SDGs(持続可能な開発目標)とは?17の目標と私たちにできることを紹介!

サスティナブル

SDGs(エスディージーズ)という単語を、近頃耳にすることが多くなってきたのではないでしょうか?
 
気候変動や海洋汚染、貧困や差別の問題など、世界には多様で複雑な社会課題が溢れていますが、これらの課題を解決して、「持続可能な世界」を実現していくことがSDGsの最終的なゴールです。
 
当記事では、SDGsの内容を解説した上で、私たちができる取り組みに関して解説いたします。
 
世界で力を合わせて達成する国際目標ですので、今日を機にSDGsに詳しくなって、少しずつアクションを起こしていきましょう。
 

SDGsとは?2030年までに達成すべき17の目標

SDGs(エスディージーズ)は、2015年に国際連合が発表した、2030年までに達成するべき世界全体の目標です。「Global Goal(グローバルゴール)」と言われることもあります。
 
SDGsという言葉は「Sustainable Development Goals」の略称で、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」で、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを最終的な目的としています。
 
この目的を達成するために、具体的な17の目標と169のターゲットがあるので、まずはその内容を1つずつ見ていきましょう。
 

  1. 貧困をなくそう
  2. あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

  3. 飢餓をゼロに
  4. 飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

  5. すべての人に健康と福祉を
  6. あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

  7. 質の高い教育をみんなに
  8. すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

  9. ジェンダー平等を実現しよう
  10. ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

  11. 安全な水とトイレを世界中に
  12. すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

  13. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  14. すべての人に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

  15. 働きがいも経済成長も
  16. すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

  17. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  18. 強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

  19. 人や国の不平等をなくそう
  20. 国内および国家間の格差を是正する

  21. 住み続けられるまちづくりを
  22. 都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

  23. つくる責任つかう責任
  24. 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

  25. 気候変動に具体的な対策を
  26. 気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

  27. 海の豊かさを守ろう
  28. 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

  29. 陸の豊かさも守ろう
  30. 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

  31. 平和と公正をすべての人に
  32. 持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

  33. パートナーシップで目標を達成しよう
  34. 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 
以上がSDGsの大きな目標です。
 
ただし、これらの17個の目標だけでは抽象的であり、達成状況が判断しづらいため、SDGsでは一つ一つの目標に対して、具体的な「ターゲット」を定めています。
 
例えば、下記が目標1「貧困をなくそう」を達成するために定められた項目です。
 

1.1 2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
1.2 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
1.3 各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度および対策を実施し、2030年までに貧困層および脆弱層に対し十分な保護を達成する。

 
1.2の「割合を半減させる」と数値目標が明確なターゲットもあれば、1.1のように「極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる」といった抽象度の高いターゲットもあります。
 
そこで、169のターゲットでも具体的に数値化できていない部分を補うために、ターゲットをより詳細化した「244の指標」も定められていたりと、具体的な数値目標を設定しているのが特徴です。
 
また、具体的な数値目標があることで、どんな施策をするべきかを考えることができ、2030年に2015年の数値と比較してSDGsの取り組みの正確な成果を測ることができます。
 
実際に毎年、「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム」(HLPF: High-Level Political Furum)という国際会議を実施し、世界各国が国連に対して目標への進捗状況を報告します。
 
世界全体の達成状況は、国連広報センターのホームページでわかりやすくまとめられています。
 

具体的な数字目標はMDGsの反省から

2015年から始まったSDGsですが、実はその前身と呼ばれるものがあり、それはMDGs(Millennium Development Goals)という国際目標です。
 
MDGsはミレニアム目標とも呼ばれ、2015年までに『極度の貧困と飢餓の撲滅』や、『普遍的初等教育の達成』など8つのゴールと21のターゲットが掲げられていました。
 
しかし、各ゴールがあまりにも抽象的だったことや、具体的な目標数値が無かったことなどから、定着もせず実行にもあまり移されずに終わってしまった背景があります。
 
そんな背景もあり、SDGsでは具体的に目標数値を定めていたりと、取り組みやすい目標設定となっているとも言われているのです。
 

SDGsの各課題全ては私達に関わりがある

SDGsはみんなで達成するのイメージ
SDGsを考える上で1つ大切な視点があります。それは、17の課題がそれぞれ複雑に繋がり合っているということです。
 
例えば、私たちが毎日着ている洋服。
 
その服がどこでどのように作られたか、また1枚の服が社会にどんな影響を及ぼしているか、考えたことはありますでしょうか?例えば、たかが一枚の服かもしれませんが、以下のような問題が関わっている可能性があります。
 
貧困問題
その服は、もしかしたらどこかの国で不当な低賃金労働を強いられている人が作ったものかもしれません。
 
飢餓を助長
服を作ってくれた人は、低い賃金で食べ物が得られず、飢餓の危険と毎日闘っている可能性もあります。
 
陸の豊かさを損なっている
その服の原料は、大量の農薬を使って作られ、その土地の植物や働く人に悪影響を及ぼしているかもしれません。原料の栽培のために、森林伐採が進み、陸上の生物の生息地がなくなっている可能性も考えられます。
 
エネルギーはどこから?
その服が作られた工場では、化石燃料を利用したエネルギーを使っているかもしれません。
 
気候変動に寄与している
そして、毎日大量の二酸化炭素を排出し、地球温暖化を促進している可能性もあります。
 
海の豊かさを損なっている
また、その服を洗濯すると、マイクロプラスチックが発生して海に流れ、海の生態系を壊していることも考えられます。
 
もちろん、これらは全て仮定の話ですが、たった1つの服だけでもこれだけ多くの社会課題と関わっている可能性が少なからずあります。
 
日本に住んでいて、美味しい水道水が飲めて、清潔なトイレがあって、毎日美味しいご飯が食べられるかとといって、SDGsは私たちにとって、全くの無関係ではありません。
 

Ethical ChoiceもSDGsに取り組むビジネスの1つ

そして私たちEthical ChoiceもSDGsに取り組んでいます。Ethical Choiceが取り組むのは、12番の『つくる責任つかう責任』。
 
人・社会・地球にとって、本当に良い商品やサービスを紹介していくことで、少しずつ世の中に対して、エシカル消費の認知を促進し、エシカル消費をすることが新しいスタンダードになるように、ビジネスに取り組んでいます。
 
私たちが持つ、マーケティングの力とプラットフォームの力で、ビジネスという側面から、SDGsに貢献していければと思います。
 

SDGs達成に向けて -私達にできること-

世界規模の課題を解決するとなると、国や大企業のような大きな力必要だと思ってしまいますが、私達一人ひとりがSDGsの達成のためにできることはたくさんあります。
 
例えば、SDGsのことを知らない人と対話をとること。
 
その商品がどこでどのように作られ、どのようにあなたの手元に届いたのかを考えて、エシカル消費をすること。
 
ゴミを出さないように、ゼロウェイストを心がけること。
 
できることはたくさんあります。自分のできる範囲から始めてみましょう。
 
それでは最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。
 

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。