海のエコラベルMSC®認証とは?海と魚を持続可能にする取り組みを解説

サスティナブル

和食を代表する食である、魚。日本の食卓を豊かにするため、国内だけでなく、海外からも大量の魚が輸入されています。
 
しかし、皆さんは、世界の漁業のおよそ3分の1が、持続可能ではない方法で行われていることをご存知でしょうか?
 
このままだと、海の生き物が絶滅してしまう危機に直面している海。そんな海の現状を改善しようとつくられたのが、海のエコラベルMSC®認証です。
 
今回は、MSC®認証とは何か、どうしてMSC®認証が必要とされているのか、どのように使用されているのか、をご説明します。
 

持続可能な漁業の証、MSC®認証

MSC(Marine Stewardship Council)認証について

参照:https://www.msc.org/jp/home
 
まず、MSC®認証とは、MSC®(英語:Marine Stewardship Council®:海洋管理協議会)によると、水産資源と環境に配慮し適切に管理された、持続可能な漁業で獲られた天然の水産物に与えられる証です。
 
通称、「海のエコラベル」と呼ばれ、主にMSC®漁業認証とCoC認証の2つの基準をクリアした水産物に付与されます。
 
MSC®認証は、MSC®漁業認証とCoC認証という2つの基準をクリアすることした、厳選された水産物だけに与えられる認証マークです。
 

MSC®漁業認証

MSC®ではなく、独立した審査機関が審査を行うMSC®漁業認証。この段階では、漁業方法は持続可能かが審査の対象です。
 
審査は、以下のMSC漁業認証規格3つの原則に基づいて進行していきます。

  • 資源の持続可能性
  • 漁業が生態系に与える影響
  • 漁業の管理システム

 

CoC認証

CoC認証とは、加工・流通チェーン内でMSC®認証と非認証の水産物を区別するための仕組みです。このCoC認証は、加工業者、卸売業者、レストラン、小売店などの各サプライチェーン過程で必要とされます。
 

コラム
持続可能な養殖水産物に与えられるASC認証
MSC®認証に派生して、ASC認証と呼ばれる、ASC®(Aquaculture Stewardship Council®:水産養殖管理協議会)による持続的な養殖水産物に付与されるエコラベルもあります。

 

MSC®という団体とは

先ほど、MSC®認証の解説でも少し説明しましたが、MSC®(Marine Stewardship Council®:海洋管理協議会)という団体が、このMSC®認証の審査機関で、発行などを実施しています。
 
MSC®とは、1997年に設立された海洋を保護しようとする団体です。
 

世界の海を生命であふれたものにするというMSC®のビジョン

MSC®が持つビジョンは、世界の海が生命にあふれ、現在から将来にわたり水産物の供給が守られることです。
 
このビジョンを達成するために、MSC®はいくつかのミッションを設けています。

  • MSC®のエコラベルと認証制度を通じて、持続可能な漁業に向けた取り組みに報いる
  • 水産物購入に際しての消費者の選択に影響をもたらす
  • パートナーとともに水産物市場を持続可能なものへと転換する
  • 世界の海洋環境の保全に貢献する

上記のミッションをもとに、活動を行っているのがMSC®という団体。
 
実は、MSC®がこのようなビジョンとミッションを掲げて、海洋保護に励む理由は、海が今までにないほどの危機に直面しているという現実があるからなんです。
 

過剰な漁獲を抑えるためのMSC®認証

今や、世界の3割にも及ぶ魚が獲りすぎであると、国連食糧農業機関が発表。
 
また、過剰に収穫を行うことで、1970年から2012年の約40年間にかけて、49%もの海洋生物が絶滅していることがわかっています。
 
自然に繁殖し、成長していくスピードを考えれば、いつまでも収穫し続けることができる漁獲量を確保できるはずですが、「適切な量」を超えた漁獲を続けると漁獲量は頭打ちを向かえてしまう可能性がとても大きいです。
 
そのため、海にある生命を守るため、食卓から魚を失わことを防ぐために、MSC®認証によって海洋を守っていくことが必要とされているのです。
 
しかし、このMSC®認証ですが、日本国内ではあまり普及していないのが現状です。
 

日本ではまだ認知度が低いMSC®認証

日本において、MSC®が普及しない理由として挙げられるのが、その認知度の低さ
 
また、資源管理された商品を消費者が選択する傾向が強い欧米などの海外と比べて、日本国内では資源管理の観点への注目があまり高くないことが言えるでしょう。
 
まず、MSC®認証などの資源管理を意味するマークが存在している事実を知ってもらうことが重要になるため、この記事を読んでいる皆さんは、MSC®認証を日々の生活で探してみてほしいです。
 
そして、MSC®認証の認知度を向上させ、市場においてMSC®認証を消費することが当たり前にあることで、企業にも消費者にも、さまざまなメリットを実現できます。
 

MSC®認証で実現するサスティナブルなマーケット

MSC認証がついた水産物、シーフード
企業が、自社の製品にMSC®マークを付けるメリットはいくつもあります。

  • ブランド認知度、イメージの向上につながる
  • 原料の安定的な調達につながる
  • CSR(企業の社会的責任)に関する評価の向上
  • トレーサビリティの向上
  • SDGs(持続可能な開発目標)の目標14に貢献

上記で示した主な企業側のメリットは、より多くの消費者がMSC®認証の商品を選択するようになるほど、大きなものになっていきます。
 
そのため、消費者が資源管理されている商品を選んで消費することは、企業が持続可能なビジネスを進めていくことに直結しているのです。
 

MSC®認証商品を積極的に導入している企業例

MSC®認証を導入し、サスティナブルな領域に注力する企業が増えてきている近年。そこで、MSC®認証を導入している企業の取り組みを、4つご紹介します。
 

セブンイレブン

セブン&アイグループによるプライベートブランド、「セブンプレミアム」の水産食品でMSC®認証を得た食品が販売されています。例えば、たらこや辛子明太子などの魚類はMSC®認証マークが付与されているものです。
また、ASC®認証をえた、むきエビなどの養殖魚介類も扱っています。
 
さらに、「アラスカシーフード」というアラスカ州で天然水産資源を育む生態系を守るような資源管理・漁業管理を経たラインナップも。
 

イオン

イオングループが運営する、トップバリュも豊かな海をまもるためにMSC®認証などの商品を積極的に販売しています。
 
「グリーン・アイ natural」という、MSC®認証マークを得ている鮮魚のラインナップや、MSC®認証を経た魚介類を具材としてつかったおにぎりなどを展開しています。
 

マルハニチロ

マルハニチロが提供する、家庭用冷凍食品にも、MSC®認証を受けた魚介類が使用されています。例えば、MSC®認証が確約されたアラスカスケトウダラを原料とした、白身魚のフライや、ホタテなどが挙げられます。
 

ニッスイ

ニッスイは、冷凍食品だけではなく、缶詰や加工品などにもMSC®認証の魚介類を使用しています。鯖缶のさばや、ちくわの原料である白身魚など、資源管理に気を使った商品を展開しています。
 
このように、多くの企業が資源管理まで整えることができるMSC®認証を積極的に導入し始めています。これらの企業から消費することは、小さな変化に見えるかもしれませんが、大きな変化を起こすことができる1歩です。
 

MSC®認証マークがついた商品を消費しよう

えむえすしー認証がついているさかなを買う女性
企業と消費者の双方で、持続可能な商品でマーケットをあふれさせるためには、サスティナブルな商品を選択するということが私たちにできること。
 
スーパーやコンビニでは、MSC®認証マークがついた水産物、あるいは水産加工物を購入する。MSC®認証を得ている魚介を、使用しているレストランで食事をする。
 
お得感だけで購入の意思決定をするのではなく、MSC®認証のようなさまざまな側面にアンテナをはりつつ、消費をしていくことが私たちにできることです。
 

さいごに。海のエコラベルを選んで、持続可能な海を目指そう

今回は、「海のエコラベル」と呼ばれるMSC®認証についてご説明しましたが、いかがだったでしょうか?
 
この記事を通して、お伝えしたかったことは、皆さんが透明な資源管理を経たMSC®認証マークのある水産商品を選ぶことで、企業や漁業まで良い方向に変化する可能性があるということ。
 
豊かな海を守るために、また食卓から魚介類を失わないために、MSC®認証マークの商品を選択してみてはいかがでしょうか?ぜひ、水産物を購入する前に、MSC®認証マークがあるか確認してみてください。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

               
ライター:Ayaka Sato
Ethical Choiceのインターン。自分のアクションで、地球のどこかの誰かが幸せになってくれる、そんな未来を描いて日々奮闘中。
クリップボードにコピーしました。