スウェットショップとは?その服がどこでどうやって作られているか、ご存知ですか?

フェアトレード

劣悪な環境で、労働者が働かされるスウェットショップ。
 
非人道的だという声から、世界中で工場の労働環境が是正される傾向にありますが、いまだにスウェットショップで働いている人がいるのは、現実です。
 
当記事では、スウェットショップとは何か、そして何が問題なのかを解説した上で、その解決に向けたアイディアを紹介したいと思います。
 
私たちが普段何気なく生活している中でも、スウェットショップに加担している可能性があり、全人類の問題ですので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。
 

スウェットショップとは?

スウェットショップ(sweatshopもしくはsweat factory)とは、違法なほど低賃金、かつ劣悪な労働条件で労働者を働かせる工場のこと。
 
スウェットショップでは、パワハラやセクハラも常習化している他、児童労働や強制労働が伴う工場もあります。
 
また、スウェットショップで働くのは8割以上が女性で、工場は育休や産休のサポートなどを避けるために、避妊と定期的な妊娠検査を強制していたりと、非人道的な労働環境だと言わざるを得ません。
 

スウェットショップが発生する原因とは?

スウェットショップはなぜ生まれるのでしょうか?
 
原因は複雑に絡み合っているとは思いますが、要因の1つは、消費者が安価な商品を求め、それに企業が要求するためだと考えられます。
 
コストを抑えるには、生産コストを抑えるしかなく、そのしわ寄せは開発途上国の労働者にくるというわけです。
 

スウェットショップの象徴、ラナプラザ崩落事故。

スウェットショップは、比較的に賃金が安い開発途上国にあることが多いのですが、中でもスウェットショップの悲惨さを世界に知らしめた出来事があります。
 
ラナプラザ崩落事故。ファッション史上最悪だと知られている事故です。
 
2013年の4月24日バングラデシュで発生した事故で、工場が入っていたビルが崩壊し、中にいた従業員のうち、1100名以上が命を落とし、負傷者を2500人以上も出しました。
 
多くの若い女性の命が奪われ、中には妊婦の方もいたとのことです。
 
ビル崩壊の原因は、安全性に問題があると知りながらも、生産量を上げるために法律を無視した違法増築。事故前日に建物に日々が入っているとの連絡があったものの、それも無視して、操業した結果、事故は起きたのでした。
 
ラナプラザ崩落事故が発生して以来、世界の工場は是正を進めてはいるものの、未だに世界を見渡せばスウェットショップが存在しているのは事実です。
 

スウェットショップは先進国にも存在する?

スウェットショップは開発途上国の問題だと思われがちですが、実はアメリカのような先進国にも存在します。
 
アメリカ合衆国労働省(DOL)の報道によれば、ロサンゼルスやニューヨークとった場所でも、違法な労働をさせている工場もあったりと、スウェットショップは決して開発途上国だけの問題ではありません。
 

スウェットショップの影響

チャイルドレイバーとスウェットショップ
スウェットショップは、人道に反しているのは言うまでもありませんが、その他にも児童労働の温床になっていたり、環境にも大きな負担をかけていると言う側面があります。
 

スウェットショップと児童労働

スウェットショップは児童労働の温床になっていると言われています。
 
ILO (国際労働機関)によれば、世界では約1億7000万人の子どもが児童労働しており、そのうちの大半が、衣料のサプライチェーンにいるとのこと。
 
子どもは従順で、生計を稼ぐために低賃金、重労働もいとわないなど、その素直さを悪用されていて、倫理的によくない側面が指摘されています。
 

環境汚染の原因

スウェットショップは、環境問題の原因になっているという側面があります。
 
開発途上国のゆるい環境法を悪用され、未処理の廃棄物がそのまま川に流されていたりと、酷く環境を汚しているのです。
 
実際に、バングラデシュのブリガンガ川は廃棄物による汚染が酷く、魚が住めない環境になっているとのこと。
 
また、環境汚染によって、人の健康や、生態系にも影響を及ぼしたりと、スウェットショップがもたらす不都合は甚大です。
 

スウェットショップは貧困の根絶に貢献しているのか

これだけ、スウェットショップの負の側面に関して議論してきましたが、世の中には「貧困の根絶に寄与している」として、スウェットショップの存在を擁護する意見があるのも事実です。
 
実際に、イギリスのシンクタンクであるアダム・スミス研究所は、「スウェットショップがバングラデシュの貧困層を助けていて、貧困が半減した。だから、私たちはスウェットショップで作られた服を積極的に買うべき」との見解を述べています。
 
主張は一見正当なようにも聞こえますが、よく考察すると矛盾が見えてきます。
 
バングラデシュの貧困層が減ったのは事実かもしれませんが、それがスウェットショップのおかげだという証拠はありません。このように正当化するのは、何か利権が絡んだポジショントークである可能性が高いと考えます。
 

フェアトレードが問題を緩和する

スウェットショップという非人道的な労働環境に加え、その影響で起こる児童労働や、環境問題の緩和には、フェアトレードの促進がもっとも有効だと考えられます。
 
フェアトレードとは、公正取引とも呼ばれ、開発途上国で生産された原料や製品を適正な金額で買うこと。フェアトレードによって、生産者に適切な賃金が払われたり、それによって児童労働が減ったりと、世の中をより良い場所にするための1つの取り組みです。
 
フェアトレードが、本当に生産者の生活水準向上に本当に寄与しているのか?という問題にはあえて触れませんが、それでもフェアトレードの考え方は、スウェットショップを無くし、貧困の根絶にも寄与することは間違い無いでしょう。
 

さいごに。責任のある消費をするために。

当ページでは、スウェットショップが何で、世界にどういう影響を与えるのかという話をしてきましたが、いかがでしたか?
 
お伝えしたかったことは、決してスウェットショップを使っているのはどのブランドで、それを避けようとか、そういったことではありません。
 
この記事でお伝えしたいことは、スウェットショップという実態が世界にもあって、消費者として、そのような問題もあることが認知していることの重要性です。
 
その上で、自分が消費するもの、身に付けるものが、どこでどうやって作られているのかを知るのは、責任のある消費をする第一歩だと思います。
 
それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。
 

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。