自然を活用するグリーンインフラとは?海外事例やその効果を解説

サスティナブル

自然の力を借りて国土や交通を整え、暮らしをより良いものにしていく「グリーンインフラ」。
 
これからの街づくりや都市開発には欠かせない考え方といわれています。
 
今回はそんなグリーンインフラの言葉の意味や海外・国内の実例、そして私たちにもできる身近なアイディアをご紹介します。
 

そもそもグリーンインフラとは?

 
グリーンインフラとは、グリーン(植物や河川、森などの自然)のもつ力をインフラ(生活基盤)に活用していこうという考え方。
 
社会が抱える課題や持続可能な国土づくりにも役立つといわれ、今、世界や日本でも注目されています。
 
元々グリーンインフラは、90年代半ばに米国で発案された社会資本整備手法。
 
「青と緑のインフラストラクチャー(blue-green infrastructure)」といわれることもあります。
 

日本でグリーンインフラという言葉が一般化したのは?

 
日本でグリーンインフラという言葉が浸透したのは、2015年国土交通省により発行された「国土利用計画」内の「社会資本重点整備計画」にグリーンインフラが記載されたのがきっかけと言われています。
 
2020年には「グリーンインフラ官民プラットフォーム」という官庁と民間企業が連携してグリーンインフラを活性化させるプラットフォームも建設されました。
 
シンポジウムや「グリーンインフラアドバイザー制度」といった様々な取り組みを行っています。
 

グレーインフラとグリーンインフラの関係とは

 
グリーンインフラとよく似た言葉である「グレーインフラ」は、主に人工構造物による社会基盤の総称。
 
グレーインフラのグレーとは、交通道路や堤防などコンクリートをイメージしたもの。
 
自然のはたらきを活用するグリーンインフラとは対極のものとして扱われることが多いようです。
 

重要視される背景と期待できる効果

 
グリーンインフラが重要視される背景には、「自然災害」と「里山の荒廃」、そして「自然生物の住処の減少」などさまざまなものがあります。
 
それぞれの課題を解消できる効果が期待できるグリーンインフラ。
 
続いては、ひとつひとつの課題とその解消効果をご紹介します。
 

自然災害

 
河川の氾濫や土砂災害など、さまざまな自然災害が心配される昨今。
 
グリーンインフラで自然も整えていくと、そういった災害の軽減が期待できます。
 
例えば、水田の貯水機能を活用した「田んぼダム」も、グリーンインフラのひとつといわれています。
 
ほかにも、マングローブ林と堤防を組合せて地震時の津波被害の減少や、山の斜面に木を植えることで土砂災害の軽減ができるといった防災効果も期待できます。
 

里山の荒廃

 
少子高齢化が進む昨今、課題となっているのが里山の荒廃です。
 
そんな里山にグリーンインフラによる付加価値をつけることで、地域の活性化や歴史的な文化物の維持をすすめることができます。
 
景観が良くなる他、福祉・コミュニティースペースとしても使えるのでもともと住んでいた地域住民はもちろん、観光客からも人気のスポットとして活用できる可能性も高まります。
 
また、自然豊かな公園を作る、楽しいイベントを企画する、交通網を整備するなどすると新たな居住者が来ることも期待できるでしょう。
 

自然生物の住処の減少

 
どんどん住処を追われ、行き場を失う自然の生き物たち。
 
そんな生き物たちが住める場所をグリーンインフラによって整えるというのも、重要な課題の一つです。
 
美しい土壌や河川と言った住みやすい国土を作ることで、多種多様な生物が心地よく暮らせる社会を望めるのです。
 
さらに自然生物が増えることにより、新しいグリーンインフラを作ることができるという期待も膨らみます。
 

グリーンインフラを取り入れる世界の国々


グリーンインフラを取り入れる国は、年々増えてきています。
 
例えば、欧州委員会(EC)では2013年にグリーンインフラ戦略を採択。
 
洪水や土砂崩れの対応はもちろん、公園や山での自然文化遺産の保護や活用を積極的に行っています。
 
続いては、そんなグリーンインフラを取り入れる国々の中からアメリカとスペインの事例をご紹介します。
 

アメリカの事例

 
グリーンインフラの発祥地ともいわれるアメリカでは、積極的な取り組みが行われています。
 
例えば、オレゴン州にあるポートランドでは、雨水の一時的に溜め、植栽に活用する「レインガーデン」という仕組みが有名です。
 
また、シカゴ州にあるミレニアムパークも、代表的なグリーンインフラ実例のひとつです。
 

スペインの事例

 
スペインでも、グリーンインフラは積極的に行われています。
 
特に注目すべきなのは、美しい並木道。
 
並木道を作ることで日影が多くなり、熱射病対策に役立ったという意見もあります。
 
また、見た目が美しく整ったことで、観光地として人気が出たという側面もあります。
 

日本の現状は?

 
日本でも、さまざまな地域にてグリーンインフラはすすめられています。
 
特に、2021年からは地方公共団体が取り組むグリーンインフラ支援を、国土交通省が主体となって行うことが発表されました。
 
これにより、さらにグリーンインフラ事業が広がっていくことが予想されています。
 

六甲山麓グリーンベルト事業

 
兵庫県で行われている六甲山麓グリーンベルト事業は、日本における大きなグリーンインフラ事業の1つ。
 
具体的には、土砂災害を防ぐために植生の力による斜面の安定化を目指すほか、レクレーションの場としての提供もしており、防災・地域活性化などさまざまなメリットが期待できます。
 

二子玉川ライズ事業

 
再開発によって東京に生まれた二子玉川ライズ。
 
ショッピングセンター、オフィスビル、バスターミナル、マンションなど様々な施設が収容される街です。
 
自然環境と調和することをテーマとした施設には、本格的なビオトープや菜園広場などを完備。
 
「第25回地球環境大賞」にてグランプリも受賞しました。
 

私たちにできるグリーンインフラとは


国土交通省をはじめとした自治体や企業が行うイメージの強いグリーンインフラですが、私たちが個人でできることはあるのでしょうか。
 
ここでは、個人でもできるグリーンインフラのアイディアをご紹介します。
 

雨水タンクの活用

 
空から降り注ぐ雨水は、積極的に利用したいもののひとつ。
 
タンクなどにためておき、植物の水やりや掃除、打ち水などに使ってみるのも良いでしょう。
 
火災時など非常のときにも役立ちます。
 
ただしボウフラが発生しないよう、雨水の流入口に網を張るなどの対策は忘れないようにしてください。
 

庭やベランダに植物を植える

 
グリーンインフラの代表的な例として知られる屋上緑化も、自宅で応用してみるのも良いのではないでしょうか。
 
窓辺で植物を植えると日差しを遮ってくれるので、冷暖房効率もアップするうえ、建物を紫外線・酸性雨から守る効果も期待できます。
 
また、植物や土が雨水を吸い込んでくれると下水に流れ込むまでの時間を稼ぐことができます。
 

最後に。自然の恵みに感謝した暮らしを。

 
自然のはたらきや力に注目し、暮らしや社会に活用していこうというグリーンインフラ。
 
避けることのできない自然災害をやわらげ、世界中の人や生き物たちが心地よく暮らせる社会のためには、今後もますます注目される考え方ではないでしょうか。
 
明るい未来のため、これからもグリーンインフラ事業には注目していき、また、私たちにできることも少しずつはじめていければと思います。
 
また、本記事でも紹介したような今後国土交通省が主体となって行うグリーンインフラ支援などにも注目していきたいですね。
 
それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

               
ライター:Ethical Choice編集部
Ethical Choice編集部です。エシカルな生活を送る知恵、サスティナビリティに関する取り組み、環境問題に対するソリューションを発信いたします。
クリップボードにコピーしました。