海洋プラスチック問題とは?現状と原因、私たちにできることを解説

プラスチックフリー

2050年には、海洋に生息する魚の量を海洋プラスチックごみの量が超えると言われています。それだけ海洋プラスチック問題は、私たちのすぐ側まで迫っているのです。
 
今、深刻化する海洋プラスチック問題を解決するために、私たちに何ができるのでしょうか?
 
本記事では、海洋プラスチック問題の現状を簡単にご説明し、問題を解決する画期的なアイディアや、私たちにできる対策まで幅広くお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

海洋プラスチック問題とは?

 
海洋プラスチック問題とは、プラスチックゴミが海洋に行き着くことで発生する問題のことを指します。
 
ペットボトルやビニール袋、発泡スチロールなどのプラスチック製品は、安価で私たちの生活を支えてきました。
 
しかし、プラスチックが持つ分解されずに長持ちする性質から、海に流れると、海洋生物の生態系や、回り回って人間の健康にも被害を加えているのです。
 

海洋プラスチック問題の現状

 
海に流れるプラスチックゴミの量は年間で800万トン(1)。これは、ジャンボジェット機5万機、東京ドーム7個分の重量に匹敵する量です。
 
プラスチックゴミが大量に排出されているのが現状ですが、エレンマッカーサー財団は、このペースでプラスチックゴミが増え続けると、2050年には重量ベースでプラスチックゴミの量が魚の量を上回ると予想しました。
 
また、海洋プラスチックゴミ問題を語る上で避けては通れないのが、マイクロプラスチックの存在です。
 
次に、マイクロプラスチックとは何か、解説いたします。
 
(1)政府広報オンライン
 

マイクロプラスチックとは?

 
マイクロプラスチック(Microplastic)汚染の問題
マイクロプラスチックとは、大きさ5mm以下のプラスチックのこと。
 
その微小なプラスチックの破片により引き起こされる環境問題のことをマイクロプラスチック問題と呼びます。
 
現在、海底に沈んでいるマイクロプラスチックの量は1400万トンだと言われています。その量なんと東京スカイツリー340基分です。
 
また、マイクロプラスチックは、発生源の違いによって、2種類に分けられます。次に2種類のマイクロプラスチックを紹介いたします。
 

一次マイクロプラスチック

 
一次マイクロプラスチックとは、製造時点で既に細かいプラスチックのこと。
 
洗顔料や歯磨き粉などのスクラブ剤が含む小さなビーズ(マイクロプラスチックビーズ)などが挙げられます。
 

二次マイクロプラスチック

 
二次マイクロプラスチックとは、太陽の紫外線や波の作用など、外的な刺激を受けて、細かくなったプラスチックのことです。
 
ビニール袋やペットボトルなどのプラスチック製品が外部からの刺激を受けることでマイクロプラスチックとなるものが挙げられます。
 
マイクロプラスチックは生態系に影響を与えるものであることからも、対策が必要な存在ですが、一体どのような影響を与えているのでしょうか。
 

海洋プラスチック問題による影響

 
カメがプラスチックを誤嚥してしまう

主に、海洋プラスチックごみは、海の生き物と私たちの健康にも大きな影響を与えます。
 
1つずつ解説いたします。
 

海の生態系への影響

 
海洋プラスチックを誤飲することで命を落とすことが、海洋プラスチック問題が海の生態系に及ぼす影響です。
 
例えば、カメはビニール袋をクラゲだと認識して口に入れてしまいます。体内で消化されないプラスチックがカメの胃の中に蓄積することで、満腹であると勘違いをしたカメは栄養失調に陥るケースが増えています。
 
誤って食べてしまう場合以外にも、プラスチックによって傷ついたり、命を落としたりするケースが後を絶ちません。
 

人体への影響

 
海洋プラスチック問題は、魚を食べる人間の健康へも影響があります。
 
非常に小さなマイクロプラスチックは、プランクトンでさえも飲み込むことができるもの。そのマイクロプラスチックを含むプランクトンを飲み込んだ魚を人間が食べることで、人間の体内にもプラスチックは蓄積します。
 
事実、多くの人は無意識にプラスチックを口にしているとのこと。
 
1週間でクレジットカード1枚分の約5g。1か月で、ハンガー1本分に相当する21gに相当するプラスチックを飲み込んでいるという研究結果(2)もあるほどです。
 
(2)Plastic ingestion by people could be equating to a credit card a week

 

海洋プラスチックゴミ問題の現状

 
このように、生態系や人間の健康にまで影響を及ぼす海洋プラスチックゴミ問題ですが、現状はどうなっているのでしょうか?
 
コネチカット大学の研究によれば、人間がほとんど住んでいない南極や北極でもマイクロプラスチックが発見されているほど、海洋プラスチックによる海洋汚染は地球規模で広がっていると言います。
 
ここでは、海洋プラスチック問題の現状を、プラスチックゴミの発生量が多い国と、衝撃的な予測から見ていきます。
 

プラスチックゴミ発生量の上位は東・東南アジア

陸上から海洋に流出したプラスチックごみの発生量を調査した研究によれば、ゴミの発生量ランキングでは上位を東・東南アジアの国々が占めていました。
 
ランキングは以下の通りです。
 

  1. 中国 353万トン/年
  2. インドネシア 129万トン/年
  3. フィリピン 75万トン/年
  4. ベトナム 73万トン/年
  5. スリランカ 64万トン/年

この調査からは、中国が2位に3倍近い差をつけて、圧倒的にプラスチックゴミを排出していることがわかります。
 
ちなみに、同調査では、アメリカのプラスチックごみ発生量は11万トン/年で20位、日本は6万トン/年です。
 
それだけ聞くと、日本のプラスチックごみの発生量が少ないように考えてしまいますが、実は(3)日本は年間150万トンのプラスチックごみを海外に輸出しています。つまり、自分たちはプラスチックごみを出していないのではなく、見えないところで処理しているということです。
 
ここまでで、プラスチックゴミ全体の発生量と国別のランキングはわかりました。では、プラスチックゴミの内訳はどうなっているのでしょうか?
 
(3)http://www.env.go.jp/council/03recycle/y0312-01/y031201-2x.pdf
 

海洋プラスチックゴミの内訳

 
次は、日本国内における漂着したプラスチックゴミの種類別割合です。
 

分類 重量 容積 個数
飲料用ボトル 7.30% 12.70% 38.50%
その他プラボトル類 5.30% 6.50% 9.60%
容器類(調味料容器、トレイ、カップ等) 0.50% 0.50% 7.40%
ポリ袋 0.40% 0.30% 0.60%
カトラリー 0.50% 0.50% 2.70%
漁網、ロープ 41.80% 26.20% 10.40%
ブイ 10.70% 8.90% 11.90%
発泡スチロールブイ 4.10% 14.90% 3.20%
その他漁具 2.70% 2.60% 12.30%
その他プラスチック 26.70% 26.90% 3.3% ※3

プラスチックごみの内訳を数字で見みると、『漁網、ロープ』が重量で、41,8%、容積で26,2%と一番多く、飲料用ボトルが個数で38,5%で最も多いことがわかります。
 
プラスチックごみと言いますと、ゴミ袋やプラスチックストローをイメージしがちだと思いますので、この結果は意外だったのではないでしょうか?
 

海洋プラスチックゴミが増える原因とは?

 
プラスティック ゴミが増える原因
海洋プラスチックゴミが増える原因としてあげられるのは、主に以下の3つ。
 

  • プラスチック生産量の増加
  • 適切な処理ができていない
  • プラスチックが自然界で分解されるのに時間がかかる

原因を1つずつ見ていきます。
 

プラスチック生産量の増加

 

世界では、年間約3.8億トンのプラスチックが生産されています。
 
世界のプラスチック年間生産量は、過去50年間で20倍にまで急増していて、それらプラスチックのおよそ半分が、シングルユース(使い捨て)のパッケージのために使われています。
 
また、プラスチックの消費量が多いことは、日本も例外ではありません。実は、日本は1人当たりのパッケージ用プラスチックごみの発生量が、アメリカに次いで世界で2番目に多い国です。

 

適切な処理ができていない

 

海洋ブラスチックごみと言えば、浜辺に散乱したごみをイメージすると思います。
 
しかし、海辺で捨てたごみだけが、海洋プラスチックごみになるわけではありません。
 
街中に散らばっているゴミが風で飛ばされたり、ゆるく結ばれたゴミ袋からカラスがゴミを運んだり、色々な理由で海にゴミがたどり着きます。
 
また、日本で捨てられたゴミは日本の海だけを汚染しているのではなく、長い月日をかけて他国の浜辺まで汚染しているのです。
 

プラスチックが自然界で分解されるのに時間がかかる

 
 
プラスチックは安価で丈夫なのが最大の特徴ですが、裏を返せばその耐性によって、自然界に残り続けるという特徴も持っています。
 
(4)米国NGOのオーシャンコンサーバンシーによれば、モノフィラメントの釣り糸が分解されるのに600年、プラスチック製の飲料ボトルが分解されるのに450年もかかるといいます。
 
つまり、一度ゴミとして出てしまえば、それは長い間地球上に残り続けることを意味するため、海洋プラスチックごみが増える原因となるのです。
 
(4)https://www.mass.gov/files/documents/2016/08/pq/pocket-guide-2003.pdf
 

海洋プラスチック問題への日本と世界の対策

 
このように、深刻化する海洋プラスチック問題ですが、その現状を受けて、世界は対策を取る方向に舵を切っています。
 
ここでは、世界と日本の対策と取り組みをご紹介いたします。
 

世界の流れと対策

 
 
このように、プラスチックごみが大量に発生する状況を受け、アメリカやイギリス、ヨーロッパ諸国などが率先してプラスチックごみを削減するための取り組みを行っています。
 
特に、EUでは「EUプラスチック戦略」という対策があり、全域でプラスチックごみを削減する方向に。
 
また、SDGsにおいては、目標の14.1で「2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。」が掲げられています。
 
2017年の国連環境総会(UNEA3)では、「海洋プラスチックごみ及びマイクロプラスチック」に関する決議(resolution)が採択済み。
 
このように、世界では、様々な条約や取り組みをもって海洋プラスチックゴミ問題の対策を試みていることがわかります。
 

日本の流れと対策

 
世界でも有数のプラスチック消費大国の日本ですが、2020年からはスーパーやコンビニでレジ袋が有料になったり、カフェで使用するストローが紙製に移行するなど、プラスチックごみを減らすために努力が見られるようになっています。
 
また、以下の条約や取り組みを通じて、海洋プラスチックごみ問題の対策をしようとしています。
 

  • 海岸漂着物処理推進法改正
  • マイクロビーズなどを含む、プラスチックの排出抑制

  • 第4次循環型社会形成推進基本計画
  • 誰もが、持続可能な形で資源を利用でき、環境負荷を抑えるための、統合的な取り組み

  • 海岸漂着物等地域対策推進事業
  • 海洋ごみの回収・処理や発生を抑えるために地方公共団体を支援

 
このように、海洋プラスチックゴミの現状に対して、世界規模で対策が進んでいます。
 
行政が規制をすることは、絶対量を減らす観点で重要なのですが、一般消費者には少し実感が湧きにくいもの。次に、私たちが消費で参画できるように、プラスチック問題を斬新なアイディアで啓蒙、解決しようとする試みを紹介します。
 

海洋プラスチックに対する企業の対策とは?

 
使い捨てのレジ袋やストローを規制すること以外にも、画期的なアイディアでプラスチック問題を解決しようとする企業のアイディアを集めました。
 
発生してしまったプラスチックごみを再利用することで、資源の無駄を削減しているアイディア3選です。
 

ティンバーランド/エコスニーカー

 
ティンバーランドのリサイクルペットボトルを使用したシューズ
アメリカのアパレルブランドであるティンバーランドは、プラスチックごみを削減しながら、社会課題の解決にも挑む取り組みを行いました。
 
ごみと貧困、両方をなくすために、廃棄ペットボトルから新たなファッションを生み出すというものです。特に、途上国ハイチの貧困問題に着目をしており、1000人もの現地の人々が捨てられたぺットボトル回収に携わりました。
 
環境問題だけでなく、途上国のコミュニティにも貢献している例です。
 

buoy/デスクトレー

 
海洋プラスチックごみをアップサイクルしたデスクトレー
海洋プラスチックごみをアップサイクルするブランドbuoyは、海洋プラスチックごみをデスクトレーという新しいかたちで生まれ変わらせた製品「leaf」を発表。
 
色鮮やかなデスクトレーは、ユニークな形状でデスクまわりにぴったり。
 
ごみとして環境を悩ませるはずのプラスチックが、私たちの生活に溶け込むアイテムとなった例です。
 

Time for Oceans/TRIWA

 
タイムフォーオーシャンの腕時計
太陽の光で溶け、粒状になった海洋プラスチックを活用した腕時計、Time for Oceans。毎日使う腕時計だから、環境問題を身近に感じてもらえるはずという想いで開発されました。
 
カラーも、海を連想させるサンド(砂)の色など、自然からインスピレーションを受けた腕時計です。
 
このように、プラスチックの使用量を減らすことの他にも、使用済みのプラスチックをリサイクルや、アップサイクルを通じて再利用するというアイディアが広がってきています。
 
プラスチックごみを削減しようという取り組みをする企業からサービスや物を消費するようにすることも、私たち消費者ができることですが、一番いいのはプラスチックゴミを発生させないこと。
 
次に、プラスチック問題に対して個人で対策ができるアクションをご紹介します。
 

海洋プラスチック問題に対して私たちにできること

 
国や企業の取り組みも重要なファクターですが、個人の取り組みもプラスチック問題の対策としては非常に重要です。
 
ただ、完全に明日からプラスチックを断とうと言いたい訳ではありません。
 
気軽に毎日続けることができるからこそ、持続的にプラスチック問題を解決に導くことができると考えています。
 
まずはできる範囲から始めてみましょう。

  • エコバックを持ち歩く
  • マイボトルを持ち歩く
  • ごみの分別を心がける
  • 再利用できる製品を選ぶ
  • 過剰に包装された製品を避ける

上記のようなアクションは、小さな変化に見えるかもしれませんが、継続して行うことで大きな社会貢献になります。
 
ぜひ、今日から取り入れてみてください。
 

さいごに。豊かな環境を守るために

ビニール袋、ストロー、ビニール傘、そしてペットボトル。
 
日々の生活を見渡せば、多くのプラスチック製品に囲まれていることに気づくと思います。
 
しかし、日常を便利にするプラスチック製品が、プラスチック問題という課題に発展していて、解決策を急がれる状況にあることをお伝えしました。
 
特に、海洋環境が被害を受けているため、綺麗な海を守るためには今の努力が重要になってきます。
 
今日から気軽にライフスタイルに取り込めるアイディアもご紹介しましたので、ぜひ豊かな環境を保護するために、できることを少しずつ試してみてください。
 
また、私たちはInstagramでも、少しでも環境に負荷をかけないで暮らすためのヒントを発信しています。
 
こちらもぜひチェックしていただければと思います。
 

               
ライター:Ayaka Sato
自分のアクションで、地球のどこかの誰かが幸せになってくれる、そんな未来を描いて日々奮闘中。
クリップボードにコピーしました。