ゼロウェイストとは?今日から実践できる5Rの取り組みを紹介!

ゼロウェイスト

ゼロウェイストとは、ゴミや廃棄物を出さないことを意味する言葉です。
 
近年、ゴミ問題や環境コストなどの問題から、日本を含め、世界中でゼロ・ウェイスト生活に取り組む人々や自治体が増えています。
 
当記事では、ごみ問題の現状と課題について解説し、循環型社会を実現するための「ゼロ・ウェイスト」と、それを支える「5R」という考え方それに加えて、誰でも今日から始められる実践方法を解説します。
 
サスティナブル(持続可能)な世の中にしていくために、できることから取り入れてみましょう。
 

ゼロウェイストを支える5Rとは?循環型社会のキーワードを解説

私たちが目指すべき「ゼロ・ウェイスト」の社会では、「5R(ファイブアール)」を意識することが大切です。
 
5Rは、良く聞く3Rである「Reduce(リデュース)」「Reuse(リユース)」「Recycle(リサイクル)」に加えて、「Refuse(リフューズ)」、「Repair(リペア)」の2つのRが追加されたものです。
 
では、ゼロ・ウェイストを実現するヒントの「5R」の項目を一つずつ詳しく見ていきましょう。また、5Rは紹介する順番に実践することで、最大の効果を発揮します。そこにも注目していただければと思います。
 

Refuse:不要なものはもらわない

Refuse(リフューズ)は、英語で「断る」という意味です。
不要なものや、すぐにゴミになってしまうとわかっているものは、できる限り事前に断ってもらわないということ。
 
Refuseするべき身近なものの例には、レジ袋、プラスチックストロー、プラスチックのナイフやフォーク、過剰包装等が挙げられます。
 
また最近では、ネットショッピングでの過剰包装にお困りの方も多いようです。
 
ネットショップのサイトによっては、備考欄に「お手数をおかけしますが、ゴミを減らしたいので、できるだけ簡易包装をお願いします。」と一言添えるだけで無駄なプラスチック包装などを減らしてくれます。
 
破損や水濡れなどの心配のない商品であれば、簡易包装をお願いしてみましょう。Refuseすることで、無駄に発生していたゴミを大幅に減らすことができますよ。
 

Reduce:ゴミを減らす

リデュースのイメージ
ゴミを「減らす」Reduce(リデュース)で大切なのは、使い捨てのモノや使い切れないモノをできるだけ買わないことです。
 
簡単な例は、マイボトルやマイタンブラー。これらを持ち歩けば、使い捨てのペットボトルやカップの消費を減らすことができます。
 
また、先述したとおり、食料廃棄も世界的な問題であり、ごみ問題の大きな一因となっています。食べ切れる分の食材を買うことや、食材を腐らせないように気をつけることもReduceの一貫です。食べ残しもできるだけしないことが好ましいですね。
 
ただ、使い捨てのモノをできるだけ取り入れたとしても、やはり限界はあり、ゴミは出てしまいます。出てしまったものは仕方がないと考えず、できるだけゴミを減らす方向で考えることが重要になります。
 
モノがゴミに変わるのは、持ち主の主観による「もう不要になった」という判断だけです。
「まだ使えないか」「直したら使えるのではないか」「リメイクできないか」「誰かに譲れないか」等をいま一度考え直してみましょう。
 
そして、「捨てない」選択をしたところでReduceができ、捨てなかったモノは次のRにつながっていきます。
 

Reuse:再使用

1度使って、もう使わないなと思うものでも、洗ってきれいにすればまだ使えるものや、他の誰かに譲ったり、他の用途に使えるものもたくさんあります。できるだけモノを捨てずに、何度も使うことでゴミを減らすのがReuse(リユース)です。
 
Reuseの簡単な例を1枚の服で考えてみましょう。
 
あなたがもう着ないと判断した洋服。このままゴミとして捨てることもできますが、他の道も考えてみましょう。例えば、古着屋さんやフリーマーケットアプリで売れば、新しい貰い手が見つかるかもしれません。
 
サイズが小さくなってしまった子供服等は、知り合いにお下がりとしてあげることもできますよね。また、服の生地を使ってポーチ等の小物リメイクしたり、掃除の雑巾等活用することで洋服としてではなく他の用途で再利用する方法もあります。
 
あなたが使ったモノをいかに再使用するかだけでなく、新しいモノを購入するときにもReuseを意識することが大切です。
 
新品の服やモノばかりを買うのではなく、古着やフリーマーケットアプリから購入すること、リサイクルされた原料でできた製品を選ぶこともReuseになります。
 
新しいモノを買った時は、できるだけ長く大切に使うことを心がけましょう。
 

Repair:修理して使う

新しく5Rに加わった2つ目のRは、修理するという意味のRepair(リペア)。
 
どんなに丈夫なモノでも、使っていくうちに壊れてしまうことはあります。すべてのモノとは言えませんが、修理をすれば使えるようになるモノはたくさんあるはずです。
 
ゴミにしてしまう前に、修理をすればまた使えるようにならないか、一度立ち止まって考えるようにしてみましょう。
 

Recycle:再び資源として利用する

最後のRはRecycle(リサイクル)。モノをゴミではなく資源として再利用することです。
 
まず、リサイクルで大切なのは、リサイクルできるものをきちんと回収すること。私たち消費者は、本来なら再び資源になるものをゴミとして処分してしまっていることがあります。
 
先程リサイクルの問題について言及しましたが、ここで注目したいのは、そもそもリサイクルのために回収できていないプラスチックごみが全体の16%もあるという事実。
 
これは、ゴミを捨てる側の私たちが解決できる課題であり、解決すべき課題です。
 
プラスチックごみ意外にも、古紙やビン、スチール缶など、リサイクル品として回収されている資源はたくさんあります。今一度、ゴミの分別やリサイクルできる資源を見直して、リサイクルできるものはできるだけリサイクル品として出すように心がけましょう。
 
また、最近ではゼロ・ウェイストや持続可能な社会を目指してリサイクル原料を使用した製品にこだわるブランドやお店も増えています。
 
リサイクル原料を使用した商品や、そういった活動を推進する企業の製品を選んで買うことも、あなたができるリサイクル活動の一つです。
 
ぜひ、これらの5Rを意識しながら日常で使うモノとの向き合ってみてください。
 

ゼロ・ウェイスト実践者の成果

ゼロ・ウェイストを実践してみると、どのくらいのゴミを減らすことができるのか、また、どのような取り組みが実際に行われているのか気になりますよね。
 
では、世界や日本のゼロ・ウェイスト実践事例を見てみましょう。
 

世界のゼロ・ウェイスト・ホーム

『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であるフランス人のベア・ジョンソンさん。彼女は、アメリカ人の旦那さんと二人の息子との4人家族で、アメリカのカリフォルニアで暮らしています。
 
なんと、ジョンソンさん一家の1年分のゴミはたったの1リットル。家族4人でこれだけのゴミしか出ないようにするのは、相当な努力が必要なのではないかと思いますよね。
 
しかし、彼女が実践しているのは全てRefuse・Reduce・Reuse・Recycle に「Rot(生ゴミの堆肥化)」を加えた5つの基本ステップに沿った取り組みなんです。
 
何より、シンプルでモノを消費しすぎないシンプルな暮らしを一家で楽しんでいます。
世界中の家族がここまでゴミを減らすことができたら、大量の廃棄物問題も改善することができそうですよね。
 
彼女の著書の中では、「台所と買い物」「仕事部屋」「子育てと学校」「外食・旅行」等、様々な生活のシーンでのゼロ・ウェイストと5Rの実践方法が紹介されています。
 
ご興味のある方は、ぜひ読んでみてください。
 

日本を代表するゼロ・ウェイストの町、徳島県上勝町

徳島県上勝町は、自治体が一体となってゼロ・ウェイストに率先して取り組む日本を代表するゼロ・ウェイストな町です。彼らは町内の焼却・埋め立てゴミをゼロにすることを目標に、様々な活動を町民全員で行っています。
 
例えば、ゴミの分別。
 
上勝町ではできる限り全ての資源を有効活用するため、ごみを13種類45分別に分けて処理しています。町内にゴミ収集車はなく、町民は町の中に一つしかないゴミステーションまでゴミを運んで、分別して捨てるそうです。
 
分別をするブースには、どの素材が何に再資源化されるか、その売払価格・引取価格等も明示されています。
 
手間がかかって面倒なことではありますが、美しい自然を残していくために町民もこの活動に賛同し、誇りを持って取り組んでいるのです。ゴミを分別するだけでなく、日常生活で5Rを意識してものを大切にする生活を多くの人が実践しています。
 
そして、上勝町の取り組みは、福岡県、熊本県、奈良県、神奈川県等全国各地の自治体にも広がりを見せているんです。
 

ゼロ・ウェイストが必要な理由:ゴミ問題の現状と課題

ここまで、ゼロウェイストの概念と、実践するための5Rを紹介し、実際に実施している事例をみてきました。
 
ただ、なぜこのようなゼロウェイストの考えや取り組みが必要なのかをご存じない方も多いかと思います。ここでは、ゼロウェイストが必要な理由をゴミ問題と併せて解説いたします。
 

年間21億1,000万トンのゴミが世界で廃棄されている

ゴミ問題のイメージ
世界中で毎日のように廃棄されるゴミの量は、なんと、1年間で約21億1,000万トン※1に及びます。
 
既に驚異的な数字ですが、今後も世界のゴミの量は増え続け、2050年には1年間で34億4,000万トン※1の廃棄量になると予測されています。
 
さらに、私たちが買うものの99%は6ヶ月以内にはゴミとして捨てられ※2、そのゴミは適切に処理されず、燃やされたり埋め立てられたり、最悪の場合ゴミ山となって放置されることもしばしば。
 
そして、処理しきれないほどのゴミは川や海にまで流れ込み、環境汚染に拍車をかけ、気候変動や生態系破壊の一因となっているのです。
 
何十億トンもの廃棄物が毎年増え続けていることを知ると、この問題の深刻さが実感できるのではないでしょうか。
 

生産された食品の3分の1はゴミになる

また、食べ物に目を向けると、世界では生産された食料の3分の1にあたる、年間13億トンもの食料が廃棄されています。
 
世界には、食料を得ることが難しく、飢餓で苦しんでいる人が9人に1人いると言われている中、生きる上で欠かせない食料が約3分の1も捨てられ、廃棄物問題の大きな原因の1つになっているのです。
 

リサイクルのその後をご存じですか?

プラスチックゴミの話になると、リサイクルされているから大丈夫という論調があります。
 
事実、日本のリサイクル率は80%を超えているなど、リサイクル技術が進んでいますが、リサイクルすれば全て解決という訳ではありません。
 
なぜなら、リサイクルされたプラスチックの約57%が、エネルギーを作る燃料として燃やされているだけだからです。これは、サーマルリサイクルと呼ばれるもので、プラスチック等のリサイクルゴミを燃やした時に発生する熱を発電に利用するリサイクル方法です。
 
サーマルリサイクルで燃料としてリサイクルされると、廃棄物を埋め立てる場合に発生するメタンガスが抑えられると言われていますが、燃焼する際にCO2は排出されるため、本当に環境に良いリサイクルとは言えません。
 
また、燃やしてなくなった分、新しくゴミとなるプラスチック製品は常に増え続けているのです。
 

あなたにもできる!ゼロ・ウェイスト生活

ここまで、私たちが直面している深刻なゴミ問題の実態、ゼロ・ウェイストを目指す上で大切な「5R」、世界や日本でのゼロ・ウェイストの事例についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか。
 
まとめると、ゼロウェイストを実践するためには、以下の「5R」の考え方が大切です。
 
Refuse: 不要なものは買わない、断る
Reduce:ゴミと判断する前に他の活用方法を考えてゴミを減らす
Reuse:できるだけモノを長く大切に使う
Repair:壊れたものも修理して使う
Recycle:再資源化できるものはリサイクルする
 
いきなり全ては難しくても、Refuseすることから少しずつ始めて見ることをおすすめいたします。
 
また、ゼロ・ウェイスト生活で大切なのは、楽しみながら続けることです。無理をすることなく、少しずつゴミを減らすことを楽しんで実践していただければと思います。
 
それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました!
 
※1 参考:what a waste 
※2 参考:ゼロ・ウェイストアカデミー 
※3 参考:日本のプラスチックリサイクルの現状と課題
 

               
ライター:Sohshi Yoshitaka
Ethical Choiceの事業責任者。2030年までに地球が持続可能になる土台を、ビジネスを通して作ることが現在のミッション。
クリップボードにコピーしました。