オーガニック食品の効果やメリットとは?人気の通販・スーパーを厳選して紹介

オーガニック

オーガニック食品の流通はまだまだ少なく、近所のスーパーで気軽に買えないのが悩みどころ。
 
身体のことを考えるとオーガニック食品がいいと言われるけれど、何がいいの?どこで買ったらいいの?と、わからないことばかりの方も多いでしょう。
 
当記事では、オーガニック食品の効果やメリットを含む基礎知識を解説するとともに、通販・宅配・スーパーのおすすめ店舗を紹介します。
 
これから暮らしに取りいれたいという方や、オーガニック食品をもっと知りたい方はぜひ参考にしてください。
 

オーガニック食品とは?

 

『オーガニック食品』は、化学肥料や農薬に頼らず環境負荷を抑えて育てられた有機農産物や有機畜産物、さらにそれらを用いて加工した有機加工食品のこと。『有機食品』という名称も親しみ深いかもしれません。
 
例えばオーガニックの農産物を生産する場合、堆肥で土を作ることから始まり、畜産物においては家畜に与える飼料を環境負荷の少ないものにし、加工食品には食品添加物を使用しないなど手間ひまをかけて生産しています。
 
ミネラル豊富な堆肥から農作物を作り、それを飼料として畜産物を育て、また堆肥として利用するというサイクルで営まれる循環型農業は、地球環境の未来を考え身体への優しさを選ぶ人々から多くの支持を集めています。
 

オーガニックを見分ける『有機JAS認証マーク』

 

オーガニック食品や製品に付けられているJASマークを見たことがある方も多いはず。平成11年に定められた有機JAS認証マークは、有機農産物とそれを利用した有機加工食品に表示することが認められています。
 
登録認定機関から認定を受けた有機農産物の生産者や、加工食品の製造業者が規定を守って生産したオーガニック食品にのみJASマークが認められており、認定のないものは『オーガニック』『有機』という表示ができません。
 
JASマークの表示をオーガニック商品を見分ける基準として覚えておくと良いでしょう。
 

海外のオーガニック規格

 
JASマークの正式名称は『Japanese Agricultural Standard』。日本農林規格として、国内で定められた規格になります。
 
対して、欧米のオーガニック製品にもいくつかの規格マークが見受けられるでしょう。
 

USDA

アメリカ産のオーガニック製品に表示されている『USDA ORGAMIC』は、アメリカ農務省の傘下にある全米オーガニックプログラム(National Organic Program)が定めるオーガニック認証です。
 
USDAオーガニックの認証を受けるには、3年以上農薬を使用していない土壌での栽培に限られ、栽培計画書などの資料提出も必須。さらに、認定監察官による現地調査の立ち入りが認定後も毎年行われるなど、厳しく管理された規定であるといえます。
 
米国オーガニックの表記は、原料の含有率によって3種類に分類されるとのこと。

  • 【100%Orgamic】 オーガニック原料100%の製品
  • 【Organic】 オーガニック原料を95%以上使用した製品
  • 【Made with Organic ingredients】 オーガニック原料を70%以上使用した製品

70%以下では、成分表内にオーガニック原料と記載することができるだけ。つまり、95%以上オーガニック原料である製品でなければ『オーガニック』の表記ができません。
 

Euroleaf

星が葉を形づくるEUのオーガニックマークは『ユーロリーフ』と呼ばれ、ヨーロッパと自然の融合を表しています。
 
ユーロリーフのオーガニック規定もアメリカと同じく、加工製品において原料の95%以上が有機成分であること。EU加盟国で生産された有機食品で基準に達したものは、ユーロリーフのロゴを表示させることが義務付けられています。
 

オーガニック食品のメリットとは?

 

では、オーガニック食品を選ぶメリットとはどんなところにあるでしょうか。
 
そこにあるのは身体と地球環境への配慮。今が良ければそれでいいという考え方からの脱却なのかもしれません。
 

身体に優しい

 
規制がなく生産された農産物や加工食品には、どれだけの農薬、化学肥料、添加物が使用されているか、考えたことはありますか?
 
従来の食品で使われている添加物や残留農薬も健康に影響がない程度に抑えられてるので、人体に害があるとは言い切れませんが、できることなら自然の恵みだけを受け取りたいところです。
 
その点では、オーガニック食品を選ぶことで健康リスクを下げることができるでしょう。
 
なにより、添加物の少ないオーガニック食品を食べているだけで気持ちよく感じられるものです。
 

地球環境に配慮

 
農薬や化学肥料を土壌に使用し続けると、土壌の環境が悪化し次第に土がやせ細ってしまいます。
 
土は腸内環境のようなもの。整った腸内環境であることが、健康な身体を維持するのは農作物にとっても同じではないでしょうか。
 
さらに、農地で使用された農薬や化学肥料は地下水に染み出し、降雨などによっても外に流れ出てしまう恐れがあります。
 
流れ出した化学物質が水路に入り、川を流れてやがて海へ。水の生物が体内に取り込み、食物連鎖によって人間の体内に運ばれる循環が、健康的だと言えるでしょうか。
 
このことからも、なるべく化学物質に頼らないオーガニック食品を選び市場を広げていくことが環境保全に貢献できる行動でもあります。
 

通販・宅配・スーパー・直売所で買おう。おすすめ店舗7選

 

それでは実際にオーガニック食品を買いたいとき、どこにアクセスすれば良いでしょうか。
 
日本ではオーガニック食品がスーパーに並ぶことがまだ珍しいため、宅配やインターネット通販での注文が人気を集めています。
 
ここではおすすめの購買所についてまとめました。
 

宅配/通販

 
全国どこでもオーガニック食品を手に入れられる便利な通販や宅配サービスは、忙しい合間にも注文できるのが嬉しいところ。
 

ビオフロレスタ

1953年の創業以来、有機・自然食品を取り扱ってきた企業による通販サイト。『ビオフロレスタ』は誰もが安心できて、地球環境にも優しい商品が集まった森が広がっていくようにとドイツ語で森を表す名称がつけられました。
 
『ビオフロレスタ』では、3年以上農薬や化学肥料を使用していない土地で育てられた有機農産物を優先的に使用。合成添加物、化学調味料、遺伝子組み換え原料不使用の商品を厳選し、加工品を中心としたあらゆるオーガニック食品を取り扱っています。
 
オリジナルのオーガニックブランドも持っているため、他のお店にはないこだわりの商品を試したい方にはおすすめです。
 

たべるとくらすと

全国各地の生産者から届く直売サイトの『たべるとくらすと』。農薬、化学肥料、除草剤を使用せずに生産された農作物や、人工的に生成された添加物を使用していない加工品・調味料に商品の選定基準を設けて、安心のオーガニック食品を提供しています。
 
さらに商品が美味しいことを前提とし、生産者と消費者の両方が満足できるような仕組みに。
 
箱入り・のし付きのギフトセットの取り扱いがあるので、大切な人への贈り物を探している方はアクセスしてみてください。
 

有機野菜宅配『坂ノ途中』


オーガニック野菜を購入したいなら、定期便の宅配サービスがおすすめ。京都から始まった『坂ノ途中』では、西日本を中心とした300軒の契約農家で育てられた年間400種類にのぼる有機野菜を取り扱っています。
 
農業の100年後を見据え、環境負荷の小さい農業を広げるために生産者と持続可能な場づくりにも務めているとのこと。
 
定期宅配だけでなく欲しい時だけ注文する宅配サービスも利用できるので、試しにオーガニック野菜を料理に取り入れたいと考えている方におすすめです。
 
有機野菜の宅配に興味がある方はこちらの記事をご覧ください。
 

オーガニック食材スーパー

 
オーガニック食品のニーズの高まりから、都市部を中心に専門のスーパーが増えています。
 
今回は、おすすめの3店舗をピックアップしました。
 

ナチュラルハウス

オーガニック製品の専門店であるナチュラルハウスの特徴は、“国産”にこだわっていること。地産地消を目指し、循環型のサステナブルな姿勢にも重点を置いています。
 
取り扱う商品は、産地・栽培方法が明確な原材料を使用していることに加え、有機原料・国産原料を優先的に使用、遺伝子組換えを不使用、伝統製法に則って天然醸造や長期熟成で作られた製品など基準を設けています。
 
規格外とされるB級品も取り扱い、手頃な値段の実現に努力しています。
 
オーガニックであるだけでなく、国産にもこだわりたい方はぜひナチュラルハウスを利用しみてください。
 

こだわりや

インターネットでの通販サイトの商品も充実している『こだわりや』は、首都圏を中心として店舗を展開。国内外のオーガニック食品を取り扱い、環境と体に優しく、次世代につながる美味しい商品を取り扱っています。
 
生産者が見えるよう産地や製造方法、使用原料を明示し、伝統製法や郷土食品と消費者をつなぐ案内人のような存在に。オーガニックな食文化の継承・自然環境の保全に努めています。
 
オリジナル商品の開発にも力を入れているので、こだわりやのこだわりを試したい方はぜひチェックしてみてください。
 

ビオセボン


ヨーロッパで140店舗以上を展開する、フランス発のオーガニックスーパー『ビオセボン』。オーガニック先進国であるヨーロッパから2016年に上陸しました。
 
オーガニックを日常使いに、普段の食事に取り入れられるようにと提案しています。
 
注目すべきは、ヨーロッパから来たデザイン性の高いオーガニック食品の数々。可愛らしくスタイリッシュなパッケージの製品が店内に並び、商品選びが楽しく気分が上がること間違いなしです。
 
どうしても価格がかさんでしまうオーガニック食品ですが、思わず欲しくなってしまう素敵なデザインなら仕方なし。かわいいものに目がない女性には特におすすめです。
 

農産物直売所

 
農産物の直売所なら、有機農家の生産者が育てた顔の見える有機農産物を買うことができます。
 
地域の直売所で農産物を購入する地産地消は輸送エネルギーの削減し、環境負荷の軽減にもつながるので積極的に利用したいところ。
 
近所に直売所がある地域に住んでいる方は、ぜひ気軽に立ち寄ってみてください。
 

身体と地球にヘルシーな選択を

 

オーガニック食品が身近になくても、現在は通販や宅配でも簡単に手に入れることができるようになりました。
 
添加物や化学肥料などを使わないシンプルな食材で健康的な食生活を送りたい方は、オーガニック食品を生活に取り入れてみてはいかがでしょう。
 
オーガニックはまた、地球環境の健康を保つための行動でもあります。
 
個人の小さな選択が身の回りに広がっていくことで、その動きが大きなうねりとなるはず。オーガニックスーパーが普及し、より身近に有機食品を手に入れられるようになれば、きっと人と地球にもっと優しい社会が実現できるのではないでしょうか。
 
それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

               
ライター:Hirokawa Karin
エシカル 、環境、SDGs、地域創生などサステナブルなテーマでWebメディアの制作に従事。フォトグラファーに始まり、ライター、コンテンツディレクター、SNSマーケと幅を広げてパラレルキャリアを邁進。週末は黒帯を締めております。
クリップボードにコピーしました。