オーガニック野菜とは?有機/無農薬との違い・メリットを徹底解説

オーガニック

”なんだか良いらしい”とオーガニック野菜を求める人が増えていますが、なにが良いのかきちんと理解している方はそう多くないのではないでしょうか。
 
実は、オーガニック野菜は身体への優しさだけでなく環境保全にもメリットがあるんです。
 
当記事では『有機』『無農薬』との違いからメリット・デメリットまで、オーガニック野菜を徹底解説。スーパーや通販など、人気の店舗も紹介します。
 
オーガニック野菜について知りたい方や、おすすめの販売店を探している方はぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。
 

オーガニック野菜とは?有機・無農薬との違い

 

オーガニック野菜とは、栽培する土壌で収穫前3年間以上化学肥料や農薬の使用を避けて栽培された野菜のこと。
 
日本では『有機野菜』とも呼ばれており、オーガニック野菜として認められると日本農林規格(JAS)の認定マークを表示することができます。
 

有機JASマーク

 
オーガニック農産物の証である有機JASマークは、農林水産大臣による登録認定機関から認証を受けた事業者にのみ認められている規格。条件を満たしている農産物に表示義務はありません。
 
しかし、条件を満たしていない農産物に『オーガニック』『有機』と表示することはJAS法で禁止されているので、オーガニック野菜を選ぶ際にわかりやすい目印となるでしょう。
 
オーガニック農産物には下記の『生産の原則』が定められています。
 
目 的: 農業の自然循環機能の維持増進を図ること

  1. 化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本とすること
  2. 土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させること
  3. 農業生産に由来する環境への負荷を出来る限り低減した栽培管理方法を採用すること

農林水産省『有機農産物 検査認証制度ハンドブック』より
 
つまり、有機農産物が目指すのは化学肥料や農薬を抑えることで環境負荷を減らすこと。単純に農薬を減らし有機肥料を使った栽培技術が求められているのではなく、未来を見据えた持続的な生産方法の拡大が目標になっています。
 

無農薬野菜との違いは?

 

『無農薬野菜』は、農薬を使わずに栽培された野菜のこと。現在は無農薬という表記ではなく、『農薬:栽培期間中不使用』という表示に限られています。
 
多くの人は、無農薬野菜と聞いて農薬に一切触れずに栽培された野菜だと考えるでしょう。
 
農薬を使わない範囲において、生産者は“生産過程において農薬を使用せずに栽培された農作物”と、消費者側は“土壌の残留農薬や飛散した農薬を含め一切農薬が残っていない農作物”との認識の相違があり、平成15年以降は『無農薬』の表示が禁止されました。
 
やむを得ない場合に限り、許可された農薬の使用が認められているオーガニック野菜に比べ、農薬を使用していない無農薬野菜の方が安全性が高いと思い込む方が多いとか。総務省のアンケート調査でも6割が誤認していたとのこと。
 
無農薬野菜に厳しい検査基準は設けられていません。
 
第三者認証や表示規制できちんと管理されているのが、オーガニック野菜だと覚えておきましょう。
 

オーガニック野菜のメリット・デメリット

 
オーガニック野菜には身体や地球環境に配慮したメリットがある一方、流通面では課題が残されています。
 

メリット

 

一般的に化学肥料や農薬を使用して栽培された野菜であっても、残留農薬の基準が設けられているので、必ずしも身体に悪影響があるわけではありません。
 
しかし、できることならそれらの化学物質を避けるに越したことはないでしょう。
 
健康的に育ったオーガニック野菜は身体も喜ぶはずです。
 
また、オーガニック野菜を選ぶことは自然循環を促すためにもメリットに。家畜の堆肥からの土作りから始まり、肥沃な土壌で農作物を栽培し、それが家畜の肥料になってまた堆肥づくりへと繋がっていく。このようなサイクルが自然のあるべき姿ではないでしょうか。
 
そして、化学肥料や農薬は土壌にとどまらず、どこまでも流出してしまう恐れが。地球温暖化、土壌汚染、砂漠化、地下水の汚染などの環境問題に配慮し、食物連鎖のバランスや生態系を保つことも有機農業の重要な役割となっています。
 

デメリット

 
その一方で、オーガニック野菜にはデメリットもあります。
 
まず生産者側に手間がかかること。便利で生産管理がしやすい農薬や化学肥料を使わないだけ、栽培過程で気を配らなくてはなりません。
 
こうしたことから生産者の数が限られ、流通量が少なくなっているのです。
 
さらに、消費者側には一般的な野菜に比べて価格が高いこともデメリットだと言えるでしょう。
 
オーガニック野菜の需要がより高まれば、将来的にもっと求めやすくなるかもしれません。
 

どこで買える?おすすめスーパー・マーケット・宅配・通販

 

気軽に手に入りにくいオーガニック野菜ですが、最近では有機食品全般を扱う専門のスーパーも少しずつ増えてきました。
 
オーガニック野菜を買うなら、スーパー、ファーマーズマーケット・直売所、宅配・通販という選択肢があります。
 

スーパー

 
都市部を中心にオーガニック系のスーパーが拡大しているのはなにより。
 

自然食品F&F

化学合成した添加物を不使用、化学農薬や化学肥料をできる限り使用せずに栽培された商品を厳選。国産原材料をを中心に取り扱っています。農家と直接契約をしているため、新鮮なオーガニック野菜が並びます。
 
都内を中心にアクセスのよい駅ビルなどに出店しているので、お仕事や買い物帰りにぜひ帰り道に寄ってみてはいかがでしょうか。
 

ビオラル


大手スーパーマーケットチェーンのライフが手がける自然派食材に特化したスーパーのビオラルは、新鮮なオーガニック野菜から添加物の使用を抑えた加工食品・調味料まで一般的なスーパーと変わらない品揃え。東京は吉祥寺と、大阪・靭の2店舗展開になっていますが、順調に拡大し2021年10月には大阪駅にもオープン予定です。
 
取り扱う商品の全てが有機製品というわけではないので、必ずしもオーガニック食品にこだわらず、添加物を抑えた製品を取り入れることから始めたい方にはおすすめです。
 
デリやオリジナルのジェラートコーナーも見どころ。家族で行っても楽しめるでしょう。
 

ファーマーズマーケット/直売所

 

とれたての新鮮なオーガニック野菜を買うなら、ファーマーズマーケットや地域の直売所がおすすめです。
 
地域で生産と消費を循環させる地産地消によって、流通のエネルギー削減による環境負荷の削減、地域の活性化などメリットがたくさん。
 
特に地域経済に貢献したい方は、ぜひ直売所やファーマーズマーケットに行ってみてください。
 

宅配/通販

 
住んでいる地域に直売所がファーマーズマーケットがない方や、オーガニックスーパーへ行く時間がない方には、宅配や通販でのお取り寄せセットが人気を集めています。
 

坂ノ途中


“100年後も続く農業を。”をビジョン掲げる坂ノ途中は、オーガニック野菜を届けると共に、野菜の多様性を伝え楽しみ方を提案するなど、生産者と様々な工夫を重ねて持続的な農業の発展を目指しています。
 
環境負荷の低減を目指す農家や、品質向上を目指す姿勢のある農家を優先するなど、取り扱い基準を設けてオーガニック野菜を厳選。定期便だけでなく一度限りの野菜セットも購入できるので、不定期にオーガニック野菜を取り入れたい方にはおすすめです。
 

オイシックス

農薬や化学肥料を使わず栽培された農作物に限定し、生産工程の情報を全て把握できるよう安心・安全に努めているオイシックスの宅配野菜セット。加工食品に至るまで、厳しい基準で厳選された食品を取り扱っています。
 
レシピと必要な食材が届くセットなど、忙しくて献立を考える時間のないビジネスパーソンにも嬉しい内容です。
 

食べチョク


日本最大のオンライン直売所である食べチョクでは、全国から気に入った農家を選んで直接オーガニック野菜を取り寄せることができます。
 
一般的な栽培方法である慣行栽培の野菜を提供している農家もあるので、選ぶときは『農薬化学肥料不使用』の表示を確認するようにしましょう。
 
お米から加工品まで品揃え豊富。農家と直接コミュニケーションをとってみたい方には特におすすめです。
 

安心・安全の美味しい素材で健康に

 

化学肥料や農薬を避けたオーガニック野菜は、100%無農薬とは限りませんが厳しい基準で管理された安心の農産物です。
 
なんとなく選んでいたいつもの野菜と食べ比べてみると、味の違いにも気がつくでしょう。
 
素材にこだわった健康的な生活を送りたい方は、ぜひオーガニック野菜を試してみてください。
 
オーガニックを選ぶ人が増えるだけ、環境保全の一歩も大きなものになるはずです。
 
それでは、ここまでお読み頂きありがとうございました。
 

               
ライター:Hirokawa Karin
エシカル 、環境、SDGs、地域創生などサステナブルなテーマでWebメディアの制作に従事。フォトグラファーに始まり、ライター、コンテンツディレクター、SNSマーケと幅を広げてパラレルキャリアを邁進。週末は黒帯を締めております。
クリップボードにコピーしました。