体に良いだけじゃない?オーガニックの基準と真のメリットを紹介

オーガニック

なんとなく体に良さそう、というイメージがあるオーガニック。
 
農薬をあまり使わないオーガニック野菜が注目されたことで一般的になりました。
 
しかし最近では、オーガニックコスメやオーガニックコットンなど、「オーガニック」と名の付く様々な商品があり、その種類や数も増えてきています。
 
このように、幅広い業界で重要視されている「オーガニック」とは、一体なんなのか、その定義や魅力を解説していきます。
 

オーガニックの意味とは?

オーガニック(英語:Organic)は「有機の」「有機栽培の」という意味を持っていて、自然由来で、燃えたり腐ったりするモノだと考えることができます。
 
要は、自然由来の有機肥料を用いて化学的な(無機物の)肥料を使わずに育てられた農作物をオーガニック野菜というのです。
 
また、オーガニックコスメのような様々な原材料を使用する「オーガニック」商品は、その原料に化学的な成分を使用していないこと、原料である植物が有機栽培で育てられたことを示しています。
 

有機栽培とは?

では、有機栽培・有機農業とは具体的にどのような栽培方法なのでしょうか。
 
国際的な有機農業推進活動を行っているIFOAM( 国際有機農業運動連盟) は、有機栽培を以下のように定義しています。
 

有機農業は、土壌・自然生態系・人々の健康を持続させる農業生産システムである。それは、地域の自然生態系の営み、生物多様性と循環に根差すものであり、これに悪影響を及ぼす投入物の使用を避けて行われる。有機農業は、伝統と革新と科学を結び付け、自然環境と共生してその恵みを分かち合い、そして、関係するすべての生物と人間の間に公正な関係を築くと共に生命(いのち)・生活(くらし)の質を高める。

引用:https://archive.ifoam.bio/sites/default/files/page/files/dooa_japanese.pdf

 
と、これだけ聞くと難しいですが、要は、できる限り自然の力だけで植物を育てる栽培方法のことで、土、水、太陽、そして自然の肥料を使った植物の栽培方法です。
 
植物や動物たちの生態系を守るため、環境に悪影響のある化学物質を含んだ農薬や肥料をあまり使わないことも、有機栽培の特徴もあります。
 

実は同じではない!オーガニックと無農薬の違いとは?

オーガニックと無農薬は、良く混同される概念なのですが、何が違うのでしょうか?
 
オーガニックは有機栽培のこと、あるいは有機栽培で育てられた農作物のことを指す時に使う言葉です。一方で、無農薬は、名前の通り農薬を一切使わない栽培方法及び無農薬で育てられた農作物に付けられます。
 
よく勘違いされることが多いのですが、オーガニック=有機栽培で育てられた農作物は、必ずしも無農薬であるとは限りません。有機栽培では、農薬や化学肥料の使用を避けることが提唱されていますが、天然原料の農薬などの使用は認められています。
 
つまり、オーガニック栽培でも農薬を使っていることがあるんです。ただし、化学成分の農薬は使わないため、その分一般的な大量生産の野菜よりも安全性が高いと言えます。
 
もちろん、有機栽培で無農薬にこだわった農家さんもありますが、オーガニックの農作物=完全に無農薬なわけではないということは、覚えておくと良いでしょう。
 

有機栽培は何が良い?メリットを解説

オーガニックは食品だけではなく、コットンなどの栽培にも用いられます。
 
「健康に良さそう」、「安全そう」というイメージが強いオーガニックですが、実際にどんなメリットがあるのでしょうか。

 

人間への化学成分の危険性が少ない

農業では、生産の効率性と収穫量の増加のため、化学的な農薬が使用されている場合はほとんど。特に、プランテーション等の大規模な農業では、殺虫剤や殺菌剤、除草剤、成長促進剤等、私たちが想像する以上に大量の農薬が使われています。
 
大量の農薬を使っていれば、土壌はもちろん、農作物にも農薬が残ってしまうことがあるため、それを私たちが口にする可能性もゼロではありません。
 
消費者に危険性があると同時に、生産者にも危険性があります。
 
実は、日本でも毎年のように(1)年間約30件の農薬事故が起きており、死亡者・中毒者が出ていて、これを農薬被害と呼びます。
 
危険な化学農薬を利用しない有機栽培は、農作物を栽培してくれている生産者の大切な命を守ることができるのです。
 
(1)参照:https://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_topics/h20higai_zyokyo.html
 

生態系の保護に繋がり、持続可能性を高める

農薬を多量に使用することは、害虫だけでなく土の栄養分を作り出してくれる微生物まで死に至らせ、土壌は痩せ、本来の生産能力が損なうことに繋がります。
 
また、人工的に微生物や虫の数を減らしてしまうことは、それを食べる動物たちの生態系にも悪影響を及ぼしてしまうのです。
 
一方、有機栽培は、自然由来のものだけを利用した農法のため、むやみに虫を減らしたり、土壌を汚染することがありません。
 
つまり、有機栽培は様々な生物と共生し、生態系を守ることができるのです。
 

水質汚染の防止になり、海洋の生態系を守る

(2)国連食糧農業機関(FAO)は、化学的農薬を利用した農業による水質汚染が人間の健康と地球の生態系に深刻なリスクをもたらすことを発表しました。
 
つまり、海に流れ出た化学汚染物質は海洋の生態系にも悪影響を与えているのです。
 
そして、このような水質汚染は数十億の人々に影響を及ぼし、年間数十億ドルを超えるコストを生み出していると言います。と同時に、農薬使用の削減が、水質汚染問題を解決するために重要な方法であることも述べられています。
 
化学的農薬を使わない有機栽培は、農薬使用を削減し、このような環境リスクを低減することができるのです。
 
このように、有機栽培は人の健康を守るだけでなく、地球環境にも優しい持続可能な農業です。私たち消費者がオーガニック製品を選ぶことは、有機栽培を促進することに繋がり、有機栽培の促進は地球環境を守ることに繋がります。
 
ただ、オーガニック製品を判断することは難しいもの。
 
次は、どんな基準でオーガニックであると判断され、何をもとにオーガニック製品を選べば良いのかについてお話していきたいと思います。
 
(2)参照:http://www.fao.org/news/story/en/item/1141534/icode/
 

オーガニックの基準と認証マーク

オーガニックな製品が本当にオーガニックかを評価・判断する認証機関がいくつかあります。
 
オーガニック認証機関は、原料がオーガニックであるかということだけでなく、製品の製造過程での環境への影響など、多様な面で厳しい審査基準を設けています。各認証機関の基準をすべてクリアすることができると、それぞれの認証マークを製品に付けて販売することが可能です。
 
認証マークを知っていれば、お店で買物をするときに私たちも簡単にオーガニック製品を見分けることができると思うので、身近な製品に付いている認証マークとその実施機関、認証基準をいくつかご紹介します。
 

【食品系】有機JAS認定

有機JAS認定は、国の法律(JAS法)に基づいて、定められたオーガニック認証。
 
「有機JASマーク」は、認定基準を満たした有機農法で育てられた農作物や加工品にのみ付けられる認証マークです。
 
認証の基準を簡単にまとめると以下のようになります。
 

・種まき又は植え付け前の畑の土や栽培中に禁止された農薬や化学肥料を使用しない
・畑や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入をしない
・使用する肥料や農薬は化学的処理を行わず、天然物質に由来するもののみ
・遺伝子組換え技術・遺伝子組み換えの種を使わない…etc

引用:有機農産物の日本農林規格

 
有機JAS認定の対象は国産品だけでなく、輸入品も含まれます。
 
日本では、有機JASマークが付いた食品だけが、「有機」や「オーガニック」と表示できることが定められています。つまり、有機JASマークや「有機」、「オーガニック」という表記があれば、安心してオーガニック食材を購入することが可能です。
 

GOTS(ゴッツ):繊維

GOTS(ゴッツ)認証のマーク

GOTS(Global Organic Textile Standard)は、オーガニックコットン等、オーガニック繊維で作られた製品の国際基準です。
 
製品に使われるオーガニックコットンが本当にオーガニックであるか、生産過程で環境基準と社会的基準を満たしているかを評価します。
 
GOTS認証を受けられる条件は、以下のような厳しい基準を原料から最終製品までのすべての工程で満すことです。
 

有機製品精度:オーガニック以外のものを分離・識別し、混同を防ぐ
環境配慮:廃棄物や排水等の環境方針を設置
薬剤使用制限:毒性の強い薬剤を使用しない
GMO禁止:遺伝子組み換え技術を利用しない
動物愛護:動物実験・生体実験をしない
サステナブル:リサイクル・リユース・水やエネルギーの節約
雇用倫理:労働環境の整備・児童労働の禁止
労働環境:衛生的で安全な労働環境…etc

参照:http://joca.gr.jp/gots-detail/

 
そして、これらすべての基準を満たすことができた真のオーガニックコットン製品は、GOTSの認証マークを付けて販売することができます。
 
また、GOTS認証には以下のように2種類のラベルがあります。
 

Organic
製品の95%以上が認証済みオーガニック繊維、オーガニック繊維以外の天然繊維と化学・合成繊維が5%未満
 
Made with Organic
製品の70%以上が認証されたオーガニック繊維、オーガニック繊維以外の天然繊維と化学・合成繊維が30%未満

 
「Made with Organic」ラベルの製品も、通常のコットン製品よりずっと環境に良いものですが、オーガニックにこだわる方は「Organic」ラベルのものを選ぶと良いでしょう。
 

ECOCERT(エコサート):化粧品

ECOCERTは、フランスに本部を置く国際的な有機認証機関です。オーガニック化粧品を中心に、農産物、加工食品、畜産物、コットン等の様々な製品の認証を行っています。
 
158ヶ国で行われる認証の件数は世界トップクラスで、はオーガニックコスメ製品認証の世界シェアは75%。国際的な有名企業もECOCERT認証を受けており、信頼性の高いオーガニック認証機関です。
 
オーガニックコスメの場合、「COSMOS基準」という、ヨーロッパの統一基準でオーガニックの基準を満たしているかを厳しく検査し、製品の認定を行ないます。
 
COSMOS基準は2種類に分けられており、主な認定基準は以下の通りです。
 

①COSMOS ORGANIC(コスモス オーガニック)

・成分の95%~100%が自然由来成分
・植物原料の95%~100%が有機農業で生産されたもの
・完成品の20%以上は有機農業で生産された原料
・ヨーロッパの基準で厳格に定められた原料以外の成分は使用不可
・植物原料以外の成分の使用は全体の5%以下
・製品に使用される全ての成分・原料が生分解性で環境に優しい
・遺伝子組み換えを利用しない

 
②COSMOS NATURAL(コスモス ナチュラル)

・製品に使用される全ての原料が自然由来原料
・オーガニック原料の最小必要含有量は指定なし
・ヨーロッパの基準で厳格に定められた原料以外の成分は使用不可
・植物原料以外の成分の使用は全体の5%以下
・製品に使用される全ての成分・原料が生分解性で環境に優しい
・遺伝子組み換えを利用しない

 
ここで取りあげた認定基準は、主に原材料についてですが、ECOCERTのロゴが付いたすべての製品は、その原材料だけでなく、製造・加工・パッケージングまで、全てを精査しています。
 
また、この他にもECOCERTによる認証マークにはいくつか種類があり、化粧品や洗浄洗剤等、製品のカテゴリーによって使い分けられていますし、オーガニック化粧品の認証は世界各国で独自に定められたものが多数あります。
 
店頭で他の認証マークも見つけた際には、ぜひそのマークについても調べてみるのも良いのではないでしょうか。
 

体にも地球環境にも良いオーガニックを選ぼう

ここまで、オーガニックの意味や良さ、そしてオーガニックであることの基準についてお話してきましたが、いかがでしたか?
 
まとめると、オーガニックとは、化学的な肥料を使わずに、自然由来のものだけで作物を育てる有機栽培及び、有機栽培で育てられた農作物や植物のことで、人間の健康にも、生態系や環境にも良い取り組みです。
 
また、オーガニックの製品はその認証マークで見分けられるようになっています。
 
Ethical Choiceでは、追ってオーガニックの製品を取り扱っていきますので、お楽しみにしていただければと思います。
 
それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。