【保存版】エシカルな選択77選|倫理的な消費の例や日常でできること一覧

エシカル

エシカルな行動をしたいが、何をすればいいかわからない。
すでにいくつか取り組んでいるが、他にできることがないか気になる。
 
そのようにお思いの方のために、Ethical Choice編集部メンバーが実際に行っていることや、様々な本や映画で言われているエシカルな選択を、シーン別に77つ集めました。
 
これからエシカルに取り組む方は、ぜひスターターガイドとして見ていただければと思いますし、すでに取り組まれている方は、チェックリストとして活用いただければと思います。
 
世の中は1人ひとりのエシカルな選択(エシカルチョイス)で変わります。
 
完璧にやる必要はありません。
 
まずはできることから取り組むきっかけになれば幸いです。
 

はじめに

77もできることがあるならどれから始めよう。
 
そんな迷いがないように、実践にかかる時間やコスト、挑戦のしやすさなどを考えながら、編集部独自の視点で各アクションの手軽さを星マークで表しています。
 

★☆☆
★★☆
★★★

 
星マークのレベルに沿って、エシカルな生活を始めようとする方や、もっとエシカルなアクションがないか探している方など、ご自身の状況に合わせて実践できそうなアクションを判断できます。
 
また、77のエシカルな選択は下記のような順でまとめているので、気になるセクションから読み進めてみてください。
 
消費のアイディア

家でできること

外出時にできること

日常のアイディア
 
では、シーンごとにできるエシカルな行動を想像しながら、楽しんで読んでいただければと思います!
 

消費のアイディア

『購入は投票である』という言葉をご存知でしょうか?
 
社会や環境に優しいモノ・コトを消費することは、よりよい未来をつくる投票。こちらでは、エシカルな消費の例をご紹介いたします。
 

エシカルにファッションを楽しむ

fashion-revolution-rana-plaza
おしゃれをするなら、労働者・社会・環境に配慮しながら楽しんでみてはいかがでしょうか?服やアクセサリーなどを選ぶ際にできるエシカルアクションをいくつかご紹介いたします。
 

1. 新品の服は30回着る ★☆☆

『30wears』という取り組み。30回というと普通に思えるかもしれませんが、1シーズン(4か月)に5回しか着用しない場合、30回着用するまで6年かかる計算になります。意外と30回着ることは簡単ではないので、ぜひ新品の服を買う際に30回着るかどうかを考えてから買ってみてはいかがでしょうか?
 

2. 服のシェアリングサービスを使う ★★☆

中古を買うだけでなく、共有しあうこともアイディアのひとつ。ついつい違う服を着たくなるけど、環境や社会をおもいやりたい人には、おすすめです。最近は、スマホひとつあれば活用できるサービスが登場しているので、ぜひ使ってみてください。
 

3. 古着から選ぶ ★☆☆

エシカルファッションのブランドから購入することだけでなく、古着を積極的に選ぶことも、1着1着を長く楽しむアイディアです。着なくなったからといって、すぐに廃棄せずに、古着として再利用する選択をすれば、資源の無駄がなくなります。
 

4. アパレルブランドの衣類回収ボックスを活用する ★☆☆

ユニクロやZARAなど、店頭には着なくなったアパレルを集める回収ボックスが。途上国に支援したり、再利用したりするこの取り組みは徐々に広がっています。ブランドの指定がない場合もあるので、不要な服は捨てずに、店頭に持ち寄ってみてください。
 

5. フリマアプリを使う ★☆☆

ファッションを楽しむ時に、フリマアプリを活用しながら欲しい服を購入することもひとつのエシカルアクション。新品を店頭で買うのではなく、1着の寿命をできるだけ伸ばしてみましょう。店頭に行く時間がない方でも、スマホさえあれば利用できるのでおすすめいたします。
 

6. 人や環境に優しい洋服を選ぶ ★★☆

不適切な労働環境で働く人や、アパレル産業によって傷つけられる環境を守ることができるのが、『人や社会、地球に優しい』エシカルファッション。
 
エシカルファッションについては、下記の記事でより詳しく解説しているので、人や環境に配慮しながらオシャレを楽しみたい方はぜひご一読ください。
 
エシカルファッションの詳細記事
 

エシカルなショッピングでできること

Ethically Shopping is fun
スーパーやデパート。ふとしたお買い物でも、エシカルな行動を実践できます。日常のなかで、エシカルなショッピングを楽しめるアイディアをご紹介します。
 

7. プレゼントはエシカルギフトを贈る ★★☆

生産に関わる人や環境に配慮したエシカルギフトなら、贈る側も、貰う側も、そして商品に関わるすべての人を幸せにすることができます。
 
エシカルギフトを贈りたいけれど、どのようなものを選べばいいかわからないという方は、おすすめのエシカルギフトをご紹介したページをご覧になってください。
 
エシカルギフトをご紹介した記事
 

8. プレゼントのラッピングを断る ★☆☆

プレゼントのラッピングは、開封したらすぐ捨てられてしまうのに、紙やリボンなど多くの資源が使われています。エシカルなギフトを選ぶ以外に、ラッピングを断ることで資源の消費を削減できるので、試してみてください。
 

9. 過剰包装の商品は避けて消費する ★☆☆

過剰な包装を避け、消費される資源をなるべく減らすために、ゼロウェイストな消費を心がけてみませんか?量り売りのお店『バルクショップ』では、容器を持参するとゴミを出さずにお買い物を楽しめ、必要な分だけ購入できるので、無駄を少なくできることが特徴です。   
 

10. 廃棄から近いものを消費する ★☆☆

不揃い商品やおつとめ商品と買ったり、すぐに消費する場合は消費・賞味期限が近いものを消費してみてください。廃棄に近い食材を減らすと、フードロス(食品ロス)を削減することができます。
 
日本のフードロスの現状は世界でも深刻なのですが、詳しく知りたい方は下記を確認してみてください。
 
フードロスについて
 

11. 代替レザーを使用した商品を買う ★★☆

パイナップルレザーやアップルレザー、サボテンレザーなど、植物性のレザーの選択肢が増えてきています。動物の搾取がない代替レザーを楽しむことは、動物愛護のひとつです。動物の犠牲がないアイテムを楽しみましょう。
 

12. モノの背景を考えて消費する ★★☆

商品の背景までを考えて、消費する商品を選ぶこともエシカルな消費例。海や森を守るマークなど、エシカルな認証マークにはそれぞれ意味があり、エシカルな商品を判断する基準になるので、買い物の際に確認してみてはいかがでしょうか?
 
エシカルな商品を判断する認証マークは、こちらの記事で詳しく解説しているので、気になった方はぜひご一読ください。
 
エシカルな認証マーク
 

13. アップサイクルの商品を消費する ★★☆

古くなってしまったり、捨てられるはずだったりする素材や製品に、新しい価値や想いを吹き込み、生まれ変わらせる『アップサイクル』。廃棄予定のものを有効活用することで、捨てられる資源を削減できます。
 

エシカルに美容やコスメを楽しむ

自然由来のナチュラルコスメ
ヘアメイクなどの美容を楽しむためにも、増えてきているエシカルな選択肢。美容というジャンルでできるエシカルなアクションをご紹介します。
 

14. マイカ(雲母)を使用するコスメを避ける ★★☆

マイカは、採掘の段階で児童労働の背景がある場合が多い素材です。キラキラと輝くラメになるマイカは、ほとんどのコスメに使われていますが、マイカフリーのコスメを選択することが、児童労働の解決に貢献できます。
 

15. クルエルティーフリーの化粧品を選ぶ ★★☆

エシカルに美容を楽しむなら、クルエルティーフリー(動物実験がおこなわれていない)化粧品を選ぶこともひとつ。動物犠牲がないコスメを楽しむためには、クルエルティフリーマークを基準に商品を選んでみてください。
 
クルエルティーフリーの概念は、下記の記事で詳しくご説明しています。
 
クルエルティーフリーの記事
 

16. オーガニック・エシカルなコスメを選ぶ ★★☆

オーガニックでエシカルなコスメの選択肢は増えてきています。人のカラダや土壌に優しい他に、容器を使い回すことで消費される資源を減らす化粧品も登場。性能やデザインも優れたものが多いので、地球が喜ぶコスメを選択してみましょう。
 

17. オーガニック・エシカルのカラー剤で髪を染める・シャンプーリンス使用 ★★☆

オーガニックやエシカルな製品はコスメだけでなく、カラー剤やシャンプ―リンスなどもあります。動物犠牲や環境への負担を少しでも減らしたい方は、エシカルな製品や施術を受けられる美容院を選ぶことをおすすめいたします。
 

家でできること

次に、自宅で簡単にできるエシカルアクションを集めました。人や社会、環境を思いやりながら、幸せに暮らすライフスタイルをご提案いたします。
 

自宅でできるエシカルなアクション

コンポスト
お家で実践できるエシカルなアクション。今日すぐに実践できるものも多いので、ぜひ試してみてください。

18. コンポストを取り入れる ★★☆

生ごみが出たら、コンポストで肥料化することで、ごみを再利用できます。生ごみを捨てる手間や資源を削減することはもちろん、堆肥を家庭菜園に活用することも可能。気軽なエコ活動として、おすすめいたします。
 

19. 再生可能エネルギー(再エネ)を使用する ★★★

再エネ100%使用の電力にシフトすることを、パワーシフトと言います。従来の火力発電ではCO2排出量が問題になっていますが、地球に優しい方法で電力を使用するために、再エネを使用することがおすすめ。
 
再エネだけを扱う『ハチドリ電力』責任者の小野さんにインタビューをおこなったので、気になる方はご一読ください。
 
ハチドリ電力責任者の小野さんへのインタビュー記事
 

20. できるだけ自炊する ★☆☆

既製品ではなく、できるだけ自炊をすることも、節約になりますし、エシカルでもある行動。コンビニ弁当や既製食品は包装に資源が使われているため、なるべく資源を節約できる自炊をおすすめします。
 

21. 使っていないコンセントは抜く ★☆☆

電気製品を使用していなくても、コンセントを挿したままでいると、待機電力が発生します。無意識のうちに、資源を使用することを避けるため、外出時や使用しない時はコンセントを抜くことがおすすめです。
 

22. 水洗トイレは『小』を使うように意識する ★☆☆

水洗トイレは小ボタンやレバーでも、十分に流せることが多いため、節水にもなる『小』で流すようにしましょう。現在、世界的に水不足が深刻化しているため、水の使用について考えるべきなのです。
 
水不足の現状などをご説明した記事があるので、水の大切さを振り返るためにも、ぜひ読んみてください。
 
水不足について詳細を説明した記事
 

23. 地産地消の野菜や食材を楽しむ ★☆☆

地産地消の食材を楽しむことは、地域の環境を守る活動の1つ。地産地消の食材を消費すれば、食材を運ぶためのCO2排出量を削減でき、生産者と消費者が繋がり地域を活性化させることができるというメリットがあります。
 

24. ゴミの分別はしっかりとおこなう ★☆☆

ゴミの分別をきちんとおこなう。当たり前のように思えるかもしれませんが、決まりに従わずに廃棄すると、本来リサイクルできるはずの素材が活かされません。各自治体の方法に従って、分別することから始めましょう。
 

25. 漂白剤不使用のティッシュやペーパーを使う ★★☆

ティッシュペーパーやトイレットペーパー、ハンドペーパーなど、色が白いのには理由があります。その理由とは、漂白剤。大量の水と薬品を使い漂白された製品に比べ、無漂白の紙は有害な水や薬品を消費しないため、環境に優しい製品です。
 

26. 不要なモノは譲るか、中古ショップに預ける ★★☆

不要だからと言って、すぐに廃棄するのではなく、中古ショップやセカンドハンドストアに預けることでモノの寿命を伸ばすことができます。捨てる前に、必要としている人・場所がないのか、もう一度検討してみてください。
 

エシカルな食生活を送るためにできること

植物由来の食生活を
ヴィーガン、べジタリアン、ぺスカタリアンなど、バラエティ豊かな食生活の選択肢があります。環境や社会問題、そして動物愛護の視点など動機は様々だと思いますが、ぜひ自分に合う食生活でのエシカルアクションを見つけてみてください。
 

27. 週に1回お肉の消費を休んでみる ★☆☆

完璧なヴィーガンでなくても、環境への負担を減らすには、週に1回だけお肉を食べないことも効果的。例えば、月曜日だけお肉を摂取しない『ミートフリーマンデー』があります。
 
畜産は環境問題の大きな原因。どのような影響をもたらしているか気になる方は、こちらの記事を読んでください。
 
畜産と環境問題について説明した記事
 

28. ヴィーガンの料理にチャレンジする ★★☆

ヴィーガンの料理にチャレンジしたい方は、ヴィーガン料理を集めたレシピプラットフォームや、ヴィーガン料理専用のキットを活用ください。先ほどもお伝えした通り、動物性ではなく植物性の食事を選ぶことは環境を守る行動です。
 
ヴィーガンレシピの掲載サイト『vcook』の代表、工藤さんにお話しを伺いました。ヴィーガン料理を知りたい方や挑戦したい方におすすめの記事です。
 
VCOOK代表の工藤さんにインタビューした記事
 

29. 植物性ミルクにする★☆☆

最近は、豆乳以外にも、オーツミルクやアーモンドミルク、ライスミルクなど選択の幅が広がっています。ミルクも同様に、植物性の商品を選ぶことが環境問題を解決する一助に。
 
カフェでも植物性ミルクをオーダーできるので、牛乳をなるべく避けたい人は試してみてください。
 

30. フードロスをなくす★☆☆

環境負荷が少なく、動物犠牲も出さない選択をメインにご紹介しましたが、食事の際にフードロス(食べ残し)をしないというエシカルなアクションもあります。食べ残しをしないようにするだけの、簡単な行動です。
 

31. ソイプロテインにする ★☆☆

プロテインも動物性のホエイプロテインだけでなく、大豆がベースのソイプロテインがあります。植物からもタンパク質を摂取することができるので、体を整えたいけれど動物性のプロテインは避けたいという方におすすめです。
 

32. 代替肉を選ぶ★★☆

次々と登場する、まるでお肉のような食感や風味の代替肉。牛肉だけでなく、鶏肉や豚肉のような代替肉など、豊富なラインナップが開発されています。地球を守りながら、お肉のような味わいを楽しめる代替肉はいかがでしょうか?
 
代替肉として人気が急上昇中の『ネクストミーツ』代表、佐々木さんにお話をうかがいました。代替肉で地球を救う、その想いを、ぜひご一読ください。
 
ネクストミーツ代表の佐々木さんにインタビューした記事
 

お風呂場でできるエシカルな取り組み

Zero Waste Home Product for Bathroom
バスタイムや洗濯、歯磨きなどお風呂場でできるエシカルアクションをご紹介します。水を使う場所からは、排水溝を通って海や川に成分が流れ出すリスクがあるので、気を付けてみてください。
 

33. マイクロビーズ流出を防ぐ洗濯ネットを使用する ★★☆

海底に積もっていくマイクロビーズ(プラスチックの一種)。魚の体内に蓄積され、私たちも摂取しているリスクがあります。微細なプラスチックを通さない特殊な洗濯ネットを使えは、流出を防げますので、試してみてください。
 

34. 竹の歯ブラシにする ★★☆

歯ブラシの持ち手には、プラスチックが使用されている場合が多いですが、竹歯ブラシにするというアクションがあります。日々のプラスチック製品の使用を減らすことで、プラスチックフリーに貢献できるエシカル消費です。
 

35. エシカルな歯磨き粉にする ★★☆

歯磨きの時間は、歯ブラシを竹素材に変更するだけでなく、ヴィーガンやオーガニック、プラスチックフリーの歯磨き粉を使う方法も。カラダにも優しく、海洋保護にもなるので、おすすめいたします。
 

36. 洗剤やシャンプーは詰め替えする ★☆☆

容器入りの洗剤やシャンプーを使うなら、なるべく詰め替えるようにすることで、ゴミの排出を減らせます。色んな種類を楽しみたい人は、使いまわせる専用の容器を用意しておくといいですね。
 

37. 固形のシャンプーを使う ★★☆

固形のシャンプーを使うことは、シャンプーを入れるプラスチック容器を削減することに繋がります。また、自然由来の成分を使用した固形シャンプーもあるため、頭皮にも環境にも優しいシャンプーを楽しめます。
 

38. マイクロビーズフリーの洗剤にする ★★☆

洗濯用洗剤にも、マイクロプラスチックビーズという微小なプラスチックが含まれている場合が多いです。海や川に流出すると、海洋の生物や環境を傷つけてしまうのため、マイクロビーズフリーの洗剤を選んでみてください。
 

キッチンでできるエシカルアクション

Eco-friendly Kitchen Products: cooking
キッチンの場合、環境や社会に気を遣うだけでなく、自分の体内もケアしてあげるアクションがおすすめです。自分を思いやりながら、地球への貢献にも繋がる行動をいくつかご紹介します。
 

39.繰り返し使えるラップにする ★☆☆

プラスチックのゴミが、都度発生してしまうラップの使用。最近だと、蜜蝋からつくられた再利用できるラップがあるので、ちょっとした消費を減らせる蜜蝋ラップの使用をおすすめいたします。
 

40. 繰り返し使える容器を使う ★☆☆

プラスチック容器など、日々のプラスチック消費を減らすためにもシリコン容器や食器などを使いましょう。プラスチックの消費は、環境への被害だけでなく、BPAという有害な化学物質を体内に摂取するリスクがあります。
 

41. 天然素材のスポンジを使う ★☆☆

プラスチック製のスポンジではなく、天然素材でつくられたスポンジを使用することで、プラスチックフリーを実現できます。また、植物のヘチマは使用後も燃やせることから、ヘチマたわしも環境に優しいアイテムです。
 

42. 日々のペットボトル消費を抑える ★☆☆

一人暮らしの方は特に、浄水器がないとペットボトルの水を消費する機会が多いのではないでしょうか?簡易的な浄水器があれば、手軽に、ゴミを出さずに、清潔な水を楽しめます。日常で、ペットボトルの消費量を減らすアイディアです。
 

43. リボべジ(リボーンベジタブル)をおこなう ★☆☆

1度消費した豆苗や、大根のへたなどを、キッチンで育てると1つの野菜を何度でも楽しめます。食材という資源を、何度も活用できるおすすめのアイディアです。
 

外出時にできること

外出先では、ちょっとした消費が多くなるのではないでしょうか?お出かけの際に、外出時でも簡単にできる、エシカルなアクションをいくつかご紹介します。
 

お出かけの際に実践したいエシカル

カフェで使い捨て製品を使わない
カフェや移動の際にやってみたいエシカルなアクションを集めました。
 

44. カフェで使い捨てカップではなくマグカップにしてもらう ★☆☆

カフェの店内利用で、マイボトルを忘れてしまった時は、マグカップにすることができるか聞いてみましょう。1回のコップ消費ですが、少しの資源消費を減らすことが貢献に繋がります。
 

45. 急な雨にはカサのシェアサービスを使う ★★☆

急な雨の旅にコンビニ傘を買っていたら、家がビニールカサだらけなんて経験ありませんか?そんな時は、駅やデパートなどにあるシェアリングサービスを使ってみてください。
 
国内では、1日70円でカサが使えるサービス『アイカサ』があります。アイカサの代表である、丸川さんにインタビューをおこなったので、ぜひご一読ください。
 
アイカサ代表の丸川さんへのインタビュー記事
 

46. スマホ充電にはバッテリーのシェアサービスを使う ★★☆

大事な時に限って、スマホの充電がない。スマホの充電器も忘れてしまった。
 
コンビニなどでバッテリーを新しく買うなら、バッテリーのシェアサービスを使ってみませんか?必要のない消費を避けることができるエシカルなアクションです。
 

47. 車ではなく電車・自転車を使う ★☆☆

二酸化炭素の排出を減らすため、私たちができることは移動手段を公共交通機関や、自転車を使うこと。自転車で通勤・通学できる方は、自転車に変えてみることで環境はもちろん、健康にもプラスな影響が期待できます。
 

エシカルに出張・旅行をする

カーボンオフセットをしながら旅行
出張や旅行の際は、長距離を移動するための移動手段や、宿泊施設にこだわることで、エシカルな選択を実現できます。最近は、気軽にエシカルなアクションを出張や旅行などでも選べるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。
 

48. 飛行機を使用するならカーボンオフセットをする ★★☆

飛行機を使用するときにカーボンオフセットというオプションがあります。搭乗する飛行機で、1人が排出する二酸化炭素量を、植林などの活動で埋め合わせるというもの。手頃な価格で協力できるので、ぜひ検討してみてください。
 
カーボンオフセットは難しい概念かもしれませんが、下記の記事でわかりやすくご説明しています。ぜひ、ご一読ください。
 
カーボンオフセットを説明した記事
 

49. 珍しい動物製品のお土産は避ける ★★☆

特に海外旅行の際に言えることですが、サイ角や象牙などが使用されたお土産の購入は控えましょう。動物製品が高値で売れると、乱獲が起こり、絶滅危惧種を増やすことに繋がります。
 
絶滅危惧種は、こちらの記事でわかりやすく一覧にまとめながらご紹介しています。
 
絶滅危惧種についての詳細記事
 

50. 外来種を持ち込まない ★☆☆

外来種を旅行先から日本に持ち帰ると、知らないうちに生態系に変化が起こってしまいます。大きな生き物だけでなく、植物も例外ではないので、帰る際には気を付けてみてください。
 

51. BIOホテルに宿泊する ★★★

オーガニック素材や自然との調和にこだわったBIOホテル。高い基準が定められているので、まだ日本に2か所しかありませんが、旅行の際に選んでみることもエシカルな体験になります。
 
BIOホテルに興味がある方は、より詳しく特徴や貢献などを説明した記事がありますので、見てみてください。
 
BIOホテルをご紹介した記事
 

出社時にできるエシカルな取り組み

オフィスでできるエシカルな取り組み
オフィスで気軽にできるエシカルな行動。自分で少しずつ始めながら、職場の皆さんにおすすめしてみるのもいかがでしょうか?
 

52. 紛争鉱物を使用しないPCを使う ★★★

オフィスで使うPCを、紛争鉱物を含まないPCに変えることも、提案したいエシカルアクションのひとつ。紛争の原因となる紛争鉱物の流出を抑え、平和につながる行動です。
 
エシカルPCが気になる方は、ZEROPC代表の青山さんへのインタビューをご覧になってください。
 
ZEROPC代表の青山さんへのインタビュー
 

53. オフィスイベントでゴミを減らす ★★☆

オフィスで歓迎会などのイベントをすると、どうしても出てしまう使い捨ての紙コップや紙皿、割りばしなど。なるべく洗えるお皿やカトラリー、コップを準備してもらって、出てしまうゴミを抑えましょう。
 

54. バナナペーパーで名刺をつくる ★★☆

名刺を作る際、バナナペーパーを検討してみてはいかがでしょうか?バナナペーパーは、廃棄されたバナナの皮が生まれ変わったもの。ごみを削減するアイディアで、エシカルな名刺を作成することをおすすめします。
 

55. コットンペーパーを導入する ★★☆

主に、オーガニックコットンを使用して生産した紙を使うことがエシカルなアクション。
 
東日本大震災で被災した土地に綿花を植え、復興へ貢献する東北コットンや、アフリカ・タンザニアで持続可能な農業を支援するタンザニアコットンがあります。社会に貢献できるコットンからつくられたコットンペーパーを導入してみませんか?
 

56. お弁当を作る ★☆☆

コンビニやスーパーでランチを選ぼうとすると、プラスチックで包装されたもの、ヴィーガンやベジタリアンの方には選択肢が少ないものが多いと思います。
 
そこで、お弁当をつくることはゼロウェイストで、自分の食生活に合わせることができるエシカルアクションです。
 

57. プラスチックはすすいで捨てる ★☆☆

プラスチックと燃えるごみを分別していても、プラスチックごみに汚れがついているとリサイクルできない場合があります。
 
自治体ごとに扱いが異なるので確認していただきたいのですが、きちんと洗ったプラスチックはリサイクルされる可能性が高いです。
 

エシカルな持ち物で地球を思いやる

エシカルな持ち物
ペットボトル、プラスチックストロー、ビニール袋など、使い捨て製品は山ほどあります。それらは、日々のちょっとした消費に見えるかもしれませんが、その消費を避けることもエシカルな選択です。
 
エシカルな物を持ち歩いてみる。そんな身近で、続けやすいアクションをご紹介します。すべて網羅する必要はありません。毎日できることから始めてみてください。
 

58. 大地に還る製品を選ぶ ★★☆

スマホケースをはじめとし、土に還る素材を使用した100%堆肥化可能な製品が続々と登場しています。プラスチック製品ですと自然に還りませんが、土に還る製品を選ぶことでゴミを減らすことができます。
 

59. マイボトル・マイ箸・マイストローを使う ★☆☆

コンビニでお弁当を買った時、外出先で喉が乾いた時、ついつい消費してしまう使い捨て製品。マイボトル・マイ箸・マイストローを持ち歩くと、日々のちょっとした資源の消費を抑えることができます。
 
常に持ち歩くことは難しいかもしれませんので、オフィスや学校に置いておくことをおすすめいたします。
 

60. エコバックを持ち歩く ★☆☆

有料化されたレジ袋。肝心な時に、エコバックがない。そんな経験ありませんか?エコバックを持ち歩けば、環境保護ができます。新調する必要はないので、自宅にあるバックを使ってみてください。
 
レジ袋が有料化されてどのような効果があるのか気になる。そのように感じていらっしゃる方は、下記の記事をご確認ください。
 
レジ袋の有料化に関する詳細記事
 

61. BPAフリーの製品を選ぶ ★★☆

プラスチック製品を使うと、有害な化学物質BPAを摂取するリスクがあることをご存知でしょうか?BPAとは、がんや糖尿病、心血管疾患にかかるリスクを上げる物質なので、健康に気を遣いたい方はBPAフリー製品を選びましょう。
 
BPAの摂取を避ける『BPAフリー』については、こちらの記事で詳しく説明しています。
 
BPAフリーについて詳しく説明した記事
 

62. オーガニックメッシュバッグを使用する ★★☆

オーガニックメッシュバッグは、エコバッグのようですが、オーガニックコットンを100%使用した生物分解可能なバック。野菜や果物に触れても、安全に保管できるため、ビニール袋を使用して個包装する必要がない優れものです。販売されているものを見かける場面が少ないと思いますが、手作りすることもできるので、興味のある方は試してみてください。
 

日常のアイディア

最後に、毎日少しずつできる、ちょっとしたエシカルをご紹介します。気軽に取り入れていただけるエシカルなアクションなので、『今日はこの1つをやってみよう』という気持ちで始めてみてください。
 

エシカルな過ごし方

エシカルを映画で勉強する
毎日をエシカルに過ごすなら、下記のアクションをおすすめいたします。
 

63. パートタイムヴィーガン・フレキシタリアン ★☆☆

週1回だけ肉食を控えたり、自炊の際は菜食を心がけるなど、場面に合わせて食生活を柔軟に変えるフレキシタリアン。最近は、『パートタイムヴィーガン』という言葉もあり、気軽にチャレンジすることができるので、ぜひ試してみてください。
 
フレキシタリアンについてより詳しく、そして簡単にご説明しているので、気になった方は確認してみてください。
 
フレキシタリアンについて詳しく説明した記事
 

64. 国際デーを祝う ★☆☆

アースデー、国際女性デー、世界水の日など、国際的に環境や社会問題にまつわることを広く考えるためのイベントはいくつもあります。
 
誰かにとってはただの1日かもしれませんが、国際デーを迎えたらテーマについて考えて共有することも気軽にできるエシカルです。
 

65. 映画や本で勉強する ★☆☆

畜産が環境にもたらす問題や、現代人の食生活に関してなど、知識やアイディアが深まるものが多いので、ぜひ見てみてください。鑑賞会を開いて友達とディスカッションなんかもいいですね。
 
環境問題にまつわる映画で、特におすすめな作品を下記の記事でご紹介しています。
 
環境問題、サスティナビリティがテーマの映画8選
 

66. ポジティブミニマル ★★☆

ポジティブミニマルとは、ミニマリストのなかに含まれるアイディアです。本当に必要なものによって、心を満たす考えで消費を見直すもの。安いからという理由だけで購入はせず、必要なものかどうかを考えてみましょう。
 
下記の記事で『Less is More』というあるものや必要なものを大事にする考え方をご紹介しています。ポジティブミニマルと繋がる部分があるので、興味がある方はご参照ください。
 
Less is Moreのアイディアをご紹介した記事
 

67. 自然との繋がりを感じる ★☆☆

毎日できるちょっとしたエシカルとして、皆さんにぜひおすすめしたいことが自然に触れることです。
 
森林や海を訪れる必要はなく、太陽を浴びてみたり、小さな花や観葉植物を育ててみたり、日々のなかで少しでも自然に触れることで自分と地球の繋がりを振り返ることができます。
 

ネットでエシカルな取り組みをする

検索が植林にかわるエコシア
オンラインのサービスで、エシカルに貢献できるアクションをいくつがご紹介。スマホがあれは、すぐに参加できるものなので、気軽に行動に移してみてください。
 

68. Ecosiaで検索する ★☆☆

Ecosiaは、検索するだけで植樹に貢献できる検索エンジン。日々何気なく使用する検索エンジンを、Ecosiaに変えるだけで、地球に緑を増やす貢献ができます。ちょっとした検索は、Ecosiaに変えてみませんか?
 

69. actcoinでアクションを視覚化する ★☆☆

actcoinは、ちょっとした社会貢献を視覚化できるアプリ。人や社会、環境に優しいアクションはわかりにくいかもしれませんが、actcoinを使えば、どのように行動で貢献できるか一目でわかります。
 

70. SNSで発信する ★☆☆

エシカルやサスティナブルな情報をSNSで発信することもひとつ。知識に触れる機会がないため、環境保護や社会課題に気づいてない場合もあるため、気づいたことは発信してみることもコミュニティの貢献に繋がります。
 

エシカルなプロジェクトに参加する

ビーチクリーン
エシカルな消費をすることや、日々使う製品をエシカルなモノに変える以外にも、エシカルな活動に参加するという方法があります。参加型のエシカルとして、ぜひおすすめしたいものを一覧で集めたので、気軽にできそうなものを探してみてください。
 

71. 社会貢献ができるクレジットカードを使用する ★★☆

クレジットカードを利用すると、一定の額が社会貢献の活動に寄付されるクレジットカードがいくつかあります。通常だとポイントとして貯まる分で、森林保護や難病支援など、さまざまな社会的アクションに協力できます。
 

72. ヘアドネーションをする ★★★

病気や何らかの事情でヘアウィッグを必要とする人のために、ヘアドネーションをおこなってみませんか?自分が伸ばした髪の毛で、誰かを幸せにできるアクションです。ヘアドネーションが可能な美容室かどうか、事前に確認してから訪れることをおすすめいたします。
 

73. ゴミ拾い・ビーチクリーンに参加する ★★★

街中のポイ捨てゴミを拾う活動や、プラスチックごみが行きつく海辺を清掃する『ビーチクリーン』をおこなうことは、エシカルへの参加の1例です。
 
ゴミ拾いは、ごみや毎日のゴミ消費について見つめ直す機会に。個人でも始めやすいアクションですし、団体が開催している活動に申し込むのもおすすめです。
 

74. フリーマーケットに参加する★★☆

フリーマーケットは、モノの寿命を伸ばすことができる取り組み。自分は不要だと思っても、誰かにとっては必要なモノである場合があるので、引っ越し前や大掃除の際に不要なものが多くでた時は、フリーマーケットに参加してみてください。また、新品を購入するのではなく、フリーマーケットでモノを探してみることもおすすめです。
 

75. 寄付やクラウドファンディングに参加する ★★☆

社会問題や環境問題を解決するための寄付やクラウドファンディングに参加することもエシカルなアクション。クラウドファンディングというアイディアは今や広がっており、実際に現地に行って助けることはできないけれど、プロジェクト自体は応援したいという方は、ぜひ検討してみてください。
 

76. 植林活動に参加する ★★★

ゴミ拾いに加え、参加型のエシカルである植林活動も豊かな地球を繋いでいくためにできる1つの取り組み。自然に触れながら、自らの手で植樹をおこなう経験は、環境を考える大きなきっかけになるはずです。
 

77. エシカルについて話してみる ★☆☆

活動に参加しなくとも、エシカルに関するアイディアや知識を家族や友達と離してみることも参加できるエシカル。人や社会、地球を思いやる取り組みや考え方を、ぜひシェアして広めてみてください。
 

完璧にエシカルになる必要はない。できるものから始めよう

当記事では、日々の生活のシーンごとにできるエシカルなアクションを77ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
 
77ものエシカルな行動があるからといって、すべてを完璧にする必要はありません。シーンごとに区切って、できる場面やアクションから始めてもらえればと思います。
 
例えば、キッチンはエシカルにこだわってみたり、オフィスではプラスチック消費をなるべく減らしたり、色んな場面で1つずつアクションを試してみることも1つの入り口です。
 
今回の記事が、エシカルなアクションを始めたり、イメージが深まるようなきっかけとなっていれば幸いです。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

               
ライター:Ayaka Sato
Ethical Choiceのインターン。自分のアクションで、地球のどこかの誰かが幸せになってくれる、そんな未来を描いて日々奮闘中。
クリップボードにコピーしました。