィーガンスイーツオンラインストア

東京、そして京都に、いくつか店舗を持つヴィーガンレストランのAin Soph。
 
植物性の食材だけをつかった、天上のパンケーキや、ヴィーガンランチ、ヴィーガンコースなど、ヴィーガンのメニューが豊富にあります。
 
ここまでご紹介したように、エシカルなブランドは近年増加しています。日常において、エシカルな選択肢が多く見られるようになった背景として、どんな状況があるのでしょうか?
 
最後に、エシカルブランドが広がりを見せる理由について、ご説明いたします。
 

エシカルブランドが広がりを見せるのはなぜか

近年、エシカルなブランドは、欧米に限らず日本社会にも広がりを見せています。大きなきっかけは、SDGsの発表。それ以外にも製造の背景に、いくつもの搾取や知られざる事実が明らかになったことで、倫理的であることが再考され始めました。
 

SDGsの発表により社会に良い側面が重要視される

2015年、国連によってSDGs(持続的な開発目標)が発表されたことが、製造の裏に搾取があるモノやサービスが見直されるきっかけとなりました。
 
ESG投資という、社会貢献性の高い事業を行う企業への投資が活性化したことで、多くの企業が人や社会、環境に優しい事業を始めたという経緯もあります。
 
SDGs(持続可能な開発目標)については、こちらの記事へどうぞ。
 

ファストファッション業界史上最悪の事故

2013年に発生した、ファストファッション業界史上最悪の事故、ラナプラザ崩落事故により、途上国における搾取の現実が浮き彫りなりました。
 
大手ファストファッションブランドを含んだ、いくつかの繊維工場が入所していたビルが一気に崩れたことで4000人を超える死傷者が出た事故です。
 
安くて魅力的なファストファッションの裏側を見直し、エシカルなファッションにシフトするきっかけとなりました。
 
ラナプラザ崩落事故に関する情報はこちら
 

児童労働の背景

ダイヤモンド発掘や繊維工場、マイカ採掘現場に綿花農園など、児童労働はいまだに残っています。
 
それも、ダイヤモンドは嗜好品であり、綺麗な輝きを見せる裏には児童労働の現状があることが問題視されました。環境に配慮するエシカルだけでなく、人の搾取もない商品を買おうという傾向に繋がる現状でした。
 
児童労働に関して、詳しく知りたい方はこちらの記事へどうぞ。
 

環境汚染と地球温暖化

気候変動や気温上昇など、異常気象の引き金となり、甚大な被害をもたらす天災が頻繁に起こる現在。「あと4年」という言葉があるように、地球を持続可能な場所として残すためには、今が分岐点です。
 
これ以上の地球温暖化を防ぐためにも、環境に優しいエシカルな商品が注目されてきています。
 

さいごに。エシカルブランドを選ぶことは、気軽な社会貢献。

今回は、人や社会、環境に配慮できる商品を扱うエシカルブランドをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
 
近年、エシカルな商品を扱うブランドは増えてきているため、生活の中でエシカルな選択をできる機会が広がってきています。
 
全ての消費で意識をし、完璧なエシカルを目指さなければいけないわけでなく、ひとつの消費でも、幸せをつくることに繋がるエシカルな消費。
 
日常の中で、少しでもエシカルなブランドを選んで消費をすることは、立派な社会貢献ですので、本記事がお気に入りのエシカルブランドに出会うきっかけとなっていれば幸いです。

               
ライター:Ayaka Sato
Ethical Choiceのインターン。自分のアクションで、地球のどこかの誰かが幸せになってくれる、そんな未来を描いて日々奮闘中。
クリップボードにコピーしました。