フレキシタリアンとは?肉を減らすことが環境問題を救うのは本当?

サスティナブル

フレキシタリアンとは、柔軟であることを意味するフレキシブル(Flexible)とベジタリアンが合わさった単語で、日本でも耳にする単語となりました。ただ、一般的な食事をする方にとっては、〇〇リアンと言った言葉が増えると、わかりにくいのではないでしょうか。
 
そこで、本記事では、フレキシタリアンと、ヴィーガンやベジタリアンの違いを解説した上で、フレキシタリアンになる理由や背景をお伝えできればと思います。
 
動物愛護の観点から食事スタイルを変えるものだと考えがちですが、実は環境問題にも大きな関わりがあるのです。
 
食事スタイルと環境問題がどう結びつくのか、多くの方にとっては大きな驚きがある事実ですので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。
 

フレキシタリアンとは?

フレキシタリアンは、フレキシブル(Flexible)とベジタリアンが合わさった単語で、柔軟にベジタリアンを実践する人のことを指します。
 
セミ・ベジタリアンともいい、要は肉や魚を全て断つのはできないけど、できる範囲でベジタリアンの食生活をする食事スタイルのことです。
 
余談ですが、フレキシタリアンは、1992年にアメリカの雑誌『Austin American-Statesman magazine』にて、レポーターのLinda Anthonyが使用したのが起源とされており、2003年にはアメリカで最も便利な言葉として選出されています。
 

ベジタリアンやヴィーガンとの違いとは?

フレキシタリアンとベジタリアンやヴィーガンとの違いは、言葉からもわかる通り、その柔軟性です。
 
フレキシタリアンは、何をどれくらい食べてはいけないという決まりはなく、全ては本人次第。今日は友達と食事をするから肉を食べてもOKと割り切ることもできます。
 
一方でベジタリアンやヴィーガンの場合は、そのような例外は基本的に認められていません。ビーガンは植物由来のもの以外口にしませんし、ベジタリアンは卵・乳製品を除けば植物由来の食事をしています。
 
ただ、ヴィーガンやベジタリアンのように厳格だと、外食でのベジタリアンやヴィーガンの選択肢が少なさからも、外食を楽しむ機会が減ってしまうため、フレキシタリアンが一番ストレスなく実践できる食事スタイルではないかと考えられます。
 

フレキシタリアンが広がる背景

フレキシタリアンなどの肉の消費を積極的に避ける食事スタイルをとる理由としては、健康上の理由や、動物愛護、動物の福祉の観点がよく知られています。
 
ただ、今はどちらかというとそれ以上に、環境問題に少しでも貢献するために、フレキシタリアンなどの肉を消費を減らす食事スタイルととっている人が増えているのです。
 
肉を食べることと環境問題。
 
一見するとあまり結び付かない両者ですが、どのような関係があるのでしょうか。

 

肉を食べることと環境問題

牛肉を食べることが気候変動、地球温暖化の最大の要因
実は食肉は、環境破壊の最大の原因ともされていて、私たちが普段生きていては知らない事実が多く存在します。
 
それを表す衝撃的な数字を集めましたので、ご覧ください。
 

・畜産業は世界全体の温室効果ガスの24%を排出している
・一方で温室効果ガスを大量に排出しているイメージがある鉄道、航空、海上輸送などを合わせても14%
・牛は1日に1500億ガロン(約5億7千万立方メートル)のメタンを生成していて、メタンはCO2の20倍もの温室効果がある
・1ポンドの牛肉を生成するのに2,500ガロン(約9500リットル)の水が必要
・アマゾンの熱帯雨林が消失している原因の91%は、放牧のためなどの家畜に関連するもの
・地球上に存在する哺乳類の約60%は牛と豚などの家畜で、人間が36%、野生動物はわずか4%
・人類は100億人を養うのに十分な食糧を栽培しているが、その50%は家畜が食べていて、現在も9人に1人が飢餓状態にある

 
参考資料

Global Greenhouse Gas Emissions Data

Cow Farts Have ‘Larger Greenhouse Gas Impact’ Than Previously Thought; Methane Pushes Climate Change

Humans just 0.01% of all life but have destroyed 83% of wild mammals – study

Meat and Animal Feed

 

さいごに。当たり前の現実に問いを投げかけよう。

当記事では、フレキシタリアンがどのような食事スタイルで、なぜ今増えてきているのか、そして食肉と環境問題に関して見てきましたが、いかがでしたか。
 
食肉が環境問題と深い関わりがあることはほとんどの方が知らない事実だったかと思います。
 
ここでお伝えしたいことは、決して全員がベジタリアンになるべきとか、フレキシタリアンが偉いとかそう言った話ではなく、自分が食べているものがどうやってできていて、何をもたらすのかを知ることから始めようということです。
 
筆者自身も、1年前まではこのような事実は何も知らずに生きてきたので、偉そうなことを言うつもりはありませんが、何気ない日常に対して問いを投げかけることの重要なのではないでしょうか。
 
また、食肉と環境問題に関しては、『Cawspiracy』というドキュメンタリーが有名で勉強になりますので、より詳しく知りたい方はぜひご覧にいただければと思います。
 
それでは、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。
 

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。