カーボンフットプリントとは?意味と減らすためにできることをお伝えします。

サスティナブル

炭素の足跡を意味するカーボンフットプリント。
 
カーボンフットプリントは、気候変動への対応が叫ばれる今、環境負荷を減らすための対策方法を考えるために、よく使われる概念です。
 
ただ、このような概念は少々わかりにくいもの。
 
当記事では、カーボンフットプリントの概念を出来るだけわかりやすく解説した後に、関連する制度や認証マークに関して見ていきます。
 
最後には、食品や商品でのカーボンフットプリントの大きさを紹介していますので、日常生活におけるカーボンフットプリント削減に役立てていただければ幸いです。
 

カーボンフットプリントとは?その意味を解説

カーボンフットプリント(英語:Carbon Footprint)とは、ある商品における原料の生成から、廃棄に至るまでのライフサイクル全体で、大気中に排出した二酸化炭素などの温室効果ガスの重量を算出した指標です。
 
例えば、1枚のTシャツで見てみると、コットンの栽培、服を製造する際の工場の排気ガス、売り場まで輸送する際の排気ガス、服を処分するために燃やしたときに出る二酸化炭素などが合わさった数字となります。
 
排出する温室効果ガスの量を表す指標のため、少なければ少ないほど良いとされています。
 

カーボンフットプリントがなぜ重要か。算出するメリットは?

なぜ、カーボンフットプリントを算出するのでしょうか?
 
それは、商品のライフサイクルごとで発生する、温室効果ガスの量を把握することで、どこで環境負荷が多いのかが明白になり、それぞれのプロセスでカーボンフットプリントを減らす取り組みができるためです。
 
また、消費者としては、商品のカーボンフットプリントを知ることで、より環境に優しい選択をすることが可能になります。
 
このように、事業者と消費者の双方で、環境負担を減らすためにも、カーボンフットプリントは重要な役割を果たすのです。
 

カーボンフットプリントはどう計算する?算出方法を解説

環境省によれば、カーボンフットプリントの計算式は以下の通り。
 
CO2排出量=Σ(活動量i×CO2排出原単位 i)
*:i はプロセスを指す
 
活動量は、素材使用量や組み立て重量、輸送量など指し、原単位は、素材1キロあたり、重量1キロあたり、輸送量1キロ当たりどれだけCO2を出すのかということです。
 
これを生産から廃棄までの各プロセスごとに足して行った総和が、ある商品のカーボンフットプリントとなります。
 

世界と比べた日本のカーボンフットプリント

カーボンフットプリントが何で、どう計算されるのかはおわかりいただけたかと思います。
 
そこで、気になるのは、日本はどれだけカーボンフットプリントを出しているのか、そしてそれは世界基準で見ると多いのか少ないのか、ではないでしょうか?
 
フィンランドのアールト大学らの研究によれば、日本は年間で1人あたり7.6トンのカーボンフットプリントを残しているとのこと。
 
これは、調査した5ヵ国の中では、フィンランドに続いて2番目に大きいもので、中国よりも大きい結果となりました。
 
要は、カーボンフットプリントを減らしていく取り組みが必要になるわけですが、地球温暖化による気温上昇を1.5℃以内に抑えるために、日本は2030年までに67%、2050年までには91%、温室効果ガスの排出量を削減する必要があるとのことです。
 
本レポートによれば、日本のライフスタイルにおいて、カーボンフットプリントの約70%は食、住居、移動に関連しており、その領域で脱炭素を目指すことが効果的としています。
 
では、具体的には何を頼りに意思決定をすればいいのでしょうか。
 

国が進めるCFPプログラムとは?

今日本では、脱炭素を進めるために、国がCFPプログラムというものを定め、商品におけるカーボンフットプリントを明確にしようとしています。
 
そうすることで、消費者はカーボンフットプリントが少ない商品の選択ができるし、消費者に選ばれるために、事業者はカーボンフットプリントが少ない物づくりに取り組むようになり、両輪で改善が可能です。
 

CFPプログラムの認証マーク

CFP対象商品には、このようなマークが付与され、カーボンフットプリントが明記されています。
 

CFPマーク
出典:https://www.cfp-japan.jp/system/index.html

例えば、サラヤ株式会社のハッピーエレファント洗たくパウダーという商品は、1製品あたりのCO2排出量が2.6kg。
 
プロダクトライフサイクルで見てみると、生産と使用維持におけるカーボンフットプリントが大きく、合計71%を占めるといった情報がわかります。

 

食品のカーボンフットプリントは?多い順にランキングで発表

私たちにできることは、食の選択で、カーボンフットプリントを減らす。
カーボンフットプリントの削減は、上述のCFPプログラムのように、国単位で取り組みを行う側面もありますが、私たちも身近なところから削減に貢献することは可能です。
 
例えば、食べ物の選択。
 
カーボンフットプリントが多い食品が存在するのは事実であり、積極的に避けることで、カーボンフットプリントの削減に貢献できます。
 
ここでは、カーボンフットプリントが大きい順に食品を紹介しますので、明日からの食の選択に役立てていただければと思います。

  1. ラム: 39.2 kg CO2
  2. 牛肉: 27 kg CO2
  3. チーズ: 13.5 kg CO2
  4. 豚肉: 12.1 kg CO2
  5. 養殖サケ: 11.9 kg CO2
  6. 七面鳥: 10.9 kg CO2
  7. 鶏肉: 6.9 kg CO2
  8. ツナ缶: 6.1 kg CO2
  9. 卵: 4.8 kg CO2
  10. ジャガイモ: 2.9 kg CO2

 
もちろんこれらの食べ物は環境によくないからといって、一切食べるななどというつもりはありません。実際に、この中でも栄養的な観点で、摂取した方がいい食べ物はあります。
 
ただ、食事を選択する際に、カーボンフットプリントが大きい食べ物があることを知り、その回数を減らしたりすることは、環境負荷を考えると、私たち全人類にとって、重要なことなのではないでしょうか。
 
参照:
methodology_ewg_meat_eaters_guide_to_health_and_climate_2011.pdf
 

さいごに。

当記事では、カーボンフットプリントに関して解説してきました。
 
カーボンフットプリントは商品のライフサイクル全体において、排出する温室効果ガスを重量で算出する指標で、事業者と消費者の双方で減らすための努力をするために重要な指標です。
 
また、国はCFPプログラムを推進していること、カーボンフットプリントが特別大きい食べ物があることも紹介いたしました。
 
日本では年間1人あたり7.6トンの温室効果ガスを出しているので、食事の選択などで、手軽に減らせるところから、減らしていきましょう。
 
また、このような環境に優しい、持続可能な選択をするためには、カーボンフットプリントの概念を知っている必要があります。
 
1人でも多くの人がカーボンフットプリントを知るきっかけになるように、そして地球のためにも、この記事が良いな、役に立ったなと思われたのであれば、シェアをしていただければと非常に嬉しく思います。
 
それでは、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。