5月30日はごみゼロの日!ゴミを出さないエコな選択をご紹介します

ゼロウェイスト

 
ごみゼロの日とは、毎年5月30日から始まる『ごみ減量化推進週間』の初日を制定した環境デーです。『5(ご)3(み)0(ゼロ)』の語呂からとった記念日は、日本が発祥のもの。
 
今年も、ごみゼロの日が近づいてきました。ぜひ、もう1度ごみゼロの日について概要を確認し、今年のごみゼロの日をどのように過ごすか、一緒に考えてみましょう!
 

日本が発祥のごみゼロの日とは?

 
ごみゼロの日とは、ゴミを減らすことや資源とすることを目的として、日本を美化する活動のための記念日。
 
毎年5月30日に制定されており、『ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)』の語呂ともぴったりの環境デーです。
 
ごみゼロの日は、2017年に一般社団法人・日本記念日協会が「530(ごみゼロ)の日」として認定と登録を完了したことで、正式に決定しました。
 
また、ごみゼロの日は、5月30日~6月5日「ごみ減量化推進週間」の初日に合わせて設定されています。
 

530運動が始まり

 
ごみゼロの日は、単に語呂がぴったりだったという話だけでなく、愛知県豊橋市を発祥地とする530運動が深く関わっています。
 
1970年代、豊橋市に位置する葦毛湿原を中心とした豊橋市自然歩道が観光客から人気を集め、多くの人が訪れたのと同時に、ポイ捨てゴミが急増しました。
 
そんな状態を見かね、1975年5月、豊橋山岳会の会長である夏目久男さんは、「自分のゴミは、自分で持ち帰りましょう」の合言葉で530運動の推進を発表。
 
夏目さんの提唱を機に、豊橋自然歩道推進協議会が中心で、530運動が豊橋市に広がり、そして全国に拡大していきました。
 

国内におけるゴミの現状

 
ゴミの現状
 
現在、国内ではゴミの排出量が増加してると共に、ゴミを処理する場所が十分にないという問題があります。
 
環境省が2018年に発表した情報は以下の通り。
 

  • ゴミ総排出量は4,272万トンで東京ドーム約115杯分
  • 1人1日当たりのゴミ排出量は918グラム
  • 365日だと330キログラムで、バイク1台分の重量に相当

上記のように、私たち個人と、そして単位で日本は大量のゴミを排出しています。それに対し、ゴミ廃棄する場所が足りていません。
 
2018年に発表された環境省の調査によると、最終埋立処分場(ゴミ処理場所)の残余年数20.5年とわかっており、このままだとごみを廃棄する土地が足りなくなってしまいます。
 
さらに、人件費削減や埋立地が足りないなどの目的で、日本はプラスチックゴミの多くを海外に輸出して処理を行っているんです。しかし、中国をはじめ東南アジア各国でゴミの輸入規制が始まっており、将来的に他国に頼れないことは明らかになっています。
 
以上の理由より、日本はゴミを減らし、自国で処分できる量に抑えることが求められているのです。
 

日本にはごみゼロを達成する町がある

 
かといって、ゴミを出さない『ごみゼロ』な暮らしは可能なのでしょうか?
 
実際に日本には、ごみゼロを達成する自治体が存在すので、ご紹介します。
 
今回ご紹介するのは、ゼロウェイストタウンとも呼ばれる、徳島県上勝町。2003年のゼロウェイスト宣言から17年で、まちのリサイクル率は80%を超えているエコ先進地域です。
 
上勝町が行う主な取り組みは、以下の通り。
 

  • リサイクルしやすいよう、ゴミを13種類45項目に分別
  • 食品などの生ゴミは、農業の堆肥にする
  • まちのゴミ収集センターで中古品の再利用を促す
  • まちの工房でアップサイクルグッズをつくる

このように、自治体がゴミを削減するためにさまざまな取り組みをおこなうことは、より大きなインパクトを残せますね。
 

海洋環境を守る『海ごみゼロウィーク』とは?

 
海ごみゼロウィークの写真
 
日本財団の海と日本プロジェクトは環境省や国土交通省などと協力しながら、海洋ごみを削減し海洋環境を守る『海ごみゼロウィーク』を実施しています。
 
海ごみゼロウィークとは、5月30日(ごみゼロの日)から6月5日(環境の日)を経て6月8日(世界海洋デー)前後を『春の海ごみゼロウィーク』として、全国一斉清掃キャンペーンを開催するイベントです。
 
海洋ゴミは、陸から海に流れ着くものが8割と言われています。そのため、陸のゴミだけでなく、海のゴミも責任をもって削減していくことが重要なのではないでしょうか。
 
#umigomi のハッシュタグでTwitterを検索していただくと、さまざまな団体や個人の活動が確認できるので、ぜひ検索してみてください。
 

ごみゼロの日にできる5つのアクション

 
現状、すべての自治体が上勝町のように豊富なゼロウェイストな取り組みを行ってはいません。では、私たちひとりひとりには、何ができるのでしょうか?
 
記事の締めくくりとして、ごみゼロの日だからこそ、取り組みたいアクションを5つほどご紹介いたします。
 
ぜひ、下記の画像をダウンロードして、チェックリストとして使ってみてくださいね。
 
ゴミゼロの日にできる5つのアクションを紹介した画像
 

①ゴミ拾いに参加する

 
ごみゼロの日に合わせ、いくつかの団体がゴミ拾いを企画中。都内でしたら、Greenbirdさんという渋谷を中心に活動する団体から、ゴミ拾いに気軽に参加いただけます。
 
また、コロナ禍ということもあり、団体でゴミ拾いに参加することは避けたい方は、自宅の周りやよく通る道をきれいにしてあげることもおすすめです。
 

②マイカップマイストローを持ってカフェに行く

 
ゴミを拾うこと以外にも、これ以上ゴミを出さない取り組みもあります。もし、ごみゼロの日にカフェを訪れる方は、マイカップやマイストローを持参してみてください。
 
店舗によっては、マイカップをお持ちの方には割引の制度があるので、ぜひチェックして活用してみてはいかがでしょうか?
 

③不要なものをフリマアプリに出品する

 
ごみゼロの日を自宅で過ごしたい方は、家の中を整理し、不要なものをフリマアプリで出品することがおすすめです。
 
あなたにとっては不要なものでも、誰かにとっては宝物になるかもしれません。捨てる前に、一度フリマアプリや中古ショップへ持ち寄ることを検討してみてください。
 

④プラフリーにチャレンジしてみる

 
もし、お買い物に行く機会があればプラスチックフリーなショッピングを試してみてはいかがでしょうか?
 
例えば、いつものスーパーではなく八百屋さんなどを訪れて、新聞紙にまいて野菜や果物を購入することもごみゼロの日にできるアクションの1つですね。
 

⑤SNSで発信する

 
ごみゼロの日があるということ、そして皆さんが試してみたアクションをSNSで発信してみましょう。思いに賛同する仲間が増えるきっかけとなるかもしれません。
 
ぜひ、無理なくご自身に合うアクションから始めてみてくださいね。
 
他にも、ゼロウェイストな生活を可能にする方法がいくつかあるので、下記の記事からチェックしていただけると嬉しいです。
 
ゼロウェイストと取り組みをご紹介した記事
 

さいごに。

 
今回は、5月30日の『ごみゼロの日』についてご紹介いたしました。
 
ごみゼロの日は、1日だけですが、ゴミを減らすことを目的とする週間は1週間ほど続くので、できる範囲でゴミの排出を減らす工夫を続けてみてください。
 
皆さんにとって、ごみゼロの日との出会いが、少しずつ毎日のゴミを見直すきっかけになれば幸いです。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

               
ライター:Ayaka Sato
自分のアクションで、地球のどこかの誰かが幸せになってくれる、そんな未来を描いて日々奮闘中。
クリップボードにコピーしました。