有機野菜と無農薬との違いとは?健康へのメリットや利用できるサービスを紹介

オーガニック

近年、健康意識の高まりから、有機野菜を求める人が増えていますが、実は有機野菜は身体への優しさだけでなく、環境保全にもメリットがあることをご存知でしょうか。
 
当記事では『有機』『無農薬』との違いからメリット・デメリットまで、有機野菜を徹底解説。後半では、スーパーや通販など、有機野菜が手に入れる方法を紹介します。
 
有機野菜について知りたい方や、おすすめの販売店を探している方はぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。
 

有機野菜とは?

 

 
有機野菜とは、3年以上、化学肥料や農薬の使用を避けた土壌で栽培された野菜のこと。
 
日本では有機野菜として認められると、日本農林規格(JAS)の認定マークを表示することができ、慣行農業で作られた野菜と区別することができます。
 

見分け方は有機JASマーク

 
オーガニック農産物の証である有機JASマークは、農林水産大臣による登録認定機関から認証を受けた事業者にのみ認められている規格。
 
農業の自然循環機能の維持増進を図ることを目的に、以下の基準を満たした農作物に有機JASマークは付与されます。
 

  • 堆肥等で土作りを行い、種まきまたは植え付けの前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用しない
  • 土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させる
  • 農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減
  • 遺伝子組み換え技術を使用しない

 
有機JASマークは、日本で使用されている唯一の有機認証マークなので、従来の農作物と区別するのに役立つでしょう。
 
農林水産省_有機食品っていいね
 

無農薬野菜との違いは?

 

 

『無農薬野菜』は、農薬を使わずに栽培された野菜のことを指しますが、実は平成15年以降、『無農薬』の表示が禁止されています。
 
理由は生産者によって定義が異なることや、消費者との間で認識にズレが生じるため。
 
そのため、現在は無農薬という表記ではなく、『農薬:栽培期間中不使用』という表示に限られています。
 
また、同様に従来よりも使用している農薬を減らしている低農薬農作物の場合も、下記に表現方法が限られています。
 

節減対象でない農薬を使用した場合:「節減対象農薬(※):栽培期間中不使用」
節減対象農薬を削減した場合:「節減対象農薬:当地比◯割減」

 

有機野菜のメリット・デメリット

 

有機野菜には身体や地球環境に配慮したメリットがある一方、流通面では課題が残されています。順番に見ていきましょう。
 

体と地球環境への配慮がメリット

 

 
一般的に化学肥料や農薬を使用して栽培された野菜も、食品衛生法の下で安全性が担保されているため、一般の野菜が危険というわけではありません。
 

しかし、有機野菜の方がより安全だということは可能で、それは食品における3つの危害要因から考えればわかりやすいでしょう。
 
3つの危害要因は下記の通り。
 

  1. 異物などの物理的危害
  2. 菌類などの生物的危害
  3. 農薬や重金属等による化学的危害

 
食の安全は3つの危害要因が一定数値以下の場合に担保されます。
 
有機野菜は化学肥料を私用していない分、③の化学的危害が低いために、一般食品よりは安全性が高いということができるでしょう。
 
一方で、地球の健康に目を向けてみると、従来の慣行農業では、下記のリスクが挙げられます。
 

  • 不適切な農薬使用による水質汚濁
  • 不適切な農薬使用による周辺自然生態系への影響

 
また、農地土壌には、多くの炭素が存在します。
 
有機農業によって、土壌を守ことができれば、土壌中の炭素を増やすことが可能。その結果、地球温暖化防止にも役立ちます。
 
まとめると、有機野菜のメリットは化学的危害のリスクが少ないことによる安全性と、地球温暖化と生物多様性の保護に繋がることだと言えます。
 
環境にやさしい農業で作られた農産物のこと知っていますか。
 

デメリットは栽培と流通の手間暇

 

 
その一方で、有機野菜にはデメリットもあります。
 
まず生産者側に手間がかかること。便利で生産管理がしやすい農薬や化学肥料を使わないだけ、栽培過程で気を配らなくてはなりません。
 
こうしたことから生産者の数が限られ、流通量が少なくなっているのです。
 
このように供給量の少なさから、一般的な野菜に比べて価格が高いこともデメリットだと言えるでしょう。
 
有機野菜の需要がより高まれば、将来的にもっと求めやすくなるかもしれません。
 

オーガニック野菜はどこで買える?おすすめスーパーや通販

 

いざ試そうと思っても、流通量の少なさから、選びにくい有機野菜。直売所やファーマーズマーケットでは手に入りますが、家の近くにない方も多いでしょう。
 
しかし最近では、有機食品全般を扱う専門のスーパーやオンラインサービスも少しずつ増えてきました。
 
ここでは、おすすめのスーパーやサービスを紹介できればと思います。
 

オーガニック野菜を取り扱うスーパー2選

 

自然食品F&F


 
化学合成した添加物を不使用、化学農薬や化学肥料をできる限り使用せずに栽培された商品を厳選。国産原材料をを中心に取り扱っています。農家と直接契約をしているため、新鮮な有機野菜が並びます。
 
都内を中心にアクセスのよい駅ビルなどに出店しているので、お仕事や買い物帰りにぜひ帰り道に寄ってみてはいかがでしょうか。
 

ビオラル

大手スーパーマーケットチェーンのライフが手がける自然派食材に特化したスーパーのビオラルは、新鮮な有機野菜から添加物の使用を抑えた加工食品・調味料まで一般的なスーパーと変わらない品揃え。
 
東京は吉祥寺と、大阪・靭の2店舗展開になっていますが、順調に拡大し2021年10月には大阪駅にもオープン予定です。
 
取り扱う商品の全てが有機製品というわけではないので、必ずしもオーガニック食品にこだわらず、添加物を抑えた製品を取り入れることから始めたい方にはおすすめです。
 
デリやオリジナルのジェラートコーナーも見どころ。家族で行っても楽しめるでしょう。
 

宅配・通販サービス3選

 
住んでいる地域にオーガニックスーパーがない方、行く時間が取れない方には、宅配や通販でのお取り寄せセットがおすすめです。
 

坂ノ途中


 
“100年後も続く農業を。”をビジョンに掲げる坂ノ途中。
 
有機野菜を届けるに止まらず、野菜の多様性を伝え、楽しみ方を提案するなど、生産者と様々な工夫を重ねて持続的な農業の発展を目指しています。
 
環境負荷の低減を目指す農家や、品質向上を目指す姿勢のある農家を優先するなど、取り扱い基準を設けて有機野菜を厳選しているのが特徴。
 
定期便だけでなく一度限りの野菜セットも購入できるので、不定期に有機野菜を取り入れたい方にはおすすめです。
 

オイシックス

 
オイシックスでは、宅配野菜セットから加工食品に至るまで、厳しい基準で厳選された食品を取り扱っています。
 
レシピと必要な食材が届くセットなど、忙しくて献立を考える時間のないビジネスパーソンにも嬉しい内容です。

 

食べチョク

 
日本最大のオンライン直売所である食べチョクでは、全国から気に入った農家を選んで直接有機野菜を取り寄せることができます。
 
慣行栽培の野菜を提供している農家もあるので、選ぶ際は『農薬化学肥料不使用』の表示を確認するようにしましょう。
 
お米から加工品まで品揃え豊富なのが最大の特徴。
 
農家と直接コミュニケーションをとってみたい方には特におすすめです。
 

安心・安全の美味しい素材で健康に

 

 
化学肥料や農薬を避けた有機野菜は、厳しい基準で管理された安心の農産物です。なんとなく選んでいたいつもの野菜と食べ比べてみると、味の違いにも気がつくでしょう。
 
素材にこだわった健康的な生活を送りたい方は、ぜひ有機野菜を試してみてください。
 
オーガニックを選ぶ人が増えるだけ、環境保全の一歩も大きなものになるはずです。
 
それでは、ここまでお読み頂きありがとうございました。
 

               
ライター:Hirokawa Karin
エシカル 、環境、SDGs、地域創生などサステナブルなテーマでWebメディアの制作に従事。フォトグラファーに始まり、ライター、コンテンツディレクター、SNSマーケと幅を広げてパラレルキャリアを邁進。週末は黒帯を締めております。
クリップボードにコピーしました。