ESG投資はなぜ注目される?企業や社会のメリットとデメリットを解説します

サスティナブル

社会存在意義を果たす企業に投資がおこなわれるESG投資。企業が長期的な成長を目指す際に、重要視される概念です。
 
ESGそれぞれの頭文字は、環境・社会・企業統治から取られ、幅広い分野にプラスの影響を与えることが企業には求められています。
 
最近、SDGs(持続可能な開発目標)が社会に広がりを見せるとともに、ESG投資という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?
 
ESG投資は、結局何のことなんだろう。
 
このようにお思いの方のために、世界中の投資家が注目するESG投資の概要をはじめ、メリット、デメリット、そしてESG投資が注目される背景も踏まえながら、全貌をご説明いたします。
 

ESG投資とは?(英語:ESG Investing)

ESG投資とは、環境(Environment)、社会(Society)、企業統治(Governance)の3要素を考慮しながら、経営をおこなっている企業への投資のことです。
 
ESGについて、それぞれの頭文字に沿って意味をご紹介します。
 

  • E(Environment・環境):環境問題の解決に貢献する取り組み。例えば、CO2排出量やプラスチックの消費を削減すること
  • S(Society・社会):労働者や地域を守る取り組み。例えば、労働環境を整え、平等な賃金を提供すること
  • G(Governance・企業統治):信頼できる経営をおこなうこと。例えば、法令順守や、情報を開示、社外にも取締役が存在する状態

 
ESG投資が広がったきっかけは、2006年に国連によって、投資プロセスにESG投資を導入し、促す「責任投資原則(PRI)」を提唱されたこと。
 
現在、世界全体の投資にて、約4分の1相当の約23兆米ドル(約2500兆円程度)がESG投資であることからも、多くの投資家が注目する投資だということがお分かりいただけるのではないでしょうか。
 

かたちのない資産、ESG投資

ESG投資は、無形資産の非財務指標とも表されます。
 
先ほど述べたように、国連が「責任投資原則(PRI)」を発表した後、お金や株式など目に見える資産ではなく、目に見えないが長期的により高く評価される非財務指標が盛り上がりを見せている現状です。
 
この影響で、短期的な利益を求め、お金や株式を追いかけるより、長期的に企業価値を成長させるESG投資などが目立ってきています。
 
企業価値を成長させる側面では、ESG投資以外にも他の概念が合ったような気がする。そう思った方のために、ESG投資と似ているが故に混同しがちな概念を解説いたします。
 

ESG投資に関連する概念

イーエスジー投資と関連するアイディア
ESG投資と似ている言葉として挙げられるのが、CSRやCSV、そしてSRI。これら3つの言葉と、ESG投資はどのように違うのか、簡潔にご説明いたします。
 

ESG投資とCSR

ESG投資とCSRの大きな違いは、CSRは企業側の視点であり、ESG投資は投資側の視点であること。
 
CSRとは、「Corporate Social Responsibility」の略称であり、日本語で訳すと「企業の社会的責任」です。ESG投資が、社会的意義のある経営をおこなう企業に投資をすることに比べ、CSRは企業が社会的意義のある経営をおこなうことを表します。
 
CSRについて、より詳しく知りたい方は、下記の記事から詳細をご覧いただけます。
 
CSRを詳しく説明した記事
 

ESG投資とCSV

CSV(Creating Shared Value:共有価値の創造)も、CSRと同様に企業が取り組むこと。CSVならではの特徴は、企業は社会課題の解決を通し、経済的価値と社会的価値の両方をつくろうろするアプローチだという点です。
 
経営側の取り組みという時点で、ESG投資とはすみ分けられます。加えて、先ほど紹介したCSRとの違いは、CSRは事業と関係のない部分で社会貢献することも含まれるのに対し、CSVは事業の利益を成長させながら、社会的意義も果たす、という部分です。
 

ESG投資とSRI

SRIとは社会的責任投資(SRI:Socially Responsible Investment)のことで、ESG投資と大変似ている概念です。これら2つを区別するなら、時代の背景に沿って考えるとわかりやすいでしょう。
 
なぜなら、SRIは100年の歴史をもつ考え方であるのに比べ、ESG投資は現代のニーズを反映した概念だからです。
 
時代背景によって変わった視点として、SRIは好ましくない商品への不買運動を促しますが、ESG投資は地球問題を解決するためにふさわしい企業へと投資がされる仕組み。
 
SRIの例を挙げると、キリスト教の背景によってタバコの不買運動が行われたことなどがあります。
 
ここまで、ESG投資と一緒に語られることが多い、周辺の概念を解説しました。このように似ている概念も多くありますが、真逆の考え方もあるので、次にそちらをご説明します。
 

ESG投資の逆概念『ダイベストメント』

ESG投資が、社会や環境に良いおこないをする企業に投資することに比べ、ダイベストメントは化石燃料企業など、環境を傷つける可能性のある企業へ投資することをやめること。
 
このような動きは、ポジティブスクリーニングとネガティブスクリーニングというキーワードでも表されます。
 
ポジティブスクリーニングとは、社会に良いおこないをする企業に投資をするという特徴で、ESG投資に当てはまる考え。反対に、ネガティブスクリーニングは、社会にマイナスな影響を与える企業に投資をしないことで、ダイベストメントについて当てはまる概念です。
 
ダイベストメントについて、詳しく知りたい方は下記の記事から詳細をご確認いただけます。
 
ダイベストメントの詳細記事
 

ESG投資の重要性と影響力


そもそも、ESG投資が重要視され、企業が社会的な責任を果たすことが求められる背景とは、どのようなものなのでしょうか?
 

国連が提唱した「責任投資原則(PRI)」

ESG投資が世界的に注目されたきっかけは、国連によって「責任投資原則(PRI)」が、金融業界を中心に提唱されたこと。
 
内容をざっくりと説明すると、投資家に対し、投資する企業を分析する際に長期的な視点を持ち、ESGにまつわる側面を考慮して投資することを求めたものです。
 

広がるカーボンニュートラル

炭素の排出・吸収量を中立にする『カーボンニュートラル』の実現を、世界の多くの国が宣言していることもひとつの要因。
 
2020年12月時点で、世界123の国が2050年まで温室効果ガスの排出量を0にすることを宣言しています。さらに、経済大国のアメリカと中国も2060年までにカーボンニュートラルを実現することを宣言。
 
実に、世界の半数以上の国が脱炭素社会の実現に向けて進んでいます。このような背景も相まって、ESGの観点に力を入れて経営をおこなう会社にこそ将来があるというように投資家から判断される傾向です。
 
カーボンニュートラルの概念について、こちらの記事でご説明していますので、ぜひご覧にください。
 
カーボンニュートラルをご説明した記事
 

SDGsとの親和性

SDGsとは、国連が発表した17の持続可能な開発目標のこと。環境や社会、企業統治の面に注意しながら投資をおこなうことで、投資家は個人としてSDGsに貢献できる、といったイメージが当てはまります。
 
また、企業にとっても、「気候変動」「資源の保全」「ジェンダー」「不平等」といったSDGsの課題解決に取り組むことで、投資家からのESG評価の向上につながることが期待できるでしょう。
 
国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)について、理解を深めたい方は下記の記事がおすすめです。
 
SDGsを詳しく解説した記事
 

世界で拡大を続けるESG投資

ヨーロッパや北米を中心に、重要視されているESG投資は、今や全世界の投資額全体の26.3%(1)を占めています。
 
さらに、世界最大規模の公的年金もESG投資を採用したため、ESG投資の重要度は今後も高まっていくでしょう。
 
ここまで、ESG投資が世界中で注目される理由をご説明しました。しかし、期待が高まるESG投資にも、課題が残っていることが現実です。
 
(1)ESG投資とは?
 

ESG投資には課題が残る

明るい未来を切り拓く、画期的な投資方法のような『ESG投資』ですが、さまざまな課題が残っているため、ESG投資のデメリットとして、いくつかご説明します。
 

中小企業にとってESG経営は負荷である

中小企業は、事業や会社の規模が大手企業より小さいため、ESG投資を視野に入れた経営に踏み出す余裕がない会社が多くあります。
 
また、余裕のない企業は、ESG投資をあきらめざるを得ないだけでなく、ESG投資を重視した大手企業が受注会社の見直しを行えば、切り捨てられてしまうリスクも。
 
すべての企業へ、同じ機会を与えるような対策が求められています。
 

取り組みのインパクトを計りづらい

もう1つのデメリットは、ESGに関わる施策を定量的に評価する仕組みがないことです。
 
未だに、ESG活動の効果をはかる方法が曖昧であるため、投資市場においては、ESG活動をとりあえずアピールすれば企業価値が向上する傾向があります。そのため、取り組みだけで終わるのではなく、どのような効果を持っているかを評価する体制が必要です。
 

環境、社会、企業統治面で取り組みを行う日本企業3選

esgの観点に気を使って経営をおこなう
では、ESG投資を検討されるには、どのような施策を行えばいいのでしょうか?
 
E(環境)やS(社会)、G(企業統治)、面で積極的に取り組みをおこなう企業として、 東洋経済『CSR企業総覧』のESGに優れた企業ランキングを参照しながら、日本企業でESGを重視する3つの企業をご紹介します。
 

1位 SOMPOホールディングス

1位に選ばれたSOMPOホールディングスは、金融系の日本企業です。主に、E(環境)とS(社会)部分で評価される施策をおこなっています。
 
環境面では、「損保ジャパン日本興亜の森林」にて全国5つの自治体と協定を結び、森林を整備したり、環境教育の機会を提供したりなど、日本の環境を保全する精力的に活動中。
 
社会面では、まずジェンダー平等を意識しているので、職員の過半数は女性が締めています。それにあたり、育児休暇が取得しやすい環境と、女性も管理職を目指せる制度を推進しています。
 
さらに、業務形態にもテレワークやシフト勤務を活用しており、柔軟な企業。平均の残業時間は、月8.2時間と日本社会では低いレベルとなっていることも、評価される要因の1つです。
 

2位 丸井グループ

次にご紹介するのは、主に社会面での取り組みが評価され2位を受賞した丸井グループです。
 
環境への負荷を削減するために、ドレスレンタルサービス「DRENi」をおこなっており、ドレス1着あたりの環境負荷を7分の1に削減することに成功しています。
 
また、社会面では、日本国内にて高校生・大学生向けの返済不要の奨学金給付事業や、人権・労働環境などの課題にサプライチェーン全体で取り組むなど、積極的な施策が多いです。
 
さらに、障害者雇用率2.50%、女性管理職比率12.1%、月平均残業時間3.5時間、最長で2年3カ月取得できる介護休業制度など、社内制度まで充実している企業です。
 

3位 オムロン

第3位のオムロンは、『統合リスクマネジメントルール』を活用し、企業統治の面に注力しています。
 
社外に取締役が存在し、経営者を評価する制度や、退職者からの内部告発を受け入れるなど、ガバナンス面での取り組みが主に評価される企業。
 
また、事業を通し、社会的課題解決への貢献も目指しており、新興国で生活習慣病が拡大するなか、インドや中国で血圧測定習慣の普及活動に力を入れていることが評価されている企業です。
 

私たちの暮らしとの関係

ここまでESG投資にまつわる企業の取り組みを中心にご紹介しましたが、私たちと遠く離れた話題ではありません。
 
ESG投資は、私たちの暮らしとも紐づく概念なので、ひとりひとりの暮らしのなかでは、社会的意義を果たす企業を選んで消費することを意識することができます。
 
私たち消費者は、選んで消費することができるので、SDGsを積極的におこなう企業の製品やサービスを選んで、消費をしてみてはいかがでしょうか?
 
しかし、その際に『グリーンウォッシュ』という、エコでもないのに、エコ商品だと謳うような行為にはお気を付けください。
 
グリーンウォッシュは何か、気になった方は下記の記事をご確認ください。
 
グリーンウォッシュを詳しく解説した記事
 

さいごに

今回は、世界で注目される投資の概念『ESG投資』について解説いたしました。企業には、利益を追うだけでなく、地球上の問題を解決することも求められています。今後、より期待が高まっていく投資なので、今後の動きが気になるところです。
 
最後にご紹介したように、ESG投資は企業だけでなく、消費者の生活にも関係がある概念なので、ふとした瞬間に自分の消費について考えてみてはいかがでしょうか?
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

               
ライター:Ayaka Sato
Ethical Choiceのインターン。自分のアクションで、地球のどこかの誰かが幸せになってくれる、そんな未来を描いて日々奮闘中。
クリップボードにコピーしました。