世界人道デー | 2021年のテーマと私たちにできること

エシカル

2021年、2億3,500万人の人々が人道的な支援と保護を必要とする

COVID-19、貧困、政治的紛争、気候変動などの世界的な問題を抱え、多くの人が自分を取り巻く不可避な状況に苦しんでいます。
 
さらに、これらの人道的問題は、労働者への援助を必要としていますが、これは大きなリスクを伴い、多くの人が困っている人々を救うために命をかけているのが現状です。
 
世界人道デーは、仕事中に命を落としたこれらの人道支援者に敬意を表し、また、命をかけて世界中の人々を救っている人道支援者に感謝の意を示すための国際デー。
 
では、「世界人道デー」はどのような役割を果たしているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
 

「世界人道デー」とは?

 
世界人道デーは、世界中の人道的ニーズに関する問題に焦点を当て、これらの問題で困っている人々や苦しんでいる人々の声を見つけ出し、これらのトピックを集めて、世界中のリーダーたちと国連会議で議論する日です。
 
世界人道デーは、2003年にイラクのバグダッドにあるカナル・ホテルが爆破された日に制定されており、毎年8月19日に行われています。
 
この日は、2009年に国連総会で「世界人道デー(WHD)」として正式に制定されました。
 

グローバル・ヒューマニタリアン・オーバービュー2021の報告

 
グローバル・ヒューマニタリアン・オーバービュー(GHO)は、2020年の世界的な人道的課題の評価概要であり、前年度の世界的な傾向、課題、成果を網羅しています。
 
以下は、国連が人道的ニーズに対してカバーしているグローバルな課題の一部です。

  • COVID
  • 政治的紛争
  • 飢餓
  • ジェンダー 暴力
  • 若者
  • 気候難民

報告書によると、2021年には2億3,500万人が人道的な支援や保護を必要とするとしています。昨年の数字と比較すると、わずか1年で45人に1人から33人に1人へと増加しており、これは過去数十年で最も高い数字です。
 
また、今年、国連とパートナー組織は、56カ国の1億6,000万人を支援することを目指しており、そのために350億ドルの費用がかかると予想されています。
 
この報告書では、世界的な傾向として、経済の衰退、政治的紛争と避難民、COVID-19による飢餓と健康問題、気候変動の影響を受ける脆弱な人々など、いくつかの重要な課題について述べています。
 
経済の衰退が開発の妨げになっているという点では、1998年以降低下していた貧困率がCOVIDによって上昇したことが挙げられます。また、失業率の上昇や国内生産の減少も見られました。
 
報告書は、人道的活動におけるジェンダーに基づく暴力にも焦点を当てていて、人道的な状況は男性よりも女性に影響を与えると述べられています。
 
世界的に見ても、70%の女性が人道的状況の中でジェンダーに基づく暴力を経験しており、男性よりも女性の方が紛争、避難、健康問題、自然災害に巻き込まれやすいのが現状です。
 
また、女性はジェンダーの固定観念や規範のリスクにさらされているため、ジェンダーの不平等は避けられません。
 
以上が本報告書で取り上げられている問題の一部です。報告書の詳細をお知りになりたい方は、こちらをクリックしてください。
 

2021年「世界人道デー」のテーマとは?

 
climate change action
今年のテーマでは、11月に開催される国連気候変動会議(COP26)の議題のトップに、気候変動の結果と影響を受ける人々、そして彼らの声を聞いてもらうことを強調しています。
 

気候変動と異常気象は、近年の世界的な飢餓と食料不安の増加の重要な要因です。

 
2019年、合計396件の自然災害が報告され、過去10年間の年間平均を約50件上回りました。気候変動により、1,755人の命が奪われ、約9,500万人が影響を受けています。
 
さらに、気候の急激な変化に伴い、環境、仕事、食料の供給が危険にさらされているため、貧困層や脆弱層がこの気候変動の影響をほとんど受けています。
 
世界の食料不安人口の80%以上が災害の多い国に住んでいることから、今後も被害を受ける人の数は増加すると考えられます。
 

私たちにできること

 
このような状況に対して、私たちには何ができるのでしょうか。ここでは、気軽に取れる4つのアクションをご紹介します。
 

世界人道デーのフィルムを見て、情報を広めよう

 
下記の#thehumanraceに関するフィルムを見て、ビデオをシェアし、友人や家族と一緒に気候変動対策に参加しましょう。
 

 

言葉を広める

 
ソーシャルメディア、タウンホール、イベントなど、あらゆる場を利用して、人道的危機についての情報を共有し、広めましょう。
 
この問題について話し合い、前向きな変化を起こすために人々を集めるのです。
 

インフルエンサーに参加してもらう

 
インフルエンサーや発言力のある人たちに、この問題について発言してもらい、キャンペーンを共有し、言葉を広めてもらいましょう。
 

キャンペーンに参加する

 
世界人道の日のキャンペーンに参加すること
国連では、気候変動問題に声を上げる代わりに100時間の活動を行うなど、個々の方法で貢献できるキャンペーンのリストを用意しています。
 
「#thehumanrace」では、8月16日から31日までにモバイルアプリ「Strava」で行われた100分間の行動が考慮され、”1分1秒の活動が、COP26で世界のリーダーたちにメッセージを伝えることにつながります。”とされています。
 
人道的な問題を理解することは、ほとんどの人がその影響を目にすることがない場合、難しいことです。しかし、小さくても大きくても、人々の声になりましょう。私たちが見たいと思う変化を起こしましょう!
 
私たちは、Instagramでも日々「地球一個分の暮らし」をテーマに、情報発信を行っています。最新情報を見逃したくない方は、ぜひアカウントをフォローしていただけますと幸いです。
 
それでは、最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。
 

               
ライター:Thiri Yazawa Zaw
私たちに引っ越せる地球は存在しない。だからこそ、小さな行動を大きな変化に繋げるため、日々自分ができるエシカルな選択を実践中。
クリップボードにコピーしました。