ヴィーガンレザーとは?動物皮革を使わない代替素材を解説

サスティナブル

ファッション雑誌などでもたびたび目にする「ヴィーガンレザー」という言葉。「一体どういう意味?」「どんな素材なの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。
 
今回は、ヴィーガンレザーといわれるレザー風素材の種類や、おすすめの商品等をご紹介します。ヴィーガンレザーのメリットとデメリットもお届けしますので、気になる方はぜひご覧くださいませ。
 

ヴィーガンレザーとは?

 
ヴィーガンレザーとは、動物の革を使わないレザー素材のこと。
 
「できる限り動物への搾取を行わない」という意味のある言葉である「ヴィーガン」と、動物の革を意味する「レザー」をあわせた言葉で、動物犠牲のない製品を意味します。
 
具体的には、化学繊維と樹脂を組み合わせたものや、植物の繊維などを加工してリアルレザーに近づけた素材のことを言います。
 
現在、ヴィーガンレザーといわれる素材は主に3種類。続いては、ヴィーガンレザーの種類をご紹介します。
 

ヴィーガンレザー素材3選

 
様々なブランドが取り扱うヴィーガンレザーですがその種類は、主に3種類に分けられます。
 

人工皮革

 
人工皮革は、リアルレザーにもよく似ている素材で、化学繊維を織ったものにポリウレタン樹脂をしみこませて作ります。
 
手触りも良く、またヴィーガンレザーの中では耐用年数も7~10年ほどと長めのものが多いので、サスティナブルな暮らしを楽しむ方からも人気があります。
 

合成皮革

 
合成皮革は、化学繊維を織った物に樹脂でコーティングをしたタイプのヴィーガンレザーで、「合皮」と略されることもあります。
 
人工皮革よりも比較的リーズナブルなので、ファストファッションブランド等でもよく使われる人気素材です。
 
ただし、耐用年数は3~5年ほどと余り長く使えないという側面もあります。
 

植物性レザー

 
植物性レザーは、サボテンやパイナップル等の果物の葉を使った、今までにない画期的なヴィーガンレザーです。
 
まだ発表されて間もないものが多いため、その耐久年数やメリット、デメリットがすべて出ているわけではありませんが、今後市場を拡大することも期待されています。
 
物にもよりますが、リアルレザーのように経年変化が楽しめるものもあります。
 

メリットとデメリットは?


 
3種類のヴィーガンレザーを紹介しましたが、気になるのは通常の革と比較した際のヴィーガンレザーのメリット・デメリットではないでしょうか?
 
ここでは、3つのメリットと2つのデメリットを紹介いたします。
 

ヴィーガンレザーのメリット①アニマルウェルフェアである

普段使いをすることも多いレザー製品は、できれば使っていて罪悪感もなく心穏やかになる物を選びたいですよね。
 
現在、エシカルな考え方をする方達の中で話題となっているのが「アニマルウェルフェア」。これは、生き物全て(家畜、実験動物、ペット等)に、誕生から死までを健康的で幸福に過ごしてもらうという考え方のことです。
 
動物犠牲のないヴィーガンレザーなら、そういった考えをする方にもぴったりでしょう。
 

ヴィーガンレザーのメリット②軽量

もちろん、ヴィーガンレザーのメリットは精神的なものだけではありません。
 
おおむねヴィーガンレザーはリアルレザーに比べて軽量なので、荷物が多い方や肩や腰に痛みを感じている方にもぴったりです。
 

ヴィーガンレザーのメリット③水に強い

リアルレザーの弱点といえば水に弱い点。雨に濡れるとシミができたりキズやひび割れの原因となってしまいます。
 
ヴィーガンレザーであれば、水に強い物が多いため突然の雨にも安心して使い続けることができるでしょう。
 

ヴィーガンレザーのデメリット①耐久年数が低い

特に人工皮革、合成皮革素材はある程度の年数が来ると加水分解を起こし、べたつきやひび割れが起こってしまいます。お気に入りのレザー製品は長く使いたい!と思う方からするとデメリットとなってしまうでしょう。
 
なお、新素材の天然皮革はまだ市場に出て間もないということもあり、まだ未知数であるのが現状です。
 

ヴィーガンレザーのデメリット②熱に弱い

人工皮革、合成皮革素材に使われるポリウレタン素材は、熱に弱いという側面があります。そのため、暖房器具の前や直射日光が当たる位置に置いていると表面が溶けてしまうということも。
 
特に車の中に長時間ヴィーガンレザー製品を放置する予定がある、というときなどには注意が必要です。
 

ヴィーガンレザーが注目されるようになった背景とは?

地球環境に優しいエコな暮らしやアニマルウェルフェアに目を向ける方が多い昨今。この頃は、衣食住の「衣」のジャンルでも、エコな素材や環境に優しい製法などを取り入れる企業が増えています。
 
特にリアルファー(動物の毛皮)を使わない「ファーフリー」宣言をするハイブランドも多数増えており、ファッション業界の中ではクリーンな素材が真の美しさであるという考えが浸透しつつあります。
 
過去には希少価値の高いリアルファーこそが美しさの象徴と言われたこともありましたが、その考えを改めるブランドも非常に多いのです。
 
そんなファッションの業界で今注目されているのが、ヴィーガンレザー。地球環境に優しいのはもちろん、使い勝手が良いことでも人気を集めています。
 

おすすめのヴィーガンレザーブランド5選

ヴィーガンレザーの種類やそのメリット、デメリットをご紹介してまいりました。早速ヴィーガンレザーの製品が欲しくなった・気になってきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そこで、続いてはおすすめのヴィーガンレザーブランドをご紹介。
 
おしゃれでハイセンスな商品を取り扱うブランドばかりを厳選しましたので、ぜひご覧ください。
 

FUMIKODA


出典:https://fumikoda.jp/collections/myfumikoda

  • 日本産のヴィーガンレザーを使用したアニマルフリーアイテムにこだわるブランド
  • 残り生地のアップサイクルやリサイクル事業など、エコ活動にも注力
  • カスタマイズバッグは63,800円(税込)~

 
エシカルな物作りにこだわるバッグブランドです。
 
10年経っても劣化しづらいヴィーガンレザー(人工皮革)を使用したバッグは、長く持てるバッグをお探しの方にもぴったり。
 
リアルレザーと遜色のないバッグは、本物を知る方にもぜひ使っていただきたい逸品と言えるでしょう。
 

【おすすめ商品】カスタマイズ YOUR BAG

3種のショルダーバッグとクラッチバッグの中から形を選び、お好みのカラーでカスタマイズすることができるセミオーダーバッグです。
 
日本の伝統技術を用いたパーツもあり、上品な仕上がりが期待できます。
 
とことん自分好みのヴィーガンレザーバッグを作ることができるので、ファッション好きさんにもおすすめです。
 
おすすめ商品へのリンクはこちらから。
 

Re:nne


出典:https://rennetokyo.thebase.in/items/40808336
 

  • サボテンを使ったヴィーガンレザー製品を取り扱うブランド
  • 様々な賞を受賞したヴィーガンレザーは、これからの注目素材
  • 財布セットは36,000円(税込)

 
「Green Product Award2020」、「LVMH Innovation Award」などの賞を受賞した注目の「サボテンレザー」製品を取り扱うブランドです。
 
ブランド名の「Re:nne」は、日本語の「輪廻」を意味しており、世代を超えて愛されるものづくりを目指しています。
 
リアルレザーに近い手触りと優れた耐久性を誇る「サボテンレザー」は、今までにないヴィーガンレザー製品をお探しの方にもおすすめです。
 

【おすすめ商品】サボテンレザー ”Chitose” Short Wallet &Long Wallet セット

長財布と二つ折り財布がセットになった豪華なセットです。(単品販売もあり)
 
シンプルで使いやすいヴィーガンレザーのお財布は、年齢や性別を問わずだれもが愛せる逸品になっています。
 
おすすめ商品へのリンクはこちらから。
 

ナダヤ


出典:https://www.nadaya.shop/shopdetail/000000000094/

  • 1960年に創業した日本の革製品ブランド
  • パイナップルの革を使ったヴィーガンレザー製品を展開
  • ピニャテックスの名刺入れは7,480円(税込)

1960年に創業した日本の老舗レザーブランド「ナダヤ」が新しく手掛けたのは、パイナップルの繊維を加工した「ピニャテックス」といわれる素材。
 
お財布の他、名刺入れなども展開されているのでオンオフ問わず愛せるブランドとなるでしょう。
 
優しく素朴な風合いのヴィーガンレザーは、ナチュラルなライフスタイルを楽しむ方にもぴったりです。
 

【おすすめ商品】パイナップルから作られた名刺入れ 【ピニャーレ/pinamore】

約60枚の名刺を入れることができる使いやすい名刺入れです。
 
ベーシックな「チャコールブラック」のほか、鮮やかな「パプリカ」、優しい印象の「ホワイトナチュラル」の3色展開となっています。
 
おすすめ商品へのリンクはこちらから。
 

やさしい靴工房 Belle & Sofa


出典:https://www.belle-co.jp/item_list/00205/

  • MFレザーといわれるヴィーガンレザーを使う日本のシューズブランド
  • 甲幅にあわせた特注も可能
  • コンフォートシューズは10,450円(税込)

 
合成皮革よりも柔らかく、リアルレザーよりも軽量の「MFレザー」といわれるヴィーガンレザーの靴を作るブランドです。
 
履き心地の良い靴にこだわっており、インソールやカッティングにも自信を持っているのだそう。
 
靴を作るうえで余ったヴィーガンレザーはお財布やブックカバーとして活用しています。
 

【おすすめ商品】シンプルコンフォートシューズガーデン

パンツにもスカートにもあわせやすい、シンプルで使い勝手の良いコンフォートシューズです。
 
カラーバリエーションも豊富なので、きっとお好みの靴が見つかるはず。
 
レディースだけではなくキッズやメンズのローファーやブーツ等も取り扱っているので、家族ぶんを探すのもおすすめです。
 
おすすめ商品へのリンクはこちらから。
 

Aasha


出典:https://base.aasha.jp/items/44137984

  • コルク材料のアイテムやサボテンレザーのアイテムを展開するエシカルブランド
  • フェアトレード雑貨の販売も行っている
  • ポーチは9,790円~(税込)

 
地球に優しいエコな素材で、バッグや小物を作っているブランドです。
 
こちらのブランドで今注目されているのが、サボテンを使ったヴィーガンレザーの商品。
 
ユニセックスで使い勝手の良いアイテムが多数あるので、ご家族や恋人同士等でおそろいにするのもおすすめです。
 

【おすすめ商品】サボテンレザー UTILITY POUCH – EBONY + BERRY/ ポーチ エボニー&ベリー

サボテン由来のヴィーガンレザーを使った、フラットタイプのポーチです。
 
シンプルながらもハイセンスなデザインで、周りからも注目されること間違いなしです。
 
おすすめ商品へのリンクはこちらから。
 

さいごに。地球と動物に優しい素材を楽しもう

地球環境にも、そして心身にも優しいヴィーガンレザーについてご紹介しました。
 
新しい素材も続々生まれるなど、ファッションブランドからも注目されているヴィーガンレザー。
 
日本の企業やファッションブランドからも、新しい選択肢が次々生み出されています。
 
ファッショングッズや日用品でレザー関連のものをお買い物する機会がありましたら、ぜひヴィーガンレザーという素材にも注目してみてくださいね。
 
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

               
ライター:Ethical Choice編集部
Ethical Choice編集部です。エシカルな生活を送る知恵、サスティナビリティに関する取り組み、環境問題に対するソリューションを発信いたします。
クリップボードにコピーしました。