グラスフェッドとは?アニマルウェルフェアに寄り添う牧草飼育の考え方

エシカル

食に敏感な人のなかでは注目されている「グラスフェッド」。グラスフェッドとは日本語で「牧草飼育」と訳され、牧草のみを餌として飼育する方法です。
 
しかし、「何が良いの?」と気になっている人も多いでしょう。今回はグラスフェッドの概要やメリット、体への影響について解説します。
 
グラスフェッドという新たな飼育方法を知って、人にも動物にも良い選択をしましょう。
 

健康意識の高い人のなかで話題のグラスフェッドとは

 
グラスフェッドとは、牧草のみで育てる飼育方法のことです。グラスフェッドで育てられた牛は「健康的だ」と注目を浴びており、グラスフェッドビーフとしてお店に並びます。
 
牛肉の産業が盛んなニュージーランドやオーストラリア、南米などでグラスフェッドが広まっています。
 
基本的にグラスフェッドは放牧で飼育されており、エサは牧草や干し草のみ。野生の牛と同じような環境で育てることを目指しています。
 
エサを探すために広大な土地で動き回るため、従来の畜産で採用されている飼育方法よりも赤みが多く低脂肪な肉質をしているため健康志向の人に人気。
 
高タンパク・低カロリーであることから、体づくりをするアスリートにも注目される肉です。
 
牛に限らず、ジビエといわれるシカやイノシシといった自然肉も穀物は食べていないはずなので、グラスフェッドと考えられます。
 

グラスフェッドとグレインフェッドの違い

 
日本の畜産業において、ほとんどグラスフェッドは採用されていません。日本で主流な飼育方法はグレインフェッドです。カナダやアメリカもグレインフェッドが主流となっています。
 
グレインフェッドとは、人工的に配合された穀物で育てる方法のこと。畜舎で育てることが一般的です。グラスフェッドとグレインフェッドの違いをまとめましたのでご覧ください。
 

グラスフェッド グレインフェッド
エサ 牧草・干し草 トウモロコシなどの穀物
飼育場所 放牧 畜舎
運動量 多い 少ない
牛肉の質 赤身が多い 脂身が多い

 
人工的に配合された穀物は、高エネルギーで栄養バランスが良くて短期間で牛を大きく育てるのに向いています。あえて運動をさせないようにして脂肪をつかせ、カロリーの高いトウモロコシなどの穀物を与えて霜降り肉を作っているのです。
 
牧草を食べるために広野を動き回るグラスフェッドビーフと、畜舎で与えられたエサを食べるグレインフェッドでは運動量にも大きな差があり、その違いは肉質にも見られます。
 

牧草飼育の牛が注目される3つの理由

 
牧草飼育の牛が注目される3つの理由
 
高級肉といえば霜降り肉の断面をイメージする人が多いでしょう。事実、日本では長い間霜降り肉が好まれてきました。
 
しかし、近年急激にグラスフェッドが注目されるようになってきています。その理由を紐解いていきましょう。
 

糖質制限ダイエットで注目された

 
糖質制限ダイエットがブームとなったとき、注目されたのが赤身肉です。なかでも「食べると痩せる」とまで言われて注目を集めたのがグラスフェッドビーフ。
 
日本で多く流通しているグレインフェッドの牛肉は穀物を中心にしたエサを食べています。エサには多くのトウモロコシが使われており、糖質をたくさん摂ることになります。
 
しかし、グラスフェッドビーフのエサは牧草のため、糖質を抑えることが可能です。低脂質なのに高タンパクであるため、健康志向の人の間で広まっています。
 

世界的に健康意識の高い人に注目された

 
海外セレブが注目したことで、日本でも健康意識の高い人のなかで話題となった理由の1つです。アサイー、ココナッツオイル、キヌアなどのスーパーフードと同じように、健康的な食べ物を求める人が増えています。
 
グラスフェッドは人工的な資料・成長ホルモン剤・抗生物質を使わないオーガニックな飼育法です。そのため、「飼育された過程」や「口に入れるもの」を重視したい人の価値観に合います。
 
野菜の生産者の顔を見たいと考えるのと同じように、牛がどのような環境で育ったのかを重視したいと考える人が増えているのです。
 

アニマルウェルフェアの観点から良いと考えられている

 
アニマルウェルフェアの観点から、動物に寄り添いたい人の価値観に合った飼育法です。
 
アニマルウェルフェアとは、動物福祉・家畜福祉と訳され、家畜に誕生から死を迎えるまでの間出来る限りストレスを減らし健康的な生活をさせる飼育方法を目指す考え方。
 
農林水産省では、以下のように定義づけられています。
 
アニマルウェルフェアとは、動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態(1)
 
日本でもアニマルウェルフェアの考え方は徐々に広がってきており、賛同者が積極的にグラスフェッドビーフを選んでいると考えられます。
 
(1)アニマルウェルフェア|農林水産省
 

牧草飼育の牛から作られた製品

 
牧草飼育の牛から作られた製品
 
グラスフェッドの商品はグラスフェッドビーフにとどまりません。グラスフェッドで育てられた牛で作られた製品はたくさんあります。
 
日本でも購入できるグラスフェッドの牛から作られた商品を確認していきましょう。
 

グラスフェッド・ギー「GHEE EASY」

 
GHEE EASY

出典:GHEE EASY公式サイト

 
GHEE EASYとは、ヨーロッパで自然放牧された牛の乳を原料に作られたギーです。ギーとは無塩発酵バターを煮詰めて不純物を取り除いた高純度のオイルです。
 
最古の自然治療法といわれているインドの伝承医学アーユルヴェーダにおいて、ギーは重宝されてきました。事実、食用としてだけでなく、マッサージオイルや目を洗うネトラバスティにも活用されています。
 
アメリカのTIME誌が選んだ「最も健康的な食品ベスト50」(2)にも選定されており、非常に栄養価が高いです。
 
普段の炒め物の油をギーに置き換えたり、コーヒーや紅茶にティースプイーン1杯のギーを足したりと、活用法は豊富にあります。GHEE EASYの公式ホームページ(3)からギーを使った料理やレシピ集を確認できるため、ぜひ参考にしてください。
 
(2)The 50 (New) Healthiest Foods of All Time—With Recipes|TIME
(3)GHEE EASY
 

グラスフェッドバター「グランフェルマージュ」

 
Grand Fermage

出典:Grand Fermage公式サイト

 
グランフェルマージュは、無農薬で育った牧草で育った牛のミルクから作られている有機発酵バターです。EUオーガニック認証やフランスの有機質肥料で作られた商品に付けられるABマーク認証を取得しています。
 
グラスフェッドの乳牛のミルクはカロチンが高く、豊潤な香りと深いコクのある発酵バターが出来上がります。
 
一般的なバターよりも油っぽくなく、さらっとしていることも特徴的。
 
なんと、スライスしてそのまま食べることもできるほど!ワインと合わせるのもお洒落です。
 
一般的なバターと同じようにパンや料理に使うほか、バターコーヒーにもピッタリです。
 

グラスフェッドプロテイン

 
グラスフェッドプロテイン

出典:Choice Protein & Supplements公式サイト

 
グラスフェッドプロテインは、グラスフェッドで育った牛から作ったホエイプロテインです。放牧によるストレス軽減やホルモン剤不使用によって、有害物質のリスクが少ないとされています。
 
また、ベータカロテンやビタミンE、オメガ3脂肪酸などが含まれており栄養価が高いです。筋肉づくりをする人にはもちろん、健康維持を目指す人にもおすすめです。
 
Choice(4)で販売されているプロテインはすべてグラスフェッドプロテインで、添加物も入っていません。プレーンやココア、抹茶など味も豊富なため好みに合わせた風味のグラスフェッドプロテインを選べます。
 
毎日飲むものだからこそ、こだわりのグラスフェッドプロテインを選びましょう。
 
(4)Choice
 

グラスフェッドビーフが食べられる東京のレストラン

 
グラスフェッドビーフが食べられる東京のレストラン
 
「グラスフェッドビーフを一度食べてみたい」という人もいるでしょう。そこで、東京でを楽しめるレストランをご紹介!
 
ぜひ、一度赤身の多い健康的なグラスフェッドビーフを味わってくださいね。
 

アロッサ銀座店

 
銀座一丁目駅から徒歩3分にある「アロッサ銀座店」は、ニュージーランド料理専門店です。グラスフェッドビーフはもちろん、ラムやグリーンムール貝などヘルシー食材が取り揃えられています。
 
ニュージーランドと日本の食材を掛け合わせ、フレンチの技法も取り入れたお料理はワインにピッタリ。ここでしか味わえないニュージーランド料理を堪能しましょう。
 

ラステイクス

 
広尾・恵比寿にある「ラステイクス」は、インターナショナルな料理を楽しめるお店です。ニュージーランド産のグラスフェッド ビーフや熟成させたアメリカンビーフなど、さまざまな種類のお肉を楽しめます。
 
お店にはアメリカ・フランスなど各国のワインが取り揃えられており、食事に彩りを添えます。グラスフェッドビーフの通販もあるため、お取り寄せするのも良いですね。
 

Saito Farm麻布十番

 
麻布十番駅から徒歩3分の場所にある「Saito Farm麻布十番」は、美本初の牧草牛専門精肉店です。グラスフェッドビーフを広めて日本を健康にしたいという思いを持った日本機能性医学研究所所長・ドクター斎藤によって精肉店とレストランが運営されています。
 
希少な国産の牧草牛「北里八雲牛」も取り扱っており、国産牛肉にこだわりたい人にもおすすめです。
 
お店ではグランフェッドビーフのステーキをメインとしたコース料理を楽しむことができ、グラスフェッドビーフなどの食と健康に関するイベントやセミナーも開かれています。
 

さいごに。体にも動物にも優しいグラスフェッド

 
グラスフェッドとは、放飼で牧草や干し草のみをエサとする飼育方法です。
 
自由に動き回るためストレスが少なく、動物福祉に寄り添っている飼育方法と考えられています。人工的な穀物を食べさせられたり成長ホルモン剤などを使ったりせず自然に育てられるため、飼育された過程を重視して食べ物の選択ができます。
 
日本の畜産業ではまだまだ一般的でない飼育方法ですが、健康と倫理を両立させたいと考える人には積極的に支援したい方法です。
 
買い物は投票という言葉があるように、選択肢がある時は、グラスフェッドビーフや牧草牛から作られた商品を選択することで、日本でも広がっていくのではないでしょうか。
 
それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

               
ライター:Mai Yasumochi
すべての人や動物、植物が笑顔になれる世界を目指して、日々執筆。日常のエシカルな選択や情報発信がサスティナブルな地球を創ると信じています。現在、ヴィーガン生活を実践中!
クリップボードにコピーしました。