ペスカタリアンとは?ヴィーガン・ベジタリアンとの違いも解説

サスティナブル

ヴィーガンベジタリアンなどの菜食主義者を表す言葉が広がりつつあるなか、近年では、食生活の傾向を表す言葉「ペスカタリアン」に注目が集まっています。
 
ただ、ペスカタリアンは具体的に何を食べて何を食べないか、どのような理由でそのような食事を取るのかまで知っている方は多くないかもしれません。
 
この記事では、ペスカタリアンの意味や特徴を詳しく解説します。
 
ヴィーガンやベジタリアンとの違いも解説しますので、食のあり方に関心のある方はぜひご覧ください。
 

ペスカタリアンの意味と特徴

 
ペスカタリアン(英語:pescatarian)とは、魚は食べる菜食主義者のこと。
 
「ペスカ」はイタリア語で魚の意味を持つ「pesce」に由来し、「タリアン」は主義者の意味を持つ「arian」に由来するものです。
 
ペスカタリアンは、ペスクタリアン(英語:pescetarian)と呼ばれることもあります。
 
お米や小麦粉、ナッツ類、豆類、野菜などの植物性食品を食べ、牛・豚・鶏などの動物性食品を食べないという菜食主義者の特徴を持ちながら、主なタンパク源として魚介類を食べるのがペスカタリアンの最大の特徴です。
 
どこまでを動物性食品と捉えるかは個人差がありますが、動物由来の原料を含むことのある鶏ガラやカレールー、コンソメなどを食べることを避ける場合が多くなっています。
 

ヴィーガンやベジタリアンとの違い

 

 
菜食主義者の特徴を持つペスカタリアンや、ヴィーガン、ベジタリアンは、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。
 
ここでは、ヴィーガンとベジタリアンの特徴を整理しつつ、ペスカタリアンとの違いを見ていきましょう。
 

ペスカタリアンとヴィーガンの違い

 
ヴィーガンとは、植物性食品のみを食べる完全菜食主義者のこと。肉や魚を食べないだけでなく、卵や牛乳などの乳製品なども一切口にしないのが特徴です。
 
これに対してペスカタリアンは、肉は食べないものの魚や卵、乳製品などは食べます。
 
また、特に肉などのタンパク質中心の食事を続けると体臭が強くなりやすいとされていますが、肉を食べないヴィーガンとペスカタリアンが体臭を抑えやすいのは共通点です。
 

ペスカタリアンとベジタリアンの違い

 
ベジタリアンは一般的に「肉と魚を食べない菜食主義者」と定義されているものの、実際には、どのような動物性食品を口にするかによって次のように細分化されます。
 

ベジタリアンの種類 口にする動物性食品の種類
ヴィーガン 動物性食品を一切口にしない
フルータリアン 動物性食品を一切口にしない。主に思想的な理由から根菜や葉野菜なども口にせず、フルーツやナッツ類のみ食べる
オリエンタルベジタリアン 五葷(ごくん)と呼ばれるにらやにんにく、ねぎ、らっきょう、浅葱(あさつき)を除いたヴィーガン食。主に宗教上の理由から実践する人が多く、アジア圏で主流
ラクトベジタリアン 乳製品は食べる。宗教上の理由から実践する人が多く、インドで広まっている
オボベジタリアン 卵は食べる
ラクトオボベジタリアン 卵と乳製品は口にする。欧米で広まっている
ポーヨーベジタリアン 肉類のなかで鶏肉のみ食べ、魚や卵、乳製品も口にする
セミベジタリアン 基本的に植物性食品を食べるが、時々肉も食べる

この表からわかるように、ヴィーガンはベジタリアンの一種。
 
また、一般的なベジタリアンとして認識されているのが、肉と魚は食べずに卵や乳製品は食べる「ラクトオボベジタリアン」です。
 
肉以外の魚や卵、乳製品などの動物性食品を口にするペスカタリアンは、ベジタリアンとまったく別の概念というわけではなく、ベジタリアンの一つに分類されることも多くなっています。
 

なぜ魚を食べるのに肉を食べないのか

 
それでは、なぜペスカタリアンは魚を食べるのに肉を食べないのでしょうか。
 
アレルギーなどの理由もありますが、主な理由として「家畜による環境への影響」と「肉の摂取が体に与える影響」の2つが挙げられます。
 
順番に詳しく見ていきましょう。
 

家畜による環境への影響

 
近年では、家畜の飼育による環境への影響が以前にも増して問題視されています。
 
国連は、家畜の飼育や餌の生産、食肉処理などの家畜部門全体から排出されるCO2は、世界のCO2排出量のうち約15%を占めると発表(1)
 
そして、漁業部門によるCO2排出量は、家畜部門によるCO2排出量よりも少なくなることがわかりました。
 
実際に2014年の調査では、肉を食べない人の食事は、少なくとも1日1食分の肉を食べる人の食事よりもCO2排出量が46%少ないと計算されています(2)
 
したがって、肉を食べないペスカタリアンであれば、家畜による環境への影響を抑制することが可能です。
 
(1)出典:Key facts and findings
(2)出典:Dietary greenhouse gas emissions of meat-eaters, fish-eaters, vegetarians and vegans in the UK
 

肉の摂取が体に与える影響

 
肉の摂取が体に与えうる影響も、ペスカタリアンが肉を食べずに魚を食べる一つの理由です。
 
世界保健機関(WHO)は、ハムやソーセージなどの加工肉や、牛・豚・羊などの赤肉を発がん性のある食品に分類しました。
 
また、肉の摂取が心臓病などのリスクを高めることも懸念されています。
 
実際にアメリカとイギリス、ドイツの7万6,000人を対象にした研究では、肉をめったに食べない人とペスカタリアンは、肉を定期的に食べる人と比較して心臓病で死亡するリスクが22%低いことが明らかになりました(3)
 
家畜も魚も同じ動物であるため、「動物愛護」という観点からペスカタリアンになることに対して矛盾を感じる方もいるでしょう。
 
ただ、上記のように、家畜による環境への影響や健康リスクの観点からペスカタリアンになる場合は、倫理上の矛盾はないといえます。
 
(3)出典:Mortality in vegetarians and non-vegetarians: a collaborative analysis of 8300 deaths among 76,000 men and women in five prospective studies
 

ペスカタリアンのメリット

 

 
ペスカタリアンで期待できる効果として、「栄養素が不足しにくい」「健康リスクの低減につながる」「レストランやレシピを探しやすい」の3つが挙げられます。
 
順番に詳しく見ていきましょう。
 

栄養素が不足しにくい

 
ヴィーガンのように動物性食品を完全に口にしないと、タンパク質やビタミンB12、亜鉛、カルシウムなどの重要な栄養素の摂取量が少なくなりがち。
 
一方でペスカタリアンは魚を食べるため、特にタンパク質をしっかりと摂取でき、栄養素が不足しにくいことがメリットです。
 
ヴィーガンだと筋肉のもととなるタンパク質が不足しやすいことから、ペスカタリアンの食事を取り入れるアスリートもいます。
 
ヴィーガンや、乳製品と卵のみを食べるラクトオボベジタリアンの食事に関心があるものの高いハードルを感じている場合、栄養素の観点からまずはペスカタリアンの食事を取り入れてみるのも良いかもしれません。
 
さらに、米オックスフォード大学の研究では、ペスカタリアンの女性の平均体重が肉を食べる女性よりも1.1kg少なくなったことがわかり(4)、無理をせずに痩せるダイエット方法としても注目されています。
 
(4)出典:Weight gain over 5 years in 21,966 meat-eating, fish-eating, vegetarian, and vegan men and women in EPIC-Oxford
 

健康リスクの低減につながる

 
ペスカタリアンは、次のように健康リスクの低減につながることでも注目されています。
 

  • ペスカタリアンは、非菜食主義者よりも糖尿病の発症リスクが約30%低くなる(5)
  • イワシやサバなどの青魚には、オメガ3脂肪酸と呼ばれる脂質の構成要素が含まれ、コレステロール値の低下や動脈硬化、心筋梗塞などの予防につながる
  • オメガ3脂肪酸の摂取により不安症状がやわらぐという研究結果がある

 
新しい食生活を取り入れる際、健康への影響は気になるもの。
 
上記の情報はペスカタリアンに着目した研究結果の一部に過ぎませんが、健康リスクを低減できるのはメリットといえるでしょう。
 
(5)出典:Type of vegetarian diet, body weight, and prevalence of type 2 diabetes
 

レストランやレシピを探しやすい

 
日本ではヴィーガンやベジタリアンのカフェやお弁当屋さんは増えつつあり、コンビニで変えるヴィーガン食も多くありますが、アメリカやイギリスなどの菜食主義者が多いとされる国と比べると専門のお店がまだ少ないのも事実。
 
ただ、ペスカタリアンは魚を食べるため、魚などの動物性食品を使った料理を提供する一般的なレストランに行った場合もメニューを選びやすいのが特徴です。
 
また、日本人が長い間食べてきた食事は魚を使うレシピが多く、献立も立てやすいでしょう。
 

ペスカタリアンのデメリット

 

 
ペスカタリアンはメリットばかりではなく、デメリットとして「漁業による水産資源の減少」と「魚介類の摂取のしすぎによる健康被害」が挙げられます。
 
順番に詳しく見ていきましょう。
 

漁業による水産資源の減少

 
近年では、魚介類の乱獲や地球温暖化による水産資源の減少が課題となっており、魚を食べるペスカタリアンにとっても大きな懸念点となるでしょう。
 
この課題の解決に少しでも貢献する方法として、次の2つの魚介類を優先して食べることが挙げられます。
 

 
サスティナブルシーフードとは、持続可能な形で漁獲あるいは養殖したことが認証された魚介類のこと。
 
身近な例として、イオングループが展開するグリーン・アイ naturalや、マルハニチロ、ニッスイなどがサスティナブルシーフードを使った製品を提供しています。
 
ブルーシーフードとは、海洋環境改善を目的とするNGO団体のセイラーズフォーザシーがまとめた資源が豊富な海産物のリストのこと。
 
カツオやマサバ、ホタテなどの約50種類がブルーシーフードに指定されています(6)
 
サスティナブルシーフードやブルーシーフードのみ食べるという選択は、精神的な負担につながる可能性があるため、魚を選ぶ際の一つの基準と捉えると良いでしょう。
 
(6)出典:Blue Seafood Guide
 

魚の摂取のしすぎによる健康被害

 
魚介類にはタンパク質やミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていますが、摂取のしすぎによる健康被害が懸念されています。
 
具体的に問題視されているのが、マグロやメカジキ、キンメダイなどの比較的大きな魚に多く含まれる「メチル水銀」による脳機能障害や高血圧症などのリスク。
 
このメチル水銀を理由に、特に妊婦さんに対しては、食べる魚の種類と量に注意するよう厚生労働省が呼びかけています。
 
海外でも、アメリカ食品医薬品局(FDA)が、特に子供や妊婦さんはメチル水銀を多く含む魚を食べるのを避けるよう推奨しています。
 
そして、肉を食べないペスカタリアンは必然的に魚介類の摂取量が増えがちになるため、摂取のしすぎには注意しなくてはなりません。
 

魚は食べる菜食主義者として知られる芸能人

 
これまでペスカタリアンについてあまり知らなかった方にとって、ペスカタリアンは遠い存在だと感じる場合もあるでしょう。
 
そこで最後に、ペスカタリアンに当てはまる2人の芸能人をご紹介します。
 

ローラ

 
現在はアメリカのロサンゼルスを拠点に活動するファッションモデル、バラエティタレント、歌手のローラ。
 
自身のインスタグラムで、お味噌汁や煮魚、豆腐などを組み合わせた昼食の写真を投稿しました。
 
この投稿では「I cooked some washoku for lunch(ランチに和食をつくりました)」とつづったうえで、「ペスカタリアン」のハッシュタグをつけています(7)
 
(7)出典:rolaofficial
 

藤原史織(ブルゾンちえみ)

 
以前はブルゾンちえみの名で活動していたタレント、女優、元お笑いタレントの藤原史織。
 
畜産が環境に与える影響に関するデータを見たり、肉を食べないと体の調子が良くなるのを実感したりしたことで、2年前から肉を食べない生活に変化したとしています(8)
 
このように芸能人にもペスカタリアンに当てはまる食生活をしている方がいますが、そもそもヴィーガンやペスカタリアンなどのカテゴリーに分類されたくないと考える人がいるのも事実。
 
また、ヴィーガンやペスカタリアンであると打ち明けたことがきっかけで、関係性が悪化するのではないかと考える人もいます。
 
そのため、ペスカタリアンはあくまでも食生活の傾向を知るための一つの指標と捉えることが大切です。
 
(8)出典:元ブルゾンちえみの藤原史織が、2年前から「肉を食べない生活」を始めた理由
 

体にも環境にも優しい選択を

 
「魚は食べる菜食主義者」と定義されるペスカタリアンには、畜産による環境への影響を抑制し、健康リスクの低減につながるほか、栄養が不足しにくいなどのメリットがあります。
 
ただ、漁業による水産資源の減少や、魚の摂取のしすぎによる健康被害が懸念されているのも事実。
 
そのため、バランスの良い食事を心がけながら、環境への影響を考慮したうえで魚介類を選ぶことで、安全かつ継続的にペスカタリアンの食生活を取り入れられるのではないでしょうか。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

               
ライター:Yuka Hirose
ベトナムとカンボジアで行った教育関連の活動をきっかけに、国際協力や環境問題に興味を持つ。大学では化学を専攻し、バイオマスプラスチックについて研究。現在はライター・英日翻訳者として活動。
クリップボードにコピーしました。