「アグロフォレストリー」とは?農業と林業を両立させる新しい生産方法

サスティナブル

農業と林業を両立させる生産方法として注目を集めている「アグロフォレストリー」。
 
持続可能な生産方法ともいわれており、今後ますます広まっていくとも考えられています。今回は、アグロフォレストリーという生産方法の具体例やメリット、デメリットなどをご紹介して参ります。
 
実際にアグロフォレストリーに関わる日本企業の事例や、アグロフォレストリーで育てているものの事例などもお届けしますので、ぜひご覧下さいませ。
 

アグロフォレストリーとは?

 
アグロフォレストリーとは、「農業(英語:Agriculture)」と「林業(英語:Forestry)」という言葉を組み合わせた造語。1970年ごろから使われている言葉で、さまざまな樹木を育てる傍らで農作物や家畜を育てるものをいいます。
 
森林や大地を傷つけることなく生産活動も行える農法として、世界的にも注目されています。
 

日本で注目されるようになった「森を作るカカオ」とは

 
日本でアグロフォレストリーという言葉を有名にしたもののひとつは、株式会社明治の「アグロフォレストリーチョコレート」という商品ではないでしょうか。
 
2011年ごろから発売されている「アグロフォレストリーチョコレート」は、ブラジルにてアグロフォレストリー農法で作られたカカオを使った商品です。
 
2020年にはそんなカカオを使った新商品も販売開始し「森をつくるカカオ」というキャッチフレーズで注目を集めています。
 

メリットとデメリット

 
 
自然を壊すことなく生産活動が行えるとあって注目を集めるアグロフォレストリーのしくみですが、そこにはどんなメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか。続いては、気になるメリット・デメリットについて解説して参ります。
 

メリット

 
アグロフォレストリーのメリットは、主に4つ。森林破壊を防ぐこと、植物の成長を助ける可能性があること、地域の雇用を増やせること、そして経済的なリスクを弱めることです。
 

メリット①森林破壊を防ぐこと

まず第一のメリットはなんといっても森林破壊をしないで済むことでしょう。
 
地球環境をよりよくできる可能性を秘めているアグロフォレストリーは、持続可能な生産活動を求める今の時代にもぴったりでしょう。
 

メリット②植物の成長を助ける可能性があること

また、第二のメリットとして共生作物を同時に植えることで、お互いの成長具合を高めてくれるという期待もあります。
 
具体的には、太陽の光に弱い植物の近くに背の高い木を植えるシェードツリーなどがこれに当たります。
 

メリット③地域の雇用を増やせること

さらに、第三のメリットとして地域の雇用や所得が増える効果も期待されています。
 
さまざまな作物や生物を育てるためには、多くの人手が必要になります。そのため、雇用が増え地域の活性化や所得の増加につながる可能性があります。
 

メリット④経済的なリスクを弱めること

最後のメリットは、経済的なリスクを弱められることです。天候不良や病気などで作物が上手く収穫できないということは、農家にとって頭の痛い問題。
 
複数の植物を一緒に育てるアグロフォレストリーという農法なら、カカオなどの作物が収穫できない場合でも、果物などの他の作物で利益を補える可能性があります。
 

デメリット

 
アグロフォレストリーの一番の問題点は、軌道に乗るまでにやや時間がかかるということです。
 
特に植樹をした場合は、その木が生産物として商品になるまでには短くても数年、長ければ数十年という時間が必要です。そのため、ある程度その間の支援がないと持続することは難しいでしょう。
 
また、複数の植物や家畜を同時に生産するには、確かな知識と管理技術が必要になります。専門家のアドバイスや研究が重要になるため、誰もが簡単にできるわけではないということもデメリットとして挙げられるでしょう。
 

アグロフォレストリーの実例とは

 
 
さまざまなメリットが期待できるアグロフォレストリーは、東南アジア、中南米、アフリカ、インドネシアなどさまざまな地域で取り入れられている方法。育てているものもカカオや果物など多岐にわたります。
 
ここでは、ブラジルとインド、そしてメキシコの3国の実例をご紹介します。
 

ブラジルにおけるアグロフォレストリー

 
1950年頃のブラジルトメアス市では、「黒いダイヤ」ともいわれる黒こしょうの栽培が盛んでした。ですが、あるときにこしょうが病害により全く採れなくなってしまいます。
 
単一栽培をしていたため、経済的にも大ダメージを受け、多くの農家が被害を受けました。そこで、収穫期が異なるカカオをはじめさまざまな植物を一緒に植えるアグロフォレストリーを提案。
 
現在は、カカオだけではなくさまざまな植物を育て、成功例として日本でもよく取り上げられるほどになっています。
 

インドにおけるアグロフォレストリー

 
インドのモディ首相は2050年までにアグロフォレストリーの実施面積を増やすと発表。雇用創出や農民の困窮解消などが課題といわれているインドにおいて、さまざまな問題を解決できるとしています。
 
アグロフォレストリー政策を採用した世界で最初の国ともいわれるインド。今後の活動にも注目されています。
 

メキシコにおけるアグロフォレストリー

 
メキシコでは、ロペスオブラドール大統領が「森林農法プロジェクト」を推進。
 
元々メキシコではコーヒーの生産などにアグロフォレストリーの手法を用いられており、今回の森林農法プロジェクトによって今後もますます拡大するのではないかと期待されています。
 

日本企業の関わりは

 
前述の株式会社明治のように、アグロフォレストリーに関わる日本企業も増えてきています。ここではその一例としていくつかの事例をご紹介します。
 

Co・En Corporation

 
 
アグロフォレストリーの手法で作られたバニラ生産や販売を行う「Co・En Corporation」。
 
マダガスカルのバニラ農園と協同組合の情報についても発信するほか、クラウドファンディングによる応援プロジェクトを行ったこともあります。(※2021年現在クラウドファンディングはすでに終了)
 
アグロフォレストリーによって作られたスパイス等も取り扱っており、多くのレストランやパティスリーに提供しています。
 
詳細はこちら
 

株式会社フルッタフルッタ

 

出典:https://www.frutafruta.com/business/
 
アマゾンフルーツをふんだんに使ったアサイードリンクなどを販売する「株式会社フルッタフルッタ」。アグロフォレストリーの拡大に貢献する目的で作られた企業で、環境に配慮した取り組みも積極的に行っています。
 
アマゾンフルーツや香辛料、樹脂、木材などを栽培する「CAMTA(トメアス総合農業協同組合)」とパートナーとして歩む、注目の企業です。
 
詳細はこちら
 

株式会社Dari K

 

出典:https://www.dari-k.com/item/
 
チョコレートメーカー「株式会社Dari K」は、チョコレート用のカカオだけではなくフルーツやナッツの混植を行うアグロフォレストリーを推進。育てているものでもあるカカオはもちろん、フルーツやナッツ類の販売も行っています。
 
高品質なカカオの時には、きちんと対価を支払うといった「生産者が勝ち取るフェアトレード」をポリシーとしている企業でもあり、消費者にとっても生産者にとっても魅力的な商品を作り続けています。
 
高品質なカカオを使ったチョコレートは、一度食べてみる価値のある逸品でしょう。
 
詳細はこちら
 

宮出珈琲園


出典:https://coffee-tree.stores.jp/items/5afce0805f7866120d00156a
 
コーヒーの栽培を行う「宮出珈琲園」では、コーヒー以外にもグァバやモリンガといった木を植樹。将来的には本格的なアグロフォレストリーを目指しているとのことで、その動向にも注目したい農園になっています。
 
オフィシャルショップでは、「サブスクリプション型オーナー制度」も募集しています。
 
詳細はこちら
 

最後に。より豊かな生産活動を行うために。

 
農業と林業の共存を意味する農法・アグロフォレストリー。
 
サスティナブルであることがより重要になる時代により注目される農法となるでしょう。
 
「サスティナブル」に関しての詳細はこちらの記事をご覧ください。
 
地球を大切にしながら、その恵みで生産を行っていく手法で持続可能な社会にまた一歩、近づくことができるかも知れません。
 
それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

               
ライター:Ethical Choice編集部
Ethical Choice編集部です。エシカルな生活を送る知恵、サスティナビリティに関する取り組み、環境問題に対するソリューションを発信いたします。
クリップボードにコピーしました。