竹歯ブラシ「MEGURU」| 人と地球に優しいプラスチックフリー商品

プラスチックフリー

近年、社会全体で脱プラスチックの意識が高まっています。今回は日常でできる簡単な脱プラの1つが竹歯ブラシを使用することです。
 
竹歯ブラシと一口に行っても、様々なブランドがありますが、今回紹介するのは、国産の竹を使用した歯ブラシMEGURUシリーズ。
 
間伐材を使った、多様性のあるエコプロダクトは、毎日の歯磨きを心地よくさせてくれること間違いなしです。
 

竹の歯ブラシ・MEGURUとは?

 
植物からできた製品が、また自然へ還っていく。
 
生分解されないプラスチック製の歯ブラシは、捨てられれば環境負荷の原因になってしまいます。
 
ゴミを排出し続けるサイクルを少しでも改善できたらと、ファイン株式会社から販売されている竹歯ブラシ「MEGURU」シリーズは、地球を“巡る”をコンセプトに、開発されました。
 

 

竹林の間伐材を使用

 
MEGURU歯ブラシの素材になっているのは、ファイン株式会社の伊賀工場に隣接している竹林の間伐材。竹林を整備する際に間引かれた、行き場のない竹を再利用しています。
 
みるみる伸びる竹を放っておくと立ち枯れが起きたり、日の光が入らないうっ蒼としてしまうため、定期的な竹林整備は欠かすことができません。
 

磨き心地で選べる4種類のブラシ


 
硬さや細さ、多種多様な歯ブラシの好みは人によってさまざま。多様な選択肢ができるようにと、MEGURUも磨き心地に異なる4種類のブラシから選ぶことができます。
 

豚毛(硬さ:かため)

 
「かため」の豚毛は、水を含むと程よい柔らかさに。太さにばらつきがある天然の豚毛が、歯の表面をしっかり磨き歯垢を取り除いてくれます。
 
使うごとに毛が磨耗していくため、歯がブラシに負けずエナメル質や歯茎を傷つけにくいのが嬉しいところ。
 
ファイン株式会社の調査によると、既存の石油系ナイロン製歯ブラシと比べて、歯の汚れを落とす洗浄力が29.17%アップしたとのことです。
 

花馬毛(硬さ:ふつう)

 
ほどよく柔らかい馬の毛を使用。豚毛よりソフトで優しい磨き心地が特徴です。
 
豚毛と同じく天然毛がエナメル質や歯茎を傷つけにくく、自然に還る生分解の性質を持っています。
 

ひまし樹脂毛(硬さ:ふつう)

 
100%植物樹脂を使用した、ナイロン製の歯ブラシです。
 
原料はトウゴマの種子から採れる、ひまし由来。ひまし油は、古くから化粧品や石鹸に使われきた歴史のある原料です。
 
石油系ナイロンと遜色のない無色透明のブラシで、使用感も大きな違いがありません。ヴィーガンの方には動物の毛を使用していない、こちらがおすすめです。
 

超極細毛(硬さ:ふつう)

 
歯間や歯周ポケットが磨きやすい極細毛は、4種の中で唯一ポリエステル製の毛となりますが、しなやかで耐久性に優れさっぱりとした清潔感になりました。
 
使用感がほとんど変わらないので、プラスチック製歯ブラシからの乗り換えがしやすい竹歯ブラシになっています。
 
なお、ひまし樹脂毛と超極細毛のブラシ部分は生分解の性質がありません。
 

品質保持期限のある竹歯ブラシ。MEGURUの想い

 

 
そんな4種の竹歯ブラシに込められたのは、人と地球環境への想いです。
 
まず、MEGURUシリーズには成型してから2年間の品質保持期限が設けられています。
 
有機物だからこそ、劣化していく。自然の原料を使用していると、時間の経過とともに分解が進んで品質が落ちてしまうことは避けられません。
 
これはデメリットでもありますが、安心材料ともいえるのではないでしょうか。
 

エコへの想い

 
竹林の間伐材を利用したサステナビリティもさることながら、MEGURUの竹歯ブラシは一般的な樹脂に比べて焼却する際に燃焼カロリーが低くなるため、CO2の排出量を削減。売上金の一部は緑の募金を通じて寄付し、森林保護に役立てています。
 
2020年には包装紙を竹紙素材に変更し、より脱プラスチックの世の中に沿った製品としてアップデートされました。
 

国産・安全性への想い

 
原料はできる限り海外からの輸入に頼らないことで、輸入時の輸送にかかるCO2を減らすだけでなく、国産素材の安心感で丁寧に国内製造を行い、日本人の口に合う歯ブラシを実現しています。
 
さらに、厚生労働省の規定に合わせた食品安全検査や、独自の強度検査を実施。放射能試験においても安全性のチェックに抜かりがありません。
 

多様性への想い

 
異なる4種類の毛質で、磨き心地だけでなくライフスタイルの違いを意識したものに。ヴィーガンや宗教上の理由があっても、選びやすい多様性を持って歯の健康をサポートしています。
 

アレルギー体質でも安心

プラスチックなど化学物質に敏感に反応してしまう体質の人にも、しっとり手に馴染む竹の歯ブラシなら安心。インクに反応してしまう人にも配慮して、2年の品質保持期限の記載を刻印がしてあります。
 

毎日使うものだから、安心・安全を選びたい

 

 
日用品には安価で成型のしやすいプラスチック製品があふれていますが、昨今脅威となっているマイクロプラスチック問題をはじめ、プラスチックが人体に及ぼす影響は計り知れません。
 
エコへの意識に加え、優しさや多様性に富んだMEGURUシリーズからは、次世代のサステナビリティが見えてきます。
 
毎日使うものだから、心地よく気持ちよく使えるものがいいですよね。
 
日常でできる環境に良い選択を探している方に特におすすめの竹歯ブラシです。気になる方は、ぜひホームページをチェックしてみてください。
 
それでは、最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。
 

               
ライター:Hirokawa Karin
エシカル 、環境、SDGs、地域創生などサステナブルなテーマでWebメディアの制作に従事。フォトグラファーに始まり、ライター、コンテンツディレクター、SNSマーケと幅を広げてパラレルキャリアを邁進。週末は黒帯を締めております。
クリップボードにコピーしました。